知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バランスボール2日目

今日でバランスボール生活2日目!!

日頃、まったく運動をしていない私はすでに腰と背中が痛くて...
これって筋肉痛ですかね?

バランスボールに座りながら仕事できるのかな?って思っていましたが、これが意外と心地よくって!

パソコン操作も文章を書くことも食事をすることもなに不自由なくこなせています。

じっとバランスボールに座っているだけでは効果があまりないと思いますので、常に左右に揺れています。

きっと、会社を訪れた方は最初に私の姿が見えると思うのでビックリするかもしれませんが、まじめに仕事をしていますので変な会社だなぁーって思わないでくださいね(笑)

スタッフ全員で取組んでいます。

仕事をしながらスリムアップ!!素敵なことです。

まだまだ2日目で効果はわかりませんが、女性陣はお気に入りで継続していこうと思っています。

だいぶ涼しくなり、秋だなって感じる日々になってきました。

スポーツの秋ということでみなさんも体を動かしましょう!スッキリしますよ☆

 (マ)
バランスボール
実際、私はこのように仕事をしています!
スポンサーサイト

お客様からの御礼状

サプリメント・メーカーをやっていて最も嬉しいことの一つが、お客様からお礼のメッセージを頂戴すること。
「う~ん! 俺達良い仕事してるじゃん!」とすっかり気分も良くなります。
今日は、とあるヘアサロンのオーナーの方から、お礼のお葉書を頂きました。
ご本人のご了解を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

*********************************
ヘルシーパスの皆様へ
毎日お世話になっております!
お陰さまであの暑かった夏も、いつになく元気で過ごすことができました。
いつもの夏はダルくて店と自宅との温度差でバテバテだったのですが、
今年は違ったんです。
日中でもお店の合間に自宅の掃除、片付け(これって私にとってはスゴイ事なんです)
など体が軽く動けるのを実感しました。
正直、サプリでこんなに体が変わるなんて・・・驚きです。
季節も秋へと変わってきましたが、相変わらず今日も元気です。
最高のサプリをありがとうございます。
東京都 H.W様
*********************************

とのこと・・・。

こちらこそ、本当にありがとうございます。
お役に立てて嬉しいです。
サプリメント屋冥利につきます!(田)

バランスボール座り始めました!

だいぶ涼しくなり、運動をするにはとてもいい季節になりましたね。

健康でいるためには
食生活に気を付けるのはもちろん、適度な運動は欠かせません。

さて、弊社では何か運動を始めよう!ということで
私たちが毎日使っている机の椅子をバランスボールに変えました!
今日からスタッフ皆で座っています。
いつまで続くのか・・・
いえ、毎日続けます!
きっと会社へ訪れた人たちはビックリすると思います。
皆さん、弊社へ来ても笑わないで下さいね☆

効果のほどは、また皆さんへお知らせします!

(ナ☆)

テーマ:美しいボディラインをゲット! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

こころの病も栄養で…

先日、「心の病と栄養」というタイトルで、健康セミナーを開催させていただきました。

その時の講師の先生の話では、食生活が心の病に大きな影響を与えるという話でした。


同じ時期に、「心の病」に関連して、とても参考になる本を読みましたのでご紹介します。

「私」に還る処方箋 こころと体をつなぐ栄養の魅力 溝口 徹 著



心の病…

主に、うつ病、パニック障害、統合失調症は、病院にいくと、長期間にわたって多くの薬を服用することになります。

しかし、実は、これらの症状は、「体に必要な栄養素が足りていない」ことによって起こっていることもあるようです。

つまり、
不眠、抑うつ、激しい不安、動悸、めまい、幻聴などの症状は、「精神的な病気」だけが理由ではなく、栄養障害でも起こりうるということです。

たとえば、
「血糖値調整異常」にすぎない人が、「統合失調症」と診断されたり
「鉄欠乏症」にすぎない人が「パニック障害」と診断されたり
「甲状腺機能低下症」にすぎない人が「うつ病」と診断されることもあるそうです。


必要な栄養素の補給は、上記のような症状の改善にも効果が期待されています。

この本を読んで、サプリメントの果たす役割を再認識しました。


興味をお持ちの方は、ぜひ一度ご覧ください。

ヘルシーパススタッフのお勧め本

(井)

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

秋の夜長に読書を!

もう、「秋」ですね。読書の秋です!
もともと本が好きなので
季節に関係なく読んでいますが
なんとなく、この季節は特に
ここちよく読める気がします。

私が最近読んでいる本は
星の巡礼(角川文庫) パウロ・コエーリョ(著)です。
弊社の社長のお勧めで読み始めたのですが
とても楽しく読める本です。
巡礼の道を旅する、お話なのですが
自分の今までの人生を考えながら思いふけってしまいます。
主人公「パウロ」とが一緒になって旅をしている気分になりました。
いつか私も機会があれば巡礼する旅へ出てみたいなと思います。

(ナ☆)

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

サプリメントの存在意義

サプリメントメーカーの人間が、このようなことを言うのは、おかしいかも知れませんが、
サプリメントなど必要ない世の中が理想」だと思います。

本来、栄養素は「新鮮な食材を使ったバランスの取れた食事」また、「加工食品は極力使用しない」のが正しいあり方です。
昨今の加工食品に対する偽装や不祥事を見ていると、ますますそう思います。


これは、誰もがうなずくのではないでしょうか?


しかし、残念ながら、時間に追われる現代の私たちは、「バランスの取れた食生活」や「加工食品を利用しない食生活」を継続するのは極めて難しく、また、経済的にも現実的ではありません。


しかも、微量栄養素(ビタミンやミネラル)の減少した現代の食材からビタミンやミネラルを補給しようとして、多くの食材を摂ろうとすると、カロリー過剰となり、かえって不健康になってしまう可能性もあります。


そんなときに、役に立つのがサプリメントです。


サプリメントは、カロリーをほとんど摂取することなく、微量栄養素(ビタミンやミネラル)だけを効率的に補給できる便利な食品です。

サプリメントは、栄養補助食品とも呼ばれますが、言葉の通り、通常の食事だけでは補いきれないビタミンミネラルを補うことが本来の目的です。


サプリメントは、上手に活用すれば、現代人の栄養状態を改善するために、大変役に立つアイテムです。

サプリメントを上手に利用するコツは、まず、自分自身がどんな栄養素が必要なのか?
をしっかりと考えてみること。

もしかしたら、今飲んでいるサプリメントの中には、あなたには必要ないもの。また、期待する効果が重なっているもの、さらに、合わせて飲まない方が良いもの、医薬品と相性が悪いものなどがあるかもしれません。

あなたには、どんな栄養素が必要なのか?
また、お手元のサプリメントで気になる点などがありましたら、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

サプリメントの専門家がお答えします!!
E-mail : info@healthy-pass.co.jp
フリーダイヤル:0120-797-464

(井)

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ヘルシーパスの考える理想のサプリメントは?

ヘルシーパスは「自分たちが安心して使えるサプリメントを作って欲しい」という方々から出資して頂いて誕生した会社です。

お客様が株主様ですから、文字通りお客様に支えられて生まれたことになります。

株主様には、お医者様や薬剤師様もおいでになりますので、皆様のご期待を裏切らないよう、高性能かつ高品質なサプリメントをご提供するべく努力しています。


私たちの理想とするサプリメントは次のとおりです。


1.特殊な成分では無く、基本的な栄養素をきちんと補給すること

いたずらに流行や、新素材を追いかけるのではなく、私たちの命を支える基礎となる5大栄養素のバランスを整えることを最優先に考えています。
現代の食生活は、炭水化物、脂質、タンパク質などの「カロリー栄養素」を過剰に摂取しがちな一方、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素の摂取不足に陥りがちです。

そのため、私たちは第一優先の基礎サプリメントとして、微量栄養素をバランスよく補給するためのマルチビタミン&ミネラルをお勧めしています。


2.米国のプロ仕様のサプリメントに匹敵する栄養成分

日本と異なり、公的な健康保険制度が未整備な米国では、病気にならずに過ごして民間の健康保険の保険料を節約しようと考える人たちの期待に応えるために、高性能のサプリメントが販売されています。
役に立たないサプリメントはお客様の支持を得られません。
私たちが、「単に欠乏症にならないためのサプリメントでは無く、積極的に健康のレベルを上げていくためのパワーを備えたサプリメントをご提供していこう」と考えて設計した結果、米国のサプリメントに匹敵する栄養素を含有するサプリメントが出来上がりました。

さらに、こうして設計したサプリメントを実際に飲んで頂くことによって、体内の状況を表す、様々なマーカーが改善することを確かめています。


3.日本人向けの設計

米国製のサプリメントは、米国人向けに設計されているため、食習慣が異なる日本人の私たちにとって最適なわけではありません。例えば、米国製のサプリメントに多く含まれているヨウ素は、日本人が食生活で自然に取り入れている栄養素のため、わざわざサプリメントで摂取すると過剰が心配です。
一方、トマトに含まれるカロテノイドのリコペンなどは、積極的に補給したい成分です。
また、米国製のサプリメントは粒が巨大で飲み込みにくいものが多いのも問題です。

私たちは、日本人の食生活に配慮した設計を行い、日本人にも抵抗なく飲みこめる、小さな形状のサプリメントに仕上げています。


4.天然由来の原料を使用

天然原料は価格が高く、栄養素の含有率も低い上に、生産ロット毎に微妙に物性が異なるため、サプリメントの原料としては使いにくいものですが、私たちは合成の原料では無く、天然由来の原料を使ってサプリメントを作ることを心がけています。
合成の原料は、やむを得ない場合のみ使用しています。


5.日本国内での生産・・・安心・安全へのこだわり

サプリメントを米国や中国などの海外で生産することは、コスト面などで有利な面があるのですが、昨今の中国産餃子事件の様に、国境や海を隔てて品質管理を行うことはなかなか難しい面があります。
また、万一製品に問題が発生した場合の対応も遅れがちになってしまいます。
こうした問題を避けるため、私どもでは、日本国内のGMP対応工場での生産にこだわって安心、安全のレベルの確保に努めています。
また、中国製の原料は他に選択肢がない場合以外は使用していません。




これらは、どれも当たり前の事柄ですが、これらをすべて備えたサプリメントは、そうはお目にかかれないと思います。

是非一度、弊社のこだわりのサプリメントをお試しください。


テーマ:エビデンスサプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

心の病と栄養についてのセミナー

昨日の栄養セミナーは大盛況でした!

鈴木先生ありがとうございました。

やいづ神仙堂薬局の鈴木典昭先生のお話が聞けることを楽しみにしていましたが、残念ながらわたしはお留守番で。

でも、ビデオ撮影をしていただいたので、後ほどみっちりお勉強したいと思います!!

今回のテーマが「心の病と栄養について~知らないじゃすまされない!?食事と心の病の不思議な関係!」でした。

心の病と栄養ってどう関係しているのかとても興味があります。

まだ、お話を聞いていないので勉強後にまたご報告いたしますが、昨日のセミナーに出席されたお客様の声を聞くと、鈴木先生のお話がおもしろくまた、わかりやすく日常の食事がとっても重要で大事だということがわたしにも伝わってきました。

ここで、セミナーの感想を少しご紹介したいと思います。

食生活が心に及ぼす影響がよくわかりました。
毎日の食事を見直してみると不足している栄養が多いことがわかり、まずは正しい味噌汁を一日2回取るようにします。どうもありがとうございました。


正しい味噌汁ってどんな味噌汁なんでしょう?きっと普段、わたしが食べている味噌汁とは違うのだろう。。。詳しくことはまたご報告します!

食事の大切さを痛感しました。
体によい食品、悪い食品のお話を聞いて実はプレッシャーとそれだけでストレスになりましたが、週に一度は悪いものでも...というお話もありましたので少し楽になりました。
大事なことですので、日々の食生活を見直し家族を守っていきたいと思います。


確かに、良いもの悪いものと考えてしまうと、現代で生活していく中で何も食べられなくなってしまうような。
もちろん食べてはいけない食品もありますが、まずは気をつけること、気を使うことから始めようと思いました。

感想を一枚一枚読んでいると早く鈴木先生のお話が聞きたくなってきました。

最近のわたしは調子がずっと悪く胃がムカムカして胸焼けもしている感じだったので食事があまり喉を通らず、しっかりした食事をここ一週間以上取れていなかったので、確かに精神的にも不安定で浮き沈みが激しくイライラ感もあり、そのため体もだるくなっていました。
数日前から少しずついつもの食事のペースに戻ってきて元気だなって感じるようになったら精神的にも安定してきたような。

そう考えると心と栄養(食事)って関係しているのかなと感じました。

 (マ)

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

効率のよい「鉄」の摂取方法

何回かにわたって、鉄の重要性をご紹介してきました。

今日は、
「では、鉄の補給はどうすればいいのでしょうか?」というお話です。


私たちが食べ物から摂取する鉄には、おもに穀物や野菜に含まれる「非ヘム鉄」と、肉やレバーなどの動物性食品に含まれる「ヘム鉄」があります。


「非ヘム鉄」は、食物繊維やフィチン酸、タンニンなどにより吸収阻害を受けやすいことに加え、細胞内に取り込む際に、3価の鉄イオンから、2価の鉄イオンに変化させなければなりませんので、吸収が良くありません。

ちなみに、病院で出されるお薬の鉄剤も、非ヘム鉄です。
※硫酸第一鉄、フマル酸第一鉄、クエン酸第一鉄、ピロリン酸第二鉄など。


一方、「ヘム鉄」は、吸収阻害を受けにくく、また、そのままの状態で細胞内に取り込まれるため、「非ヘム鉄」に比べると3倍~5倍も優れた吸収性を示します。

さらに、非ヘム鉄では、大量に摂取すると、胃がムカムカしたり、吐き気がすることが多く、さらに便秘や下痢といった腸の症状も、10%くらいの方で見られますが、
「ヘム鉄」はその心配もありません。


また、「ヘム鉄」は安全で効果も高いことから、
「ヘム鉄」を関与成分とした特定保健用食品が許可されています。



結論として、食べ物から鉄を補給しようと思った場合には、
植物由来よりも、動物性の方が効率が良いといえます。

特に、豚レバー、鶏レバー、卵などは、ヘム鉄を多く含んでいるのでお勧めです。


参考までに、
女性が毎日摂取したい鉄は、10.5㎎です。
もし、レバーだけでこの量を確保するためには、毎日、豚レバーを100g食べなければいけません(笑)


(井)

テーマ:女性の悩み解消しましょう! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

鉄不足によって起こるトラブル

先日は、鉄が体にとって、重要な働きをしているという話を紹介しました。

本日は、鉄がどんなトラブルを引き起こす可能性があるのか?
について、紹介します。

鉄不足による主なトラブルは、次の通りです。

・目の下のクマが取れない
・顔色が悪い
・慢性的な冷え性
・肩こり
・クーラーが苦手
・だるい
・疲れやすい
・階段を上るだけで動悸や息切れがする
・イライラ
・神経過敏
・注意力散漫
・めまい
・微熱
・頭が痛い
・物忘れ、脳の働き低下
・うつ
・朝の目覚めが悪い
・爪が反る、爪がもろくなる
・唇の端が切れる
・ダイエットしていてもなかなか効果がでない
・シャンプー時に毛が抜けやすい
 
これらは、鉄が欠乏することで
血流の悪化
各細胞の酸欠
エネルギー不足
コラーゲンの生成不良
酸素不足―代謝の低下して太りやすいこと
などによって、引き起こされている可能性があります。


これらのお悩みの中には、女性に多いお悩みもあります。

女性では、正常の月経による鉄の喪失が25~30mgといわれており、ただでさえ鉄が欠乏しやすいのに、レバーなど、鉄を多く含んだ食べ物をあまり食べないことも、鉄不足の原因となっています。

また、妊娠中の女性は子供の発育のために鉄が不足しやすい状況になっています。


(井)

テーマ:女性特有の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「抗加齢医学の実際2008」に行ってきました

一昨日、昨日と、東京大手町のサンケイホールで開催された「抗加齢医学の実際2008」に行ってきました。

ブース出展の合間に、講演を聞いたり、同じ出展企業の担当者と情報交換したりと、いろいろと刺激を受けることができました。

また、すでに弊社サプリメントをご愛用&お勧めいただいている先生とも直接お話しさせていただくことができたことや、お医者様がサプリメントにどのような関心や疑問を持っているのか?などを直接聞くことができたことも、とても貴重な経験でした。

先生方には、今回準備した「医療機関におけるサプリメントの勧め方マニュアル」への関心がとても高かったようで、「こんなものが欲しかった!」と、喜んでいただくことができました。


最近のアンチエイジング医学の注目キーワードをいくつかあげると…
・エピジェネティックス
・iPS細胞
・カロリーリストリクション(CR)
・高濃度ビタミンC点滴
・キレーション
・アンチエイジング外来

といったところでしょうか。


あと、「いつまでもデブと思うなよ」の著者 岡田先生の「レコーディングダイエット」の話は、とてもわかりやすくておもしろかったです。
「太る努力をサボる」って、面白い発想だなとおもいました。

(井)

テーマ:アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「鉄」の重要な働き

貧血には「鉄」を摂るとよいといわれます。
また、鉄は不足しやすいミネラルとも言われています。

このブログでは、何回かにわけて「鉄」をご紹介しようと思います。


■不足しているミネラル「

鉄分は現在の食生活で常に不足しているミネラルの一つとして知られています。

平成18年の国民健康・栄養調査では、通常の食品から男性は平均8.2mg、女性は平均7.6mg摂取しているといわれていますが、女性では、大部分の方が不足しており、毎日5mgが不足しているとも言われています。

鉄不足は日本だけの話ではなく、世界的に最も多く見られる栄養欠乏症です。

鉄不足は、急激な成長を伴う乳児や幼児、月経血損失のある女性、鉄要求量の増加する妊婦・授乳婦で多く見られます。


■鉄の働き

私たちの体内の鉄の働きは2つあります。

一つ目は赤血球の生成です。(これは有名ですよね。)

赤血球は、酸素を体のすみずみにまで運ぶ重要な仕事をしていますので、鉄が不足して赤血球の生成が妨げられると、酸素が体内にいきわたらず、体内は酸欠状態になり、めまい、息切れ、動悸に加え、疲れ、倦怠感、脱力感などの、いわゆる貧血の症状が起こります。


2つ目はエネルギー生産です。

鉄は私たちがエネルギー(ATP)を生み出す回路(電子伝達系)において、必須の酵素の成分※となっています。鉄が足りないと、エネルギー生産が十分に行われないために、倦怠感、脱力感、うつ、その他の不定愁訴の原因になると考えられています。
※鉄はATP産生に深くかかわるチトクローム酵素の活性に深く関与しています。

貧血対策に鉄の補給はよく知られていますが、貧血以外にも、女性の不定愁訴の解決に、鉄の補給は十分役立つと考えられます。

そのほかにも、鉄は、活性酸素の一つである過酸化水素を分解するカタラーゼやペルオキシターゼなどの酵素の成分となったり、コラーゲン生成、免疫機能の維持、タンパク質代謝などに働いています。



(井)

テーマ:女性の悩み解消しましょう! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

まだ、予約受けてます!!

まだ、予約受け付けています!!

「第8回栄養セミナー開催  心の病と栄養について」

知らないじゃすまされない!?
食事と心の病の不思議な関係!

9月のセミナーは趣向を変えて、ゲストをお迎えしてのお話です。
やいづ神仙堂薬局の鈴木典昭先生は、栄養指導をはじめとする生活習慣の改善によって、
不妊や心の病などで悩む多くの方を助けている素晴らしい薬剤師さんです。

 
 ※今回はゲストをお迎えしてのセミナーなのでテキストがございません。
   お話を聞きたいという方はぜひ、足を運んでください。
   ためになるお話が聞けると思います。

【講師】 やいづ神仙堂薬局 鈴木 典昭 先生
  
【日時】 平成20年9月18日(木) 午後2時30分 ~ 午後4時

【会場】  静岡市葵区栄町2-10 1192ビル  8Fセミナールーム
       ※㈱ヘルシーパスの上階です。
                 
 当社専用の駐車場はございませんが ビルの隣に有料駐車場がございます。

☆参加費は無料です。

ご予約は・・・
   無料通話
 ☞ 0120-797-464   
    (FAX: 054-255-1188) 
 受付時間
 9時~18時(土日祝日は除く)

お気軽に、お電話下さい!

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

「抗加齢医学の実際2008」参加の準備をしています。

今週末(9月14日、15日)に東京のサンケイプラザで開催される「抗加齢医学の実際2008」に参加します。

今日は、その準備でバタバタとしています。



昨年は、弊社の田村がメインステージでプレゼンをしたのですが、私は、残念ながら参加できませんでした。

今回は、会社としてブースを出展することになったので、私もブース出展しながら、講演を聞かせていただこうと思っています。

それにしても、この「抗加齢医学の実際」、毎年敬老の日に開催されているそうですが、いつも素晴らしく濃い内容です。

抗加齢医学の世界で著名な先生の話を、これほど一度に聞ける機会というのは、他にはないだろう!と思うくらいです。

2日間にわたって、みっちり勉強できるので、今からとても楽しみにしています。

また、ブースでは、多くの先生方ともお話できる貴重な機会なので、そちらもとても楽しみです。


抗加齢医学の実際2008に参加される先生の皆様、ぜひ、弊社ブースへお立ち寄りください。
医療機関におけるサプリメントの勧め方マニュアルの実物も展示させていただいております!



(井)

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

オメガ3系脂肪酸摂取による入院や死亡の回避が実証

日経メディカルオンラインで、「おぉっ!」と感じる記事が紹介されていました。
「慢性心不全患者でω3不飽和脂肪酸は効果あり、スタチンには効果を認めず」というもので、必須脂肪酸の一種である、ω(オメガ)3系脂肪酸を慢性心不全患者に与えたところ、入院や死亡を回避する効果が確認された一方、高コレステロール血症の薬である「スタチン」にはこうした効果が無かったというもの。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/esc2008/200809/507726.html

それによると、「慢性心不全の患者において、ω3不飽和脂肪酸(n-3 PUFA)に、死亡あるいは入院を回避する効果が認められた。一方、スタチン(ロスバスタチン)には同様の効果は確認されなかった。大規模臨床試験GISSI-HFにより明らかになったもので、イタリアFondazione Policlinico San MatteoのLuigi Tavaszzi氏(写真)らが、8月30日から9月3日までミュンヘンで開催された欧州心臓学会(ESC2008)のセッション「HOT LINE I」で発表した。」とのこと。

栄養素をきちんと摂取することが、慢性疾患による入院や死亡を抑制する効果があることを、二重盲目試験という、最も厳格な設定の実験で確かめたという画期的な研究だと思います。

オメガ3系の脂肪酸は、「亜麻仁油」「シソ油」「魚油」「ナッツ」などに多く含まれますので、心臓や血管のために、意識して摂取したいものですね。
そうそう、当社にも「ちょーこだわりの」亜麻仁油のサプリメントがありますので、どうぞよろしくお願いします。(田)

グアガム摂取のタイミング

グアガムの飲み方や飲むタイミングなど注意点やおすすめはありますか?
という質問がありました。

グアガムは、食物繊維なので、普通に食事からゴボウや海藻などを食べるのと同じように考えていただければ結構です。

お薬と違い、タイミングは、あまり気にしなくてもよいと思います。

ただ、グアガムの原料である「グアーガム酵素分解物」には、食後の血糖値上昇を穏やかにしてくれる働きがありますので、血糖コントロールを気にする方は、食事のタイミングに合わせたほうがよいかと思います。

また、本来、食物繊維は食事で摂取するべきで、また、1日に食事で摂取したい5gの食物繊維を補うことを目的にしていることを考えると、やっぱり、食事と一緒のタイミングがいいと思います。

私は、味噌汁に入れて家族全員で飲むことにしています。

それだと、味噌汁を作る人以外は、グアガムが入っていることなど気がつかずに飲んでいます。
※グアガムは、味も匂いもほとんどありません。

また、食物繊維が、ミネラルの吸収を阻害するという話もありますが、根拠ははっきりしておらず、逆に、難消化性デキストリンや、グアガムが体内で産生する「短鎖脂肪酸」には、大腸でのミネラル(Ca、Mg)の吸収を促進する働きもあります。
食物繊維によるミネラルの吸収阻害というのは、あまり気にしなくてもよいのではないかと思います。

(井)

ちなみに、グアガムってなに?
 → こたえはこちら

テーマ:女性の悩み解消しましょう! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

医師の指導・推奨でサプリ購入へ

最近の健康食品の業界誌にこのような記事が出ていました。

医師の指導・推奨でサプリ購入へ」 ※健康産業新聞(2008.9.3号)

その記事によると、アメリカのシアトルにあるサプリメントのとある小売チェーンでは、近年のサプリメント販売の特徴として、医師に薦められてサプリメントを購入しに訪れる消費者が確実に増えているとのことです。

日本でも、医師や薬剤師、栄養士など、健康のプロフェッショナルが、サプリメントを推奨し始めています。


今日、会社に来られたお客様も、自分の周りではコンビニやドラックストアでサプリメントを、自己判断で購入して飲んでいる人が多く、「あそこではこんなに安く買えた!」などと嬉しそうに話しているのを聞くと、本当に大丈夫なのかなあ?と不安になるのだとおっしゃっておられました。

確かに、その通りだと思います。

テレビや雑誌の広告で、「サプリメント=体に良い」「サプリメントならなんでも良い!」「自分にはこれが良いハズ」と思っている消費者は多いと思います。

でも、よくよく考えてみると、テレビで体験談を語る方と、「あなた」は同じではありません。体格や体質はもちろん、抱えている病気や症状、食生活や仕事なども個人個人異なるはずです。

本来は、そのようなバックデータを十分理解してくれている医者や薬剤師、栄養士などのプロフェッショナルの方が、最適なアドバイスを行って、サプリメントを上手に利用するべきだと思います。

日本でも、NR(栄養情報担当者)など、アドバイザリースタッフ(サプリメントの専門家)の育成が進みつつあるようですが、すでに国民の大半がサプリメントを利用したことがあるという現状では、正しいサプリメントの摂取方法を紹介できるプロフェッショナルがもっと多く居るべきだろうと思います。

自分の飲んでいるサプリメントの効果や、自分に本当に合っているのか?必要なものなのか?また、今飲んでいるお薬と一緒に飲んでも大丈夫なのか??

など、不安を持ちながらサプリメントを飲んでいる方は意外と多いようです。

弊社でも、できる限り、お客様のお力になりたいと思っておりますので、お気軽にご相談ください。

(井)

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ビタミンCの豆知識☆

早いもので、9月になりました。
秋ですね、紅葉の季節です。
毎年、紅葉をいろんなところへ見に行きますがとても
癒されます。
今年は遅くなると聞きましたが、すごく楽しみです。

さて、朝夕と冷え込むようになり、風邪などには気をつけてほしい時期です。
ビタミンCをたっぷり摂って予防してほしいと思います。
ビタミンCは風邪を予防するのにも、ひいてからも治りをよくするのにも役立ちます。

※ビタミンCは水溶性の栄養素なので、たくさん摂ったとしても
必要ない時は尿として排泄されます。ですから、こまめに補給するといいと思います。

「ちょっとした豆知識」

栄養素の説明とは関係ありませんが、皆さんは
この「ビタミンC」って名前の意味を聞いたことあるでしょうか。
「ビタミンC」化学名はアスコルビン酸といい、

「ア」は抗、
「スコルビン」(スコルブート)は壊血病

の意味ですから、アスコルビン酸=ビタミンCは抗壊血病(壊血病を予防する酸)
ということになります。

貧しかった時代に、ビタミンCが不足してなった病気からこの名称になったようですね。
ですから、ビタミンCの栄養所要量は壊血病にならない量(一日10ミリグラム)に安全圏(率)を考慮し5倍の量が決められています。

ちなみにですが、
「弊社の商品の一日分ビタミンCの含有量」

・マルチビタミン&ミネラル ・・・ 200mg
・アンチオキシダント・・・1000mg
・プレミアムビタミン&ミネラル・・・300mg

ご興味がある方は、ぜひ弊社ホームページをご覧ください!

株式会社ヘルシーパス

(ナ☆)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

日々成長!&本のご紹介

最近はすっきりしない天気が続きましたね!

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

夏の疲れが出ている時期ですよね。

私はただいま風邪引いてしまっています(>_<)
喉が痛く体がなにしろダルくて。。。
熱が出てしまえば楽なんですが微熱が続いていて。

皆さんも気温の差が激しいので風邪など気をつけましょうね。

当社の商品の飲み方についてお客様からご質問がよくあります。

ほとんどの商品は食後にお召し上がりなることをお勧めしていますが、「コラーゲンサポート」は空腹時にお召し上がりになることをお勧めしています。

このようにパンフレットには書いていない事をわかりやすくまとめた各商品の飲み方についての資料を作成しました。

資料を作りながら学んだ事がいっぱいあります。
すべての商品紹介を手書で書いてみました。
いろいろと構想をねってねってつくりました。
手書にしたことでサプリメントへのイメージが親しみやすく感じていただければ嬉しいです。

最近では手書で文章を書く事が少なくなったので、久しぶりに長い文章を書いた事で無性に手紙を誰かに書きたくなりました。

メールでは伝わらない事が手紙だと伝わるそんな時代が懐かしいですね!

このほかに、毎月の注文お礼状も手書で書かせていただいています。

今月は「読書の秋」という事で当社スタッフお勧めの本を3冊ご紹介しております。

1冊目は 「賢者の書」
簡単に言ってしまうと「幸せになる9つの教え」が書いてあります。

2冊目は 「アルケミスト」
勇気と希望を持たせてくれるような心温まる一冊です。

3冊目は 「ビタミンCがガン細胞を殺す」
日本で初めて超高濃度ビタミンC点滴療法でガン治療に成功したお医者様による渾身のレポートです。読み続ける中で私の大事な友達のお母さんの役に立つかもしれないと思いました。

皆さんも秋の夜長にぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

 (マ)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。