知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の果実ジュース以上の健康効果はない??

ノニジュースって、効果があるのでしょうか?
という質問を受けることがあります。

【 ノニ とは 】
ノニ(Noni)はアカネ科(Rubiaceae)の植物で、学名はモリンダ・シトリフォリア〔Morinda citrifolia〕です。 ノニはポリネシアから東南アジア、沖縄など、熱帯から亜熱帯の広い地域に自生し、5-8m程になる常緑の灌木で、表面がゴツゴツした果実を付けます。、健康食品として販売されているノニジュースは、ノニの果実から調製した果汁に、少量のグレープジュースやブルーベリージュースまたは香料を添加して飲みやすくしたものです。  
国立健康・栄養研究所  より


この「ノニジュース」の有効性や安全性については、国立健康・栄養研究所の「健康食品」の安全性・有効性情報のサイトで、先日、最新の情報が更新されていました。


それによると、

・俗に糖尿病、高血圧、免疫力の強化、心臓病、ガンの予防、美容や健康に効果があるといわれていますが、ヒトにおけるそのような効果に対する科学的根拠は現時点では見当たりません。

・動物や細胞の実験において抗ガン作用を示した報告はありますが、その作用についてはさらなる検討が必要とされています

・亜急性および亜慢性毒性、遺伝毒性、アレルギー誘発性の試験において有害作用は検出できない

・有効性においても他の果実ジュース以上の健康効果はないと記載されています。

・オーストリアなどでノニジュース摂取との関連が疑われる肝障害の症例が報告されています。

詳細は → 「健康食品」の安全性・有効性情報:ノニ


と書いてあり、あまり良い評価ではないようです。

すべての、ノニジュースを否定するわけではないとのことですが、過剰な期待をすることは控えたほうがよさそうです。

それにしても、「他の果実ジュース以上の健康効果はない」とは、
NR(栄養情報担当者)の認定機関が運営しているこのサイトは、いつも評価が辛口ですね・・・。
さすが、国の機関といったところでしょうか…。

独立行政法人 国立健康・栄養研究所 「健康食品」の安全性・有効性



(井)
スポンサーサイト

テーマ:エビデンスサプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

何を飲もう??

ずいぶんと寒くなりましたね。
風邪には気をつけてほしいと思います。

私はサプリメントを飲んでいるので
絶対に風邪にはならない自信があり、
「インフルエンザの予防接種」に行って
おりませんが弊社のスタッフは皆!
射ちにいっております。

☆私の場合、本当のところ、恥ずかしながら
注射が怖くて怖くて・・・・・
というのもあります。

さて、弊社をたくさんの方に知って頂くようになって、
様々なご要望やお声をお聞きするようになりました。

そして、ご要望をうけて作った商品がたくさん出ています。
とても喜ばれ、お役にたてているようで本当に嬉しいです。

ただ、これだけ商品が出てくるとお悩みもあるようで、
こんなお声を聞きました。

「色々あって何を飲んでいいのか分からないですけど、
私は何を飲めばいいんでしょうか?」


そうですよね、色々あると迷いますよね。
基本は、総合的に栄養素が入っている「マルチビタミン&ミネラル」
を飲んでいただき、健康であればそれだけで十分です!
プラスして飲まれる場合は、その時の体調やお悩みにあったサプリメントを
補給して頂くのがいいと思います。


「あくまでも、弊社スタッフの例ですが・・・」

(ナ☆)私の場合
貧血と肩こりと頭痛に悩んでいます。
「マルチビタミン&ミネラル」を基本に飲んでいて
プラスして「ヘム鉄」を飲んでいます。

(マ)さんの場合
疲れやすいのと頭痛と肌荒れが悩みです。
「プレミアムビタミン&ミネラル」を基本に飲んでいて
プラスして「アセロラチェリーVC」と「アンチオキシダント」
「コーラゲン・サポート」を飲んでいます。


☆お悩みの方はぜひ、お気軽に弊社へご相談ください。
 
株式会社ヘルシーパス
無料通話 0120-797-464

(ナ☆)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ビオチンって???

最近、子供を産んだ健康に関心のある妹より
こんな、ご質問がありました!
もちろん!弊社のサプリメントを妊婦の時から飲んでいます。
※妊婦さんにはお勧めです!と妹よりコメントもらいました!

さて、質問ですが
弊社の商品マルチビタミン&ミネラルにはいっている
「ビオチン」ってなに?とのこと。

ビオチン

別名、ビタミンHとも呼ばれるビオチンは、肌や髪、粘膜、免疫バランスを調節する
ビタミンB群のひとつです。
欠乏すると筋肉が落ちたり、シミしわの、脱毛や白髪などの症状があらわれるといいます。

多く含む食品は レバー・大豆などです。

ビオチンは私たちの体内でも、腸内細菌によってつくられていますが、現代の食生活が
原因で不足してしまっているようです。
例えば、偏食、古い油を使った料理、アルコールやコーヒーをよく飲むなど。
また、抗生剤などの摂取によっても吸収されづらいようです。
意識して「ビオチン」をとるように心がけてほしいと思います。
(ナ☆)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

グアガム摂取のタイミング

グアガムの飲み方や飲むタイミングなど注意点やおすすめはありますか?
という質問がありました。

グアガムは、食物繊維なので、普通に食事からゴボウや海藻などを食べるのと同じように考えていただければ結構です。

お薬と違い、タイミングは、あまり気にしなくてもよいと思います。

ただ、グアガムの原料である「グアーガム酵素分解物」には、食後の血糖値上昇を穏やかにしてくれる働きがありますので、血糖コントロールを気にする方は、食事のタイミングに合わせたほうがよいかと思います。

また、本来、食物繊維は食事で摂取するべきで、また、1日に食事で摂取したい5gの食物繊維を補うことを目的にしていることを考えると、やっぱり、食事と一緒のタイミングがいいと思います。

私は、味噌汁に入れて家族全員で飲むことにしています。

それだと、味噌汁を作る人以外は、グアガムが入っていることなど気がつかずに飲んでいます。
※グアガムは、味も匂いもほとんどありません。

また、食物繊維が、ミネラルの吸収を阻害するという話もありますが、根拠ははっきりしておらず、逆に、難消化性デキストリンや、グアガムが体内で産生する「短鎖脂肪酸」には、大腸でのミネラル(Ca、Mg)の吸収を促進する働きもあります。
食物繊維によるミネラルの吸収阻害というのは、あまり気にしなくてもよいのではないかと思います。

(井)

ちなみに、グアガムってなに?
 → こたえはこちら

テーマ:女性の悩み解消しましょう! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ヘルシーパスのマルチビタミンに良く頂く質問 トップ3

ヘルシーパスの「マルチビタミン&ミネラル」によく頂く質問 トップ3は、次のとおりです。

回答と一緒に、ご紹介します。


①価格が他よりも高くないですか?

天然原料で作られたサプリメントは、合成品の栄養素をちょっぴり入れたサプリメントと比べると高く感じられるかもしれません。
でも冷静に栄養素の顔ぶれと配合量を比べてみれば、実はとても割安であることが分かります。たとえば、ビタミンB1では、ヘルシーパスのマルチビタミン1日分で50mgですが、一般的な設計のマルチビタミンでは1~2mg程度です。高価な天然原料で30倍程度の栄養素を配合しながら、価格は数倍程度でしかないのです。



②摂取粒数が多いのはなぜですか?

マルチビタミンは、1日13粒(タブレット12粒、ソフトカプセル1粒)が目安です。
それは栄養素の配合量が多いことと、天然原料を使用していることが理由です。
どうしても飲めないという場合には、1度に飲む量を半分にしても、一般的な設計のマルチビタミンに比べれば十分な性能が期待できます。



③特有の香りがありますよね。

香りのもとは、ビタミンB群の原料に使っている酵母です。
ヘルシーパスでは不要な添加物の使用を極力避けているので、香りをごまかすようなコーティングや合成香料は使用していません。
どうしても酵母の香りが気になる方は、カプセルに封入してある「プレミアムビタミンミネラル」をお勧めします。


私自身も、過去、何人の方にもこのような御説明をさせていただきました。
一見、ヘルシーパスのサプリメントのウイークポイントのように思われますが、多くの方は、正確にお答えすることで、納得していただけるようです。

また、「このこだわりがいいんです!逆に強みとしてアピールすべきですよ!!」
と、お褒めの言葉をいただいたこともありました!!

(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

値段が高いんじゃない??

サプリメントというと、多くの方が、コンビニやドラックストアで購入しているようです。

コンビニ等で売っているマルチビタミンというと、数百円程度、中には、千円位のものもあります。

弊社のマルチビタミンは、1か月分で6,825円です。

どうして、こんなに違うの??

と質問される方も、お客様の中にはおられます。


マルチビタミン」というサプリメントは、「いくつかの栄養素を一度に摂る事の出来るサプリメント」という意味で使われることが多いですが、栄養素の顔ぶれや、栄養素の配合量は、規格化されていません。

そのため、全く同じ「マルチビタミン」という名前でも、栄養素の顔ぶれや配合量は、まったく別物?というくらいの違いがあります。

特に、アメリカのマルチビタミンと日本で一般的なマルチビタミンとでは、ビタミンB1などでは、50倍くらいの配合量の違いがあります。



弊社のマルチビタミンに話をもどすと、
栄養素の配合量が、アメリカ並みに入っていることに加え、原料が天然由来であることが、価格に反映されています。


価格が高く、しかも、含有率の低い天然原料を使用することは、非常にコストのかかることです。

しかも、栄養素の配合量も多いので、化学合成原料で、しかも配合量の少ない一般的なマルチビタミンと比較すると、価格は、5倍から10倍位になってしまうのです。


でも、栄養素と顔ぶれと、配合量で、栄養素1mg当たりの価格をはじいてみれば、実は、とても割安であることが分かります。

たとえば、ビタミンB1などでは、弊社の1日分が、50mgであるのに対し、一般的な設計のマルチビタミンであれば、1日分で、1mgです。
※ビタミンB1…1mgというのは、欠乏症にならないために定められた日本の基準です。

配合量で50倍の開きがあるのに、価格は50倍も開いていないですよね??

弊社の1日分と同じビタミンB1を摂取するためには、一般的な設計のマルチビタミンなら、50日分が必要??ということにもなります。


一見、安価で割安に見えるサプリメントも、配合量と価格で計算してみると、意外なことが分かると思います。



ぜひ、時間のあるときに、計算してみれはいかがでしょうか?

(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ビタミンC☆

お客様の質問で、

「マルチビタミン&ミネラルを飲んでいるんですが、他で、ビタミンCを補給しなくていいの?」
というのがありました。

「回答」

基本的には、体をつくる基本となる「ビタミン・ミネラル」を摂っていれば、
いいと思いますが目的別にプラスして摂るのはいいと思います。

※ビタミンやミネラルはお互いに補い合い、助け合い働いていてどれか一つが欠けても
充分な働きが出ないのでまんべんなく摂る事が大切なのです。

プラスして摂る場合、

「風邪」・・・ビタミンCは風邪を予防するのにも、ひいてからも治りをよくするのに役にたちます。
「美肌」・・・コラーゲンの生成に役立ちます。

また、ビタミンCは水溶性の栄養素なので、たくさん摂ったとしても
必要ない時は尿として排泄されます。ですから、こまめに補給するといいと思います。

私の場合、プラスして飲んでいたら、免疫力がUPしているのか
まわりの風邪はうつらない、ひかないで、ビックリするくらいの効果が出ました。

(ナ☆)

テーマ:キレイになれるお得情報 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

植物性カプセルについて

HPMC(植物性被包材)ってなんですか??
HPMCの主原料は何ですか?

との質問を受けました。

弊社の使用しているHPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)の主原料は、米国産のウッドパルプ(針葉樹や広葉樹の繊維)やリンターパルプ(綿の実に付着する短毛(綿くず)を使用したパルプ)です。
HPMCカプセル自体の製造は、日本国内の工場です。

※パルプ・・・木材を細かくほぐして、繊維の集まりにしたもの。



もともと、HPMCは、医薬品で使用されている非常に安全性が高く、品質の良いものでした。

それが、2007年2月に食品でも使っても良いことになり、サプリメントでも使用されるようになりました。

弊社では、プレミアムビタミン&ミネラル以外にも、コラーゲンサポート、アセロラチェリー等に使用しています。


今まで使用していた、ゼラチンカプセルや、プルラン(トウモロコシ澱粉)のカプセルよりも、酸素透過性が低く、割れにくく、ツルっとしていて飲みやすいところが、私は気に行っています!

(井)

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

茶色のカプセルを飲むタイミング

ご存知のお客様もおられると思いますが、今日お客様からこのようなご質問がありましたのでご紹介します。

マルチビタミン&ミネラルの小さいボトルに入っている茶色のカプセルは1日1粒いつ飲めばいいのですか?」というご質問でした。

この小ボトルに入っているソフトカプセルには血液をサラサラにしてくれるビタミンEが入っています。

血液が一日の中で最もドロドロになるのが寝ている時です。それは、水分を取ることができないからです。寝ている時に脳血管疾患を起こしやすいのも血液がドロドロになっているからです。
このような事から、夕食後に飲む事をお勧めします。

マルチビタミン&ミネラルには大ボトル(タブレット)と小ボトル(ソフトカプセル)の2ボトルで、ソフトカプセルは1日1粒なので飲み忘れは少ないですが、タブレットは1日12粒を3回に分けて飲むため、お昼など忘れてしまう事もありますよね?

そうしますと、1ヶ月で飲みきる事ができなく、タブレットだけ余ってしまって・・・と、いうお客様に大ボトルも小ボトルも単品でご購入できますのでご安心ください。

入社して間もない私は、こうしてお客様からのご質問によりひとつ勉強になりました。
まだまだ、勉強することがいーっぱいあるので眠っていた頭をフル回転させて日々、成長していきたいと思います。

 (マ)

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

安心、安全へのこだわり

昨今の食品偽装、中国製冷凍餃子の問題など、
食品への安心、安全への要望は、ますます高まって来ています。

弊社でも、サプリメントは国内で作っているの?
という問い合わせをいただくことが、最近、増えてきたように思います。


弊社では、サプリメントの製造を、日本国内のGMP対応工場で行い、信頼性を確保しております。

また、サプリメントの原料は、世界各地から手配しておりますが、信頼のおける安全性データがない原料は一切使用しておりませんので、ご安心頂けるかと思います。

もし、何か疑問に思うことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

新配合のナイアシンアミドについて

先日、弊社のマルチビタミン&ミネラルがバージョンアップして、
「ナイアシンアミド」が追加されたとご報告しました。


ところで、「ナイアシンアミド」って何がいいの?

という質問がありましたので、お答えします。


ナイアシンアミドは、体内でエネルギーを作り出す際に決定的に重要な役割を果たす栄養素です。
体内で必要なエネルギーの50%はナイアシンアミドが関与して作り出されていると言われています。

■ナイアシンアミドは、次の状態に有効である可能性があります。
 疲れやすさ、神経過敏、頭痛を緩和、不眠症改善
 脱毛を防ぐ、ストレス、うつ症状、不安を緩和
 アレルギーを緩和、高脂血症の改善、ペラグラ治療
 めまい、耳鳴りの改善、甲状腺機能低下症、
 動脈硬化症を減らす、糖尿病進展抑制、低血糖症を改善
 血管を拡張する、血液循環を良くする
 床ずれ、皮膚炎、月経困難症、痛風

■不足すると起こりやすい症状
 エネルギー低下で、虚弱、疲れやすい
 神経過敏、不安、うつなどの情緒変化
 興奮しやすい、無気力、集中できない、不眠、頭痛
 食欲不振、消化不良、粘膜、皮膚に障害、
 ホルモン合成低下

参考:薬剤師がすすめるビタミンミネラルの使い方 福井透 編著 丸善株式会社

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

GMPってなに?

GMPってなに?
という質問を受けることがあります。

GMPとは、Good Manufacturing Practice の略称で、日本語に訳すと「適正製造規範」という意味です。

言葉は難しいですが、具体的には、原材料の受け入れから、最終製品の出荷にいたるまで、全ての過程において、製品が「安全」に作られ、かつ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。

以前から医薬品の製造では、製薬メーカーに義務として課せられておりましたが、近年、健康食品や化粧品製造においても、業界として、自主的に取り組み始めています。

特に、昨今は、消費者の食品安全の確保が特に求められているので、GMPに基づいて、製造を行うことが求められる時代になっています。

参考:財団法人日本健康・栄養食品協会

弊社でも、サプリメントの製造は、信頼のおける日本国内のGMP認定で製造を行っております。

(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

微量栄養素のはたらき

お客様から、
ビタミンミネラル(微量栄養素)はどんな働きをしているの?

と質問を受けることがあります。

答え:
「微量栄養素」とも呼ばれるビタミンミネラルは、酵素のお手伝いさんの役目をはたしています。

体内での酵素の働きは、非常に多岐にわたり、多くの体の活動(代謝)を行っています。

私たちが生きていくためには、3000種以上の代謝がスムーズに行われなければなりませんが、ビタミン、ミネラルは酵素と協力して、毎日、これらの膨大な代謝がきちんと行われるようにサポートしています。

もし、ビタミンミネラルが足りなくなると、これらの代謝が正常に行われなくなり、体には様々な不具合が起こってきます。

ビタミンミネラルは、私たちが健康に生きていくためには欠かすことのできない大切なものです。

(井)

妊娠中のサプリメントについて

本日、弊社サプリメントを愛用していただいているお客様から、ご質問をいただきました。

お客様から、掲載のご許可をいただいたので、やり取りを御紹介させていただきます。

■質問
以前にマルチビタミン&ミネラルを購入させていただきました。
その後、妊娠が発覚し、現在3ヶ月目なのですが飲み続けてもいいのでしょうか。
それとも妊娠中は控えた方がよろしいでしょうか。


■回答

妊娠、おめでとうございます。

早速、ご質問にお返事させていただきます。

ちょうど、私の妻も2ヶ月前に二人目の子供を出産しました。

そのため、妊娠時、授乳時の栄養素の必要性については、自分なりによく調べました。


結論としては、妊婦さんには、ぜひ、今後ともご愛用していただきたいと思います。

その理由は、次のとおりです。


1.葉酸の件

葉酸は、胎児の奇形を防ぐために、1日400μgの摂取を厚生労働省も推奨しています。
また、母子手帳にも書かれるようにもなっているとおもいます。

この1日400μgの摂取というのは、通常の食事では、なかなか難しい数字です。

葉酸は、ホウレンソウなどの野菜に含まれてはいますが、熱や水にとても弱く、料理の過程で、かなりなくなってしまいます。

しかも、食品中の葉酸は、サプリメントの葉酸に比べ、吸収率は、とても悪い(50%以下)ので、食事を気をつける程度では、400μgの摂取は大変です。

なので、私(妻)の場合には、葉酸のサプリメントを利用しました。

サプリメントの葉酸の場合には、吸収率は、85%位といわれています。

ちなみに、当社のマルチビタミンでは、1日12粒の摂取で、葉酸は400μg配合されていますが、吸収率のことを考えると、それだけでは足りないかもしれません。
※葉酸は、大きいボトルに入っています。

葉酸の安全最大摂取量は、1gなので、飲み過ぎは心配しなくてもいいと思います。



2.必要量の増加について

妊婦さんは、通常の状態よりも、すべての栄養素で必要量が増加します。
なので、サプリメントは、きっと役に立つと思います。

ただ、妊婦さんには、カルシウム、マグネシウム、鉄、葉酸が、当社のマルチビタミンだけでは不足する可能性がありますので、これらは意識して、食事で摂取した方がいいかと思います。

また、サプリメントを販売しながら、こういうのはおかしいかと思いますが、
栄養素は、できる限りは、食品もしくは、食品に近い形で摂取すべきと思っています。

なので、カルシウムやマグネシウムは、小魚から、鉄はレバーなどから意識して摂取した方が、よいと思います。
※サプリメントを利用する場合には、天然原料由来を選ぶことをお勧めします。

また、ご存知かもしれませんが、重金属(とくに水銀)は、胎児に移行しやすいので、妊婦のときは、大型の魚(まぐろなど)は、少し控えた方が良いと思います。


3.ビタミンAの過剰症について

妊婦さんのサプリメント摂取というと、過剰症を心配される方が多いと思います。
過剰症が心配になるのは、ビタミンAかと思いますが、弊社では、ビタミンAは、配合せず、

体内で必要に応じて、ビタミンAに変換される、βカロチンで配合していますので、過剰症は、心配しなくても良いと思います。

また、他の油溶性ビタミンも、摂取量には、十分考慮して配合していますので、安心かと思います。

4.つわりについて

つわりがひどいときには、ビタミンB6が良いと言われています。
つわりの解消のためにも、ビタミンB6がお役に立てるかと思います。 
 ※これは効く!ビタミンミネラル事典 主婦の友社

(井)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。