知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳酸菌の働きと問題点

前回は、プロバイオティクスの話をしました。

今日は、プロバイオティクスの代表格「乳酸菌」について、少し補足です。

乳酸菌やビフィズス菌は、腸内で乳酸、酪酸を生成します。

その「乳酸」や「酪酸」は、腸管を刺激するため、腸管の蠕動運動が活発になり、便通が促進されます。

乳酸菌のコレステロール低下作用は、乳酸菌が腸管内の胆汁酸やコレステロールを吸着することや、糞便中へのコレステロール排泄量を増加させる働きが関与していると考えられています。


現在、乳酸菌は、医薬品や医薬部外品としても、整腸、軟便、便秘、腹部膨満感の改善目的で使用されています。 
ただ、残念なことに、乳酸菌は、熱や酸に弱いことが多く、生きたまま腸まで届きにくいことや、製造や保管の過程で生菌数が減少していくなどの問題があり、性能の維持が難しい ものでもあります。

また、私たちの腸内環境は、一人一人異なっているため、自分の腸と相性のよい菌を探すのは、簡単ではありません。

そのため、乳酸菌やビフィズス菌は、複数の種類を摂った方がより効果的と言われています。

自分にあった乳酸菌を探すために、ヨーグルトやキムチなどの銘柄を変えて、いろいろ試しているものよいかもしれませんね!

(井)
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

プロバイオティクス

近年、腸内環境が注目され、便秘・下痢対策やアレルギー、アトピー改善にも役立つと注目されています。
腸内環境の改善のためには、「プロバイオティクス」が重要な働きをしています。

そもそも、プロバイオティクス(Probiotics)とは、人体に良い影響を与える微生物、または、それらを含む製品、食品のことをいい、「宿主の腸内細菌のフローラ(叢)のバランスを改善することによって、宿主によい効果をもたらす生きた微生物を含んでいる食品添加物。粘膜表面の 微生物や酵素のバランスを改善したり、免疫機能を刺激することを目的としているもの」と定義されています。

身近なものでは、乳酸菌、 ビフィズス菌などが、ヨーグルトや乳酸菌飲料、整腸薬、サプリメントなどで利用されています。

私たちの腸内には約500~1000種類以上、100兆個もの細菌が棲みついており、この数は、人体を構成する総細胞数(約60兆個)を上回っていると言われています。

※この数字を聞くと、私たちの体は、腸内細菌の「乗り物」ではないか?という考え方も頷ける気がします。

さて、腸内細菌ですが、種類によって
○人体に良い作用をもたらすもの(善玉菌)
○悪い作用をもたらすもの(悪玉菌)
○どちらにもなるもの(日和見菌)
があります。

これらのバランスは、一人一人で異なり、同じ方でも、食生活やストレス、医薬品、生活スタイル、年齢などによっても変化します。

一般的に、私たちが健康な時は、善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌等)が優勢な状態でバランスが保たれています。
善玉菌は、乳酸や酪酸などの短鎖脂肪酸を生成し、腸内のphを酸性にすることで悪玉菌の増殖を抑えていますが、体の不調、食事や環境の変化、ストレス、加齢などの影響で、悪玉菌(ウェルシュ菌、ブドウ球菌、連鎖球菌等)が増えてくると、このバランスは乱れてきます。
 
ちなみに、善玉菌の代表と言えば、「乳酸菌」です。
乳酸菌とは、糖を分解して「乳酸」を生産することによってエネルギーをつくる細菌の総称で、多くの種類があり、ビフィズス菌も乳酸菌の一つです。


乳酸菌は、ヘルシーパスでも注目している素材で、最近では、いくつかの商品設計に顔を出しています!

(井)

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

アスタキサンチンと鮭

今日から12月です。
いよいよ、今年も押し迫ってまいりました。

この季節になると、私(井)は、岩手県に住んでいる友人からイクラを送ってもらっています。
今年も、そろそろです(笑)

さて、イクラや鮭と言えば、あの鮮やかなオレンジ色が特徴ですが、
あの色は、抗酸化物質として有名な「アスタキサンチン」です。

■アスタキサンチン(国立健康・栄養研究所より)
アスタキサンチンはカロテノイドの一種で、主にエビ・カニなど甲殻類、サケ・マスの身、タイ・コイの表皮などに含まれる天然色素の一種である。
俗に「悪玉コレステロール(LDL)の酸化を抑制する」、「動脈硬化を改善する」、「糖尿病を予防する」などといわれている。


さて、鮭の赤い身ですが、川を遡上するにつれて、色が変わっていくことをご存知ですか??

元々、川にいるときは白身だった鮭も、海でアスタキサンチンが豊富な餌を食べ、その身にアスタキサンチンを蓄え、身の色もオレンジ色になっていきます。

故郷の川にたどり着き、川に上り始めると、鮭は一切、餌を取らないといいます。
それでも、上流まで泳ぎ着くには、身に蓄えたアスタキサンチンが大きな枠割を果たしているともいわれています。

そのアスタキサンチンですが、メスであれば、イクラのオレンジ色に。
そして、オスの場合には、婚姻色(ブナ)になるといわれています。


産卵の終わった鮭や、川に上っている最中の鮭は、身の色から鮮やかなオレンジ色は消え、薄いピンクや白っぽくなり、鮭には悪いですが、あまりおいしい魚ではなくなってしまいます。

漁師さんは、それでももったいないので、味噌などで濃いめの味を付け、いろいろな野菜を混ぜ、食べています。(チャンチャン焼き)


本当においしい鮭を選ぶ際には、川にのぼってしまう前、沖合で採ったものを選んでください。見た目では、婚姻色の出たものよりも、きれいな銀色の方が、身にアスタキサンチンが残っているため、栄養価も高いし、おいしいです。

※(井)は、学生時代、岩手県に住んでおり、サケの研究が盛んな研究室に在籍していました。


(井)

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

レスベラトロールのサプリメント

先日もご紹介しましたが、ブドウに多く含まれる「レスベラトロール」は、長寿遺伝子(サーチュイン)を活性化させ、寿命を延長させる可能性があるとして注目されています。

これらの研究が進むにつれ、レスベラトロールは「夢の物質」「長寿の薬」とまで呼ばれています。

でも、マウスの実験で使用されたレスベラトロールの量を赤ワインに換算すると1日当たり赤ワイン約100本分となることから、私たちが通常の食生活で摂取するのは現実的ではありません。

そうなると、サプリメントでうまく補給できないかと考えるものです。

実際に、レスベラトロールのサプリメントが発売されています。

レスベラトロールは、ブドウの果皮部や新芽、赤ワインに多く含まれるため、サプリメント原料もブドウ由来が中心です。
主流はフランス産ですが、最近では中国産も出回っています。

抽出原料や抽出法によって含有率には幅がありますが一般に5%程度とごく僅かです。
また、価格も原産国や含有率によって様々ですが、サプリメント原料としては非常に高価です。

レスベラトロールのサプリメントは、原料として日本ではブドウ由来が使用されます。
でも、レスベラトロールはタデ科の多年草である「イタドリ」にも含まれています。

イタドリ由来のレスベラトロールは、ブドウ由来よりも安価であり、海外のサプリメントには使用されていますが、日本国内では食品への使用が認められない医薬品成分(漢方薬:虎杖根(コジョウコン))となるため、サプリメントに使用すると薬事法違反となります。

最近では、ブドウ由来とイタドリ由来とを混合した原料も 登場してきているようですので、原材料が特定できないサプリメントには注意が必要です。

個人輸入で自分でお飲みになる場合には問題ありませんが、販売等でお取り扱いになる際には特にチェックが必要です。

(井)

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

レスベラトロール

レスベラトロールは、ブドウの皮や赤ワイン、ピーナッツの薄皮に含まれるポリフェノールで、天然の抗酸化物質です。

1992年に赤ワインに含まれることが発見され、その後、がん予防効果が報告されたり、フレンチパラドックスの正体ではないかと注目が集まり、2006年、寿命延長効果が英国科学誌「Nature」で発表されるやいなや、爆発的な注目を浴びている素材です。

その寿命延長効果のメカニズムは、下記のとおりと言われています。

1.レスベラトロールを摂取することで、カロリー制限をした時と同じように長寿遺伝子(サーチュイン)を活性化させる。

2.体の個々の細胞のインスリン感受性をあげ、インスリンシグナルを少なくすませることで、老化を制御している。
※長寿遺伝子(サーチュイン)…活性化されることで、体脂肪、血圧、血糖値、中性脂肪値などが改善され、寿命が延びると考えられている遺伝子。


これらの研究が進むにつれ、レスベラトロールはカロリー制限をしなくても長寿遺伝子をONにできる「夢の物質」「長寿の薬」とまで、一部では呼ばれています。


レスベラトロールの機能には、これらの他にも、テロメアの保護、体重増加抑制、脂質代謝促進効果、美容効果があり、アンチエイジング、メタボリックシンドロームに対して有効性が期待されています。


現在は、抗加齢医学会を中心に、ドクターやアンチエイジングの専門家の間で注目されていますが、この勢いだと、一般のメディアでも大きく取り上げられ、以前のCoQ10ブームのようになるかもしれません。

(井)

テーマ:アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肌の弾力アップに役立つ栄養素

ここ数日、肌の弾力アップに役立つ栄養素を調査しています。

肌の弾力アップ、つまり、コラーゲンやエラスチンの生成が主な目的です。

もっとも有名なのは、ビタミンCですが、調べていくと、コエンザイムQ10(CoQ10)やグルコサミンも大変な活躍をしています。

ご存じのとおり、コラーゲンの体内での生成量が減るのは、コラーゲンを生成する皮膚の線維芽細胞の働きが衰えてしまうからですが、
CoQ10は、繊維芽細胞の働きを活性化させることでコラーゲンの生成を促進します。

また、CoQ10は、表皮のターンオーバーの正常化にも役に立つと同時に、
シワ、タルミなどの原因になる活性酸素を消去する、強力な抗酸化の働きもあります。


一方、グルコサミン(N-アセチルグルコサミン)は、体内でヒアルロン酸の原料になることで、肌の潤いを保ったり、肌荒れを改善させたとの臨床データがありました。

実際に試した先生からも、N-アセチルグルコサミンへの評価も高く、こちらもなかなか期待が持てそうです。


また、サケの赤い色素で有名な「アスタキサンチン」にも美肌効果があり、原料メーカーでは、なかなかしっかりとしたデータも取っていました。



このような感じで、原料調査をすればするほど、いろいろな素材を試してみたくなってしまい、私の机の上は試飲用のサプリメントが山積みです…

(井)

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「カルシウム&マグネシウム」

夏ですね!
蝉の鳴き声が大音響で聞こえます。

とはいっても、ここ静岡ではなかなか梅雨が明けません・・・

さて、以前から「PMS(プレ・メンス・シンドローム)月経前症候群」に
悩む私は「ヘム鉄」を皆さんにおススメしてきました。
それ以外にも、おススメしたいものがあります。
「カルシウム&マグネシウム」です!

「カルシウム」

神経の苛立ちや気分の落ち込み気分を軽減してくれる作用があります。
☆カルシウムの吸収を助けるビタミンDを一緒に摂ると効果はさらに高まります。

「マグネシウム」
むくみが気になるようなら効果的です。
余分な水分がたまるのを抑制するほか、神経や筋肉の興奮を調整する働きがあります。

※カルシウムとマグネシウムは「どちらかの不足時にはもう一方が補完する」といった
 二重構造になっているのでバランスよく補給するといいと思います。

私と一緒の悩みを抱えている方、
「マルチビタミンビタミン&ミネラル」+「ヘム鉄」の組み合わせおススメです!

☆「ヘム鉄」ですが、現在、在庫が少ない状態です。
  ご注文時にお待たせするようなことが、あったら大変申し訳ありません。

皆様、弊社商品をご愛顧いただきまして、本当にありがとうございます!

(ナ☆)

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

効率のよい「鉄」の摂取方法

何回かにわたって、鉄の重要性をご紹介してきました。

今日は、
「では、鉄の補給はどうすればいいのでしょうか?」というお話です。


私たちが食べ物から摂取する鉄には、おもに穀物や野菜に含まれる「非ヘム鉄」と、肉やレバーなどの動物性食品に含まれる「ヘム鉄」があります。


「非ヘム鉄」は、食物繊維やフィチン酸、タンニンなどにより吸収阻害を受けやすいことに加え、細胞内に取り込む際に、3価の鉄イオンから、2価の鉄イオンに変化させなければなりませんので、吸収が良くありません。

ちなみに、病院で出されるお薬の鉄剤も、非ヘム鉄です。
※硫酸第一鉄、フマル酸第一鉄、クエン酸第一鉄、ピロリン酸第二鉄など。


一方、「ヘム鉄」は、吸収阻害を受けにくく、また、そのままの状態で細胞内に取り込まれるため、「非ヘム鉄」に比べると3倍~5倍も優れた吸収性を示します。

さらに、非ヘム鉄では、大量に摂取すると、胃がムカムカしたり、吐き気がすることが多く、さらに便秘や下痢といった腸の症状も、10%くらいの方で見られますが、
「ヘム鉄」はその心配もありません。


また、「ヘム鉄」は安全で効果も高いことから、
「ヘム鉄」を関与成分とした特定保健用食品が許可されています。



結論として、食べ物から鉄を補給しようと思った場合には、
植物由来よりも、動物性の方が効率が良いといえます。

特に、豚レバー、鶏レバー、卵などは、ヘム鉄を多く含んでいるのでお勧めです。


参考までに、
女性が毎日摂取したい鉄は、10.5㎎です。
もし、レバーだけでこの量を確保するためには、毎日、豚レバーを100g食べなければいけません(笑)


(井)

テーマ:女性の悩み解消しましょう! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

鉄不足によって起こるトラブル

先日は、鉄が体にとって、重要な働きをしているという話を紹介しました。

本日は、鉄がどんなトラブルを引き起こす可能性があるのか?
について、紹介します。

鉄不足による主なトラブルは、次の通りです。

・目の下のクマが取れない
・顔色が悪い
・慢性的な冷え性
・肩こり
・クーラーが苦手
・だるい
・疲れやすい
・階段を上るだけで動悸や息切れがする
・イライラ
・神経過敏
・注意力散漫
・めまい
・微熱
・頭が痛い
・物忘れ、脳の働き低下
・うつ
・朝の目覚めが悪い
・爪が反る、爪がもろくなる
・唇の端が切れる
・ダイエットしていてもなかなか効果がでない
・シャンプー時に毛が抜けやすい
 
これらは、鉄が欠乏することで
血流の悪化
各細胞の酸欠
エネルギー不足
コラーゲンの生成不良
酸素不足―代謝の低下して太りやすいこと
などによって、引き起こされている可能性があります。


これらのお悩みの中には、女性に多いお悩みもあります。

女性では、正常の月経による鉄の喪失が25~30mgといわれており、ただでさえ鉄が欠乏しやすいのに、レバーなど、鉄を多く含んだ食べ物をあまり食べないことも、鉄不足の原因となっています。

また、妊娠中の女性は子供の発育のために鉄が不足しやすい状況になっています。


(井)

テーマ:女性特有の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

知れば知るほど「食物繊維」

食物繊維のサプリメントの紹介パンフレットやHPを作る上で、食物繊維について調べる機会が増えています。
ブログでも、自然と食物繊維ネタが増えてしまっています(笑)


食物繊維は知れば知るほど、現代の女性には不可欠なものだと思えるようになってきました。

ここで、食物繊維の働きについて、まとめてみましたので、改めてご紹介します。


■満腹感と虫歯予防
・口腔内では食品を噛む回数が多くなり、食事の時間を長引かせ唾液の分泌を良くすることで虫歯を軽減する。
・胃では、胃の中で水を吸って膨らむので満腹感が得られやすくなる。

これらは、食事に食物繊維の多い食材を取り入れるときのメリットです。


体の中に入ったあとの働きは次の通り。

■生活習慣病対策、便秘対策、デトックス、腸内細菌叢の改善
・小腸では、ゲル状となって、余分なもの(コレステロール、中性脂肪、糖分、ナトリウム)の吸収を抑制したり、吸着して排泄を促進する。
・血液中のコレステロール値、中性脂肪濃度、血糖値、血圧などの上昇を抑制する。
・大腸では便を柔らかくして量を増やすことにより、スムーズな排便を促す。
・腸内に残った有害物質を吸着して速やかに排泄。
・体に良い働きをする有用菌に腸内で利用させるために有用菌を増やし、有害菌を減らす。


日本人女性の食物繊維摂取量は、食生活の洋食化や、食生活の乱れによって減り続け、1日当たり5~10gは目標値よりも少なくなっており、若い世代で特に顕著です。

女性は、特に意識して食物繊維をとるべきです!!

(井)


テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

食物繊維が環境汚染物質の排出を促進?

デトックス対策で食物繊維の効果が期待されている!」

という話は以前にも紹介したことがあると思いますが、ダイオキシンなどの環境汚染物質の排泄にも効果が期待できるとの報告を見つけましたのでご紹介します。


1992年の食品衛生学雑誌で紹介された論文で、「ラットにおけるペンタクロロベンゼンの体内蓄積に対する難消化性多糖類の影響」という論文です。

それによると、環境汚染物質の一種であるペンタクロロベンゼンをラットに投与し、その後5日間、糞中に排泄された量を測定したそうです。

その結果、食物繊維摂取群の方が、食物繊維添加しなかった場合に比べて、糞中の排泄量が多くなる傾向が見られたとのこと。

しかも、食物繊維の中でも、グアガムとリンゴペクチンが、セルロース、アルギン酸に比べ、有意に多かったようです。
グアガムは、食物繊維なしの場合に比べ、3倍も排泄された!

また、他にも、ダイオキシンとラットを使って、糞便中にどのくらいダイオキシンが排泄されるかという研究があり、やはり、食物繊維を一緒に食べさせた方がたくさんダイオキシンを排泄したようです。

いずれも、食物繊維の摂取によって、便量が増え、結果として、有害物質の排泄が増えたのだと思います。


女性は、便秘対策で食物繊維に注目することが多いですが、将来の、妊娠、出産、授乳などを考えると、早いうちからデトックスをして、体内の有害物質や重金属を排泄しておいた方がよいと思います。
食物繊維は、一石二鳥を言うわけです。


食物繊維は、女性の強い味方。
というより、現代女性においては、必須栄養素とも言えるのではないでしょうか?

参考:食品衛生学雑誌33巻3号 p. 241−246 (1992−6)
   機能性食品ガイド 講談社

(井)

テーマ:女性の悩み解消しましょう! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

食物繊維には2種類ある!

便秘には、「食物繊維」がいい!

ということは、多くの方が知っていることだと思います。

でも、食物繊維には、2種類あることをご存じですか?

食物繊維は、水に溶けない「不溶性食物繊維」と水に溶ける「水溶性食物繊維」に分けられます。


不溶性食物繊維は、保水性に優れて便をやわらかく、また量を増やす働きがあります。

不溶性食物繊維は、ごぼう、にんじん、セロリなどの野菜、麦、玄米などの穀類、さつまいもなどの芋類、大豆、小豆などの豆類に多く含まれ、割と摂取しやすい食物繊維です。

一方、水溶性食物繊維は、大腸の腸内細菌の働きによって分解され、「短鎖脂肪酸」を産生する原料になることが分かっています。
水溶性食物繊維は、海藻類、こんにゃく、りんご(ペクチン)などの果物に含まれていますが、意識しないとなかなか摂取しにくい食物繊維です。

水溶性食物繊維が大腸で分解されることによってできた「酢酸」「プロピオン酸」「酪酸」などの短鎖脂肪酸は、大腸の細胞の重要な栄養源となり、大腸粘膜を増殖修復し、大腸の働きを助ける働きを持っています。

さらに、短鎖脂肪酸には、大腸内のphをコントロールし、悪玉菌の増殖を抑え、腸内細菌叢を改善する働きも持っています。

大腸の働きが活発になり、腸内細菌叢が良好になれば、当然、便秘に対しても、また、下痢、過敏性大腸炎などに効果が期待できます。


簡単にいえば、

便の量を増やす働きをする食物繊維=「不溶性食物繊維」
大腸の働きを正常して、腸内環境を整える食物繊維=「水溶性食物繊維」

ということができます。

便秘解消には、これら働きの異なる2種類の食物繊維(不溶性、水溶性)をバランスよく摂取することが大切なのです。

ちなみに、「グアガム」は、水溶性食物繊維です。

普段、意識してもなかなか摂取しにくい水溶性食物繊維を、簡単に摂取できる優れものです!!

(井)





テーマ:便秘解消・快腸計画! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

アクティブな思考に役立つ栄養素

スムーズで、アクティブな思考を助ける栄養素があります。


いくつか、ご紹介します。


■脳の働きに必要ま栄養

脳細胞への栄養成分の取り込みをサポートするレシチンや、脳の神経細胞にあるリン脂質の一種であるホスファチジルセリンは、脳の栄養素とも呼ばれ、脳が機能するために欠かせません。
また、ホスファチジルセリンは、脳の細胞膜を柔軟性を高め、血流を良くする働きもあります。


■血流改善

イチョウ葉エキスには、血管を拡張して、血流を改善し、酸素や栄養素を脳にスムーズに供給する働きがあります。ヨーロッパでは、痴呆症の改善薬としても、利用されています。
ビンカマイナー(ヒメツルニチニチソウエキス)には、赤血球を柔らかくする効果が知られており、赤血球が脳内の細い血管も通過できるようになり、酸素のスムーズな供給の役に立ちます。


■抗酸化

アスタキサンチンは、天然色素の一種で、強力な抗酸化物質です。
また、アスタキサンチンは、血液脳関門を通過することができる数少ない抗酸化物質であり、脳神経系内で活性酸素除去に役立ちます。脳内で活性酸素を抑えることで、脳細胞へのダメージを防ぐことができます。


■神経伝達物質

神経伝達物質「ドーパミン」の前駆体となるチロシンや、同じく神経伝達物質である「GABA」などは、脳内に神経伝達物質を増やす手助けになります。


これらの栄養素は、ブレインフードとも言われていますね。

(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

グアガム(グアーガム酵素酵素分解物)について

先日、グアガムの試作品が手元に届きました。

便秘や、その他の大腸のお悩みの解決にとても期待が持てる素材ということ商品化を進めている
弊社の新しいサプリメントです。


驚いたのは、グアガムの試作品を見たときの女性スタッフの反応の良さ!!


少し前に、ごく少数のサンプルで試したときの結果が、非常によかったようで、
今回のサンプルも奪い取るように持ち帰って行きました。

(私も、ある方に頼まれて持ち帰りましたが・・・(笑))


そんな光景をみていて、
「お悩みを解決してあげるというのは、ものすごいパワーを生み出すモノだなあ」と思いました。

「コラーゲンサポート」の商品化のときも思いましたが、

女性の「美」と「悩み解決」に対する情熱ってすごいものですね・・・

(井)

テーマ:女性の悩み解消しましょう! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。