知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり添加物は少ない方がいい!!

国立健康・栄養研究所のサイトに、次の様なショッキングな報告が載っていました。

「妊娠中に摂取したサプリメント製品によるスティーブンス・ジョンソン症候群(皮膚粘膜眼症候群)の症例報告」

詳細は、下記の通り。

■タイトル
妊娠中に摂取したサプリメント製品によるスティーブンス・ジョンソン症候群(皮膚粘膜眼症候群)の症例報告(100924)

■症例
32歳女性(日本)が、妊娠24週より、葉酸を含む市販のサプリメント製品および乳酸菌などを含む整腸作用のあるサプリメント製品を摂取したところ、妊娠25週に発熱、眼球結膜充血、顔面と口唇に痛みと腫脹を伴う紅色皮疹が出現し、葉酸を含むサプリメント製品が原因と思われるスティーブンス・ジョンソン症候群と診断された(2010117955)。

■原因
リンパ球幼若化試験で葉酸を含むサプリメント製品および処方された医薬品(解熱鎮痛薬、総合感冒薬)が陽性であったが、摂取および発症の時期より葉酸を含むサプリメント製品が原因と考えられた。また、葉酸そのものよりも、サプリメントに含まれた基材や添加物に対して反応したと推察された。

参考文献
(2010117955)臨床婦人科産科 2010;64(1):104-7

→ http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1530.html


今回の原因は、葉酸そのものではなく、サプリメントを固めるために使用した添加物が原因だったようです。

設計を行っている立場からすると、
この報告を受けて、やっぱり、添加物は種類も量も、できるだけ少ない用が良いと、
改めて感じさせられる報告でした。

添加物は、少なければ少ないほど、加工は難しくなります。
また、製造工場には、無理を聞いてもらうことになりそうです…。

(井)
スポンサーサイト

商品名あれこれ…

サプリメントを世の中に生み出す時には、設計が一番大切なのですが、名付け(商品名)も大事な作業です。

この作業、とても楽しいことなのですが、大変なことでもあります。

ヘルシーパスのサプリメントの場合、単体の栄養素の場合には、「ヘム鉄」「グアガム」「DHA&EPA」「グルコン酸亜鉛」などはとてもシンプルで、名前を決めるのも簡単なのですが、
様々な栄養素を配合し、特定の効果を期待する場合には、なかなか大変です。

たとえば、

・コラーゲンサポート(コラーゲンの生成をサポートするアミノ酸)

・メモリードライブ(頭の回転を良くするための栄養素)

・フレックスサポート(関節痛対策の栄養素)

・DTXサポート(デトックス:DETOXをサポートする栄養素)
※薬事法の関係でデトックスとは書けないのです。

・ぺリオサポート(歯周病(ペリオ)対策をサポート)

・インプラントサポート(インプラント術前後の栄養補給)


いろいろ頭を使って考え、「これは!」と思った時には、すぐに商標登録を行います。

※こうしてみると、○○サポートが多いですね!


(井)



商標登録

サプリメントのカプセルサイズ

今日は、サプリメント開発者ならではの記事をひとつ…。

サプリメントを設計する際には、内容物以外にも、カプセルのサイズを検討します。

通常、日本の工場でサプリメントを作る際には、3号、2号、1号、0号が一般的です。

カプセルサイズ比較
左から、 3号、2号、1号、0号、 00号? (右端は、アメリカ製カプセルなので規格不明)


弊社の設計では、なるべく多くの原材料と、日本人が抵抗なく飲めるサイズを考えているので、
1号サイズを選択することが多くなります。

対象者が、女性であることが明確な場合や、高齢者に飲んで頂きたい場合には、
もっと小さい、2号や3号のカプセルを使用します。

一方、カプセルサイズは大きくてもよいので、とにかく多くの原料を詰めたい!という場合には、0号サイズを使用します。
※0号サイズは、結構大きいので、始めて見る方はびっくりするサイズです。


でも、もっとビックリするのは、アメリカ製のサプリメント!

00号ともいわれるビックサイズがあったり、下記の写真のような「派手な」色彩のモノがあります。

ブルーのサプリメントは、日本では考えにくいですよね…。

アメリカ製サプリメント

※2枚の写真では縮尺が異なりますので、必要以上に大きく見えるかもしれません。


サプリメントを飲む際に、
「これは何号サイズかな?」と考えながら飲むと、あなたはサプリメント通です(笑)

(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

N-アセチルグルコサミンの効果!お肌にも!!

新発売のフレックス・サポートには、主成分として「N-アセチルグルコサミン」が配合されています。

この「N-アセチルグルコサミン」は、健康食品で一般に「グルコサミン」と呼ばれているグルコサミン塩酸塩とは期待される効果に差があります。 

グルコサミン塩酸塩が、腸で吸収された後、体内でN-アセチルグルコサミンに変換する際にかなりの量が体外に排出されてしまうのに対し、もともと体内に存在する「N-アセチルグルコサミン」の形で補給することで、体内での利用率が、グルコサミン塩酸塩の約3倍も良くなるといわれています。

たとえば、N-アセチルグルコサミンが、1000mg配合しているサプリメントは、グルコサミン塩酸塩で3000mg配合されているサプリメントと同じくらいの効果!ということもできるのです。

しかも、このN-アセチルグルコサミン。
体内で、ヒアルロン酸を作るための原料にもなっています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の原料(N-アセチルグルコサミン)を補給してあげることで、お肌がプリプリしてくることも期待できるのです。

実際、関節痛対策のつもりで飲んでいたけど、お肌のハリに驚いた!
との声も聞かれています。

女性には、耳寄りな情報ですね。

(井)

テーマ:もっと綺麗になるために・・・♪ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

祖父母に子供を預けると太る??

私が、情報収集に使っている「国立健康・栄養研究所」のフォーラムでは、
時々、面白い研究報告が紹介されています。

→ 健康・栄養フォーラム

今日は、思わず笑ってしまった研究報告をひとつ紹介します。

子供の世話をする祖父母は肥満リスクを高めている?(英文)

 ロンドン大学チームの大規模調査で、定期的に祖父母に面倒を見てもらっている幼児は過体重になるリスクが高いことが示唆された。

 9ヶ月~3歳の健康児12,000人の分析で、祖父母がフルタイムで世話をする場合は、両親に世話をしてもらうのに比べて過体重のリスクが34%高くなった。また祖父母がパートタイムで世話をする場合は同リスクが15%高くなった。

 一方で、託児所やベビーシッターで世話をした小児は体重問題のリスクが高くなかった。

 BBC発表。出典は『国際肥満学雑誌』



一言でいえば、「じいちゃんばあちゃんに預けられている子供は肥満になる可能性が高い!」
というデータのようです。

よくデータを集めたなあと思いますが、
これって、じいちゃんばあちゃんに預けると、ついついお菓子をあげたり、甘やかしてしまうってことなのかも…。
愛情の現れなのでしょうか…。

託児所やベビーシッターでは、体重問題のリスクが高くならないというのも、面白いですよね。


サプリや栄養素とかあまり関係ないですが、たまには、こんな研究報告もご紹介します。

(井)

原料イロイロ

サプリメントに使用する原料は、本当に様々なものがあります。

白、黄色、クリーム色、灰色、黒、茶色、ピンク、赤、オレンジ、緑…。

配合される栄養素や原料によっても、色は様々です。

サプリメント原料


私も、色々な設計をしてきたので、配合した原料とその比率を見れば、
完成品がだいたい何色になるのか、は想像がつくようになってきました。

でも、それでも、毎回読めないのが「天然原料」です。


酵母原料や天然果汁から抽出した原料は、ロットによって色が違います。

そのため、製造工場からは、
「今回は、前回よりもやや茶色っぽくなりました。」とか
「今度は白っぽいです。」などの報告があることも珍しくありません。

弊社のお客様は、天然原料へのご理解があるので、ロットごとに多少色が変わっていても、説明がしっかりとできれば納得して頂けます。

でも、こう頻繁に色が変わることを見ていると、
大手メーカーさんが、大量生産したり、不特定多数の方に直販を行っている場合には、合成原料や合成着色料を使って色をそろえるように加工して、クレーム防止のために、色の変化を目立たなくしたくなる気持がわかるような気もします。


天然原料でサプリメントを作るのは、結構、大変なんです…。

(井)

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

サプリメントの設計ラッシュ!!

最近、サプリメントの設計が忙しくなっております。

それぞれのサプリメントへの要望が多岐にわたっており、
効果が期待される栄養素やその配合量、組み合わせなどを調査することは、新たな発見もあり、とても楽しいことです。

ただ、それを実際の配合に落とし込むのが、なかなか大変です。

●どの原料を使用するのか?
 原料としてのエビデンスはあるのか?
 クライアントの要望をかなえるにはどのメーカーが最適か?
などなど

 メーカーによって、同じ栄養素でも、配合や濃度も違えば、品質へのこだわり、加工のしやすさまで 様々なので、「いつもこの原料」というわけにはいかないのです。


●どんな形にしようか?(ハードカプセル、タブレット、ソフトカプセル)
 原料によって、最適な形状はどれか?
 飲みやすさを優先すべきか?配合量を優先すべきか?



さらに、製造にまで落とし込むと、
栄養素の相性、混ざりやすさ、カプセルへの充填のしやすさなど、それぞれの栄養素の個性まで考えなければなりません。


そんなこんなで、最近は、
・様々な文献・書籍
・原料メーカーの送ってくれる山のような原料規格書の数々
・Excel(表計算ソフト)
とに囲まれて仕事をしている私です・・・

(井)

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

原料メーカーとの打ち合わせ

私の好きな仕事の一つに、原料メーカーさんとの打ち合わせがあります。
※有意義な場合に限りますが・・・(笑)


今まで知らなかった原料の提案や、
その素材に関する新たなエビデンスの情報など、聞いていてワクワクすることも
とても多いです。

そんな中、私が必ず聞くのは次のポイントです。


・期待される働きと、そのメカニズム
・目的、症状別のエビデンスと、その摂取量
・摂取量の最適値
・製造工程、安全性
・他の素材との相性
・含有率と値段
・素材の特性 等

私が納得できなければ、当然、お医者様にもきちんとご説明できませんので、私にも分かるように説明して頂いています。

このように、日々新たな素材の情報を仕入れ、カスタムメイドサプリメントや、新商品の開発、改良に役立てているのです。


ただ、上記の条件で、弊社が納得できる素材はあまり多いとは言えず、
電話等で売り込みがあった場合、私が上記の条件や質問を出した途端、「残念ながら・・・」と身を引いてしまわれるメーカーさんが多いのも事実です。

※資料を送ると言いながら、送ってこないメーカーさんも・・・


最近こられたメーカーの担当者さんは、NR(栄養情報担当者)の資格をお持ちで、説明もとてもわかりやすく、大変、エキサイティングな打ち合わせができました。

(井)

テーマ:エビデンスサプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

サプリメントに使う添加物… 海外製品は不明?

サプリメントに使用する添加物について、その使用目的や由来原料などを調べて整理しています。

調べていて実感したのは、「添加物の使用状況で、その開発者の目的がわかる」ということです。

つまり、本当に消費者の健康のために、栄養素を配合しているのか?どんなこだわりを持っているのか?開発の現場にどれだけ介入しているのか?

一方で、使用している添加物の量や種類によっては、原価を抑えることに主眼が置かれているな。とか、何か都合の悪いことを隠そうとしているな。

など、推測することができます。

※このあたりは、いずれ、まとまってご報告できるようになるかと思います…


とはいえ、サプリメントに限らず、加工食品では添加物はつきものです。

添加物を一切使わずに、錠剤やカプセルのサプリメントを作ることはできません。

たとえば、サプリメントを作る上で、最低限必要な添加物は次のとおりです。

 ・粉の流動性を上げるもの (ハードカプセル、打錠の製造に必要)
 ・粉を固めるもの     (打錠の製造に必要)
 ・カプセルそのもの (ゼラチン、グリセリン、セルロース等)

これ以外の添加物(増量剤、着色料、甘味料、香料、保存料など)は、使わなくてもサプリメントは作ることができます。

しかしながら、多くのサプリメントには、製造者・開発者の目線から見ると、「こんなに添加物使わなくてもいいのに?」など、首をかしげたくなるような配合を多く見かけます。

また、冒頭でもいったように、粒のカサを増やすだけの目的(増量剤)として、添加物を使っているメーカーもあり、粒の半分以上、場合によっては9割近くが添加物である商品もあります。

これらの情報は、日本の法律に従った表記をしている場合には、読み方を知れば、誰でも見抜くことは可能です。

ただ、もっと怖いのは、添加物に何を使っているのかわからないことです。

日本でも、よほど悪質なメーカーでない限りは、使用した添加物は表示しています。

でも、海外で製造され、個人輸入で入手したサプリメントはいかがでしょう?

英語が読める方でも、英語で表記されている添加物名や目的を正しく認識することは難しいですし、そもそも、日本とは表示のルールが違うので、表示義務がない場合もあります。

日本で海外のサプリメントを販売しているホームページでも、原材料表記には、栄養素の表記ばかりされてあって、添加物の表記は外されていることも多いようです。

サプリメントの製造工場の担当者に、海外のサプリメントの添加物の話をしたところ、
「私が見ても添加物に何を使っているのか全く分からない。日本で使っているものとは違うのではないか?」とのこと。


添加物の表示は、安心・安全には必要なことだと思うのですが・・・

(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「抗加齢医学の実際2008」に行ってきました

一昨日、昨日と、東京大手町のサンケイホールで開催された「抗加齢医学の実際2008」に行ってきました。

ブース出展の合間に、講演を聞いたり、同じ出展企業の担当者と情報交換したりと、いろいろと刺激を受けることができました。

また、すでに弊社サプリメントをご愛用&お勧めいただいている先生とも直接お話しさせていただくことができたことや、お医者様がサプリメントにどのような関心や疑問を持っているのか?などを直接聞くことができたことも、とても貴重な経験でした。

先生方には、今回準備した「医療機関におけるサプリメントの勧め方マニュアル」への関心がとても高かったようで、「こんなものが欲しかった!」と、喜んでいただくことができました。


最近のアンチエイジング医学の注目キーワードをいくつかあげると…
・エピジェネティックス
・iPS細胞
・カロリーリストリクション(CR)
・高濃度ビタミンC点滴
・キレーション
・アンチエイジング外来

といったところでしょうか。


あと、「いつまでもデブと思うなよ」の著者 岡田先生の「レコーディングダイエット」の話は、とてもわかりやすくておもしろかったです。
「太る努力をサボる」って、面白い発想だなとおもいました。

(井)

テーマ:アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「抗加齢医学の実際2008」参加の準備をしています。

今週末(9月14日、15日)に東京のサンケイプラザで開催される「抗加齢医学の実際2008」に参加します。

今日は、その準備でバタバタとしています。



昨年は、弊社の田村がメインステージでプレゼンをしたのですが、私は、残念ながら参加できませんでした。

今回は、会社としてブースを出展することになったので、私もブース出展しながら、講演を聞かせていただこうと思っています。

それにしても、この「抗加齢医学の実際」、毎年敬老の日に開催されているそうですが、いつも素晴らしく濃い内容です。

抗加齢医学の世界で著名な先生の話を、これほど一度に聞ける機会というのは、他にはないだろう!と思うくらいです。

2日間にわたって、みっちり勉強できるので、今からとても楽しみにしています。

また、ブースでは、多くの先生方ともお話できる貴重な機会なので、そちらもとても楽しみです。


抗加齢医学の実際2008に参加される先生の皆様、ぜひ、弊社ブースへお立ち寄りください。
医療機関におけるサプリメントの勧め方マニュアルの実物も展示させていただいております!



(井)

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

関節に良いとされるサプリメントを選ぶときは要注意??

本日、国民生活センターから、ある報告が公表されていました。

関節に良いとされるサプリメントを利用してる方には、大変、ショッキングな内容です。

関節に良いとされる成分を含む「健康食品」についての調査


内容を簡単にご紹介します。


1.表示の偽装??

コンドロイチン硫酸量が表示されていた銘柄は、表示量に比べて実際の含有量が大幅に少なかった。また、コンドロイチン硫酸を含む原材料等の表示量は、実際の含有量の目安にはならなかった。
サメ由来のコンドロイチン硫酸を含有する原材料を配合している旨の表示があった16銘柄のうち、陸生哺乳動物由来のコンドロイチン硫酸を含む原材料が配合された可能性が高い銘柄が6銘柄あった。そのうち3銘柄は陸生哺乳動物由来の原材料名の表示がなく、JAS法上問題がある可能性が高いと考えられた。

→ パッケージの表示通りの栄養成分が入っていないものが多かった?
  サメ由来と書いてありながら、実際は違う商品もあった??


2.胃の中で溶けないサプリメント??

カプセルや錠剤が胃の中で速やかに溶けて消化するか、医薬品の試験方法を参考に「健康食品」の溶けやすさ(崩壊性)を調べたところ、胃の中で溶けにくいと思われる銘柄が18銘柄中9銘柄あった。

→ 胃の中で溶けないサプリメントを飲んでも意味があるの??


3.水増し表示??

大部分の銘柄はコンドロイチン硫酸を含む原材料の量を表示しており、実際に含まれるコンドロイチン硫酸量は分かりにくかった。医薬品に匹敵若しくは上回る量のコンドロイチン硫酸を含むと消費者が誤認するおそれがあると思われた。

→コンドロイチン硫酸は含有率20%程度です。ということは、原材料の配合量を
   表示すると、実際の配合量より5倍も入っているように見せかけていた?



残念なことですが、これらは、サプリメント業界においては、氷山の一角だと思います。

国民生活センターでは、業界に向けて、改善を要望したそうですが、
業界への不信感を払しょくするために、サプリメントメーカー各社が襟を正さないといけないと思いました。



また、今後は、サプリメント評議会のような、第三者の評価機関が、ますます活躍することになるかもしれません。

(井)

テーマ:膝痛、腰痛、肩こりよ、さようなら! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

食生活の改善や見直しが必要と考えられる方は?

東京都が、一般の消費者向けに発行しているパンフレットを見ていて、とても参考になりそうなことが書いてありましたので、紹介させていただきます。


■食生活の改善や見直しが必要と考えられる人の例

1.朝食を食べない人
  栄養成分全体が不足しがちになっています。

2.1日2回以上外食をしている人
  ビタミンが不足しがちになっています。野菜の摂取不足が原因と推察されます。
  ※コンビニ弁当も外食と同様と考えても良いと思います。(井)

3.食事の量を減らしている人
  ダイエット等で食事の量を減らしている場合は、栄養成分が全体的に不足しがち
  になっています。

4.食事の内容が偏っている人
  好き嫌いが多く、食事の内容が偏っている人は、栄養成分の摂取量も全体的に
  バランスが悪いと考えられます。

5.高齢者などで、食べられる食事の量が減ってしまった人
  栄養成分が全体的に不足しがちになっていると考えられます。

6.妊娠を計画している女性
  葉酸は、胎児の神経管閉鎖障害リスク低減と関係があり、妊娠を計画して
  いる女性は、1日400μgの葉酸の摂取が目標となっています。必要な葉酸
  を摂取するには、食事にかなり工夫が必要です。
  ※「かなりの工夫」とは、現実的に難しいということかと思います。(井)

7.女性
  女性が平均的に摂取する栄養成分のうち、カルシウム、鉄、及び食物繊維は
  摂取目安量を満たしていない状態が続いています。


これらの説明は、「都民の栄養状況」「食事摂取基準」「国民健康・栄養調査」の結果に基づいており、大変信頼できると思います。
東京都は、とても素晴らしいパンフレットを作っていますね。

参考:「健康食品 ウソ?ホント?」 東京都

これらの条件をすべてクリアしている!という方は、ほとんどいないのではないのか?と私は、思いましたが、皆様はどうお考えですか?

女性の方はすべて当てはまっていますし、男性でも「1日2回以上外食」「食事の内容が偏る」「朝食を食べない」の項目には、当てはまってしまうのではないでしょうか?


こう考えると、ビタミンミネラルを補給するサプリメントの果たす役割って大きいなあと、改めて思い、
今まで以上に身を引き締めて、よいサプリメントを作っていきたいと思った次第です。

(井)

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ただの食物繊維とは違うグアガム(グアーガム酵素分解物)!

最近、グアガムのサンプルを試していただくことが増えているので、グアガムのことを説明する機会が増えています。

そこで、グアガムの紹介のときに、よく使う話をひとつ。


よく、便秘対策に食物繊維!と言われます。

私たち日本人の食物繊維の目標摂取料は1日20~25gですが、ほとんどの方は、15g程度しか摂取できていない状態で、食物繊維の摂取不足が便秘増加の原因とも言われています。

食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維に分けられます。

不溶性食物繊維は、保水性に優れて便をやわらかく、また量を増やしてくれるので、便秘解消に役立つと言われています。

不溶性食物繊維は、ごぼう、にんじん、セロリなどの野菜、麦、玄米などの穀類、さつまいもなどの芋類、大豆、小豆などの豆類に多く含まれ、割と、摂取しやすい食物繊維です。


一方、グアガム(グアーガム酵素分解物)は、水溶性食物繊維に分類されます。

水溶性食物繊維は、大腸の腸内細菌の働きによって分解され、「短鎖脂肪酸」を産生する原料になることが分かっています。

これは、つまりどういうことかというと、

グアガム(グアーガム酵素分解物)が大腸で分解されることによってできた「酢酸」「プロピオン酸」「酪酸」などの短鎖脂肪酸は、大腸の細胞の主要な栄養源となり、大腸粘膜を増殖修復し、大腸の働きを助ける働きを持っています。
さらに、短鎖脂肪酸には、大腸内のphをコントロールし、悪玉菌の増殖を抑え、腸内細菌叢を改善する働きも持っています。

大腸の働きが活発になり、腸内細菌叢が良好になれば、当然、便秘に対しても良い効果が期待できます。


水溶性食物繊維は、海藻類、こんにゃく、りんご(ペクチン)などの果物に含まれていますが、グアガム(グアーガム酵素分解物)が、特に効率よく「短鎖脂肪酸」を産生することが分かっています。



便秘解消には、これら働きの異なる2種類の食物繊維をバランスよく摂取することが大切だと思います。


グアガムを試した方によい報告が多いのは、普段、摂取しにくい水溶性食物繊維であるグアガム(グアーガム酵素分解物)を、サプリメントとして摂取したことで、単に食物繊維の摂取量が、5g増えたことに加え、食物繊維の摂取バランスが改善されたことも関係しているのではないでしょうか?

※弊社のグアガムは、1包5gで試作しております。

(井)

テーマ:女性の悩み解消しましょう! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。