知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fine祭り2008

最近いろいろな面でお教えを頂いている、「不妊治療」のオーソリティーである、池上さん(オールアバウトの不妊治療のガイドさんです)から、来る11月2日に開催される「Fine祭り2008」のことを教えて頂きました。

これは、不妊に悩んでいるカップルの支援を行っているNPO法人Fineが企画・運営をされるイベントです。
池上さんのサイトをご覧頂くと、詳しい情報を知ることができます。
http://allabout.co.jp/children/sterility/closeup/CU20080914A/

11月2日の、午前10時から午後4時まで、渋谷の東京ウィメンズプラザ(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67)で行われるとのこと。
Fine祭り2008詳細情報
http://j-fine.jp/matsuri/matsuri.html

ご興味がおありの方は、参加してみてはいかがでしょうか?(忠)


スポンサーサイト

ヘム鉄やっぱりすごい!!!

先日、私の体験をもとにして書いたブログが
とてもいい反響をよんだとご報告を頂きました。
ありがとうございます!

本当に、素直に感じるままにかいた、思いや感想が
皆さんに伝わり嬉しく思います。
もっと貧血やPMSでお悩みの女性
このブログで「ヘム鉄」に興味をもち、知るきっかけになっていただけたら
いいなと思います。
そして、健康へのお手伝いが出来たら幸せです。

実は「ヘム鉄」は私が今まで飲んだことのあるサプリメントの中で
一番、実感できたものでもあります。

今までのあの辛さはなんだったんだろう???
と思うくらい感じました。

この実感を誰かに伝えたくて、伝えたくて・・・

思わず友達に聞いてもらいました。

その友達も、イライラや不安感が出るし人にあたってしまうということだったので、
私は、ぜひ試してほしいと「1週間分」プレゼントしました。

良くなってくれたらいいなと思っていたところ5日後ぐらいに電話がかかってきました。

「びっくりするくらい良いんだけど、
なにこれ~!!!
買いたいんだけど、いい?
ヘルシーパス様様だよ。
私って貧血だったのかな。
こんなにいいと思わなかったよ。」


とのことでした。
女性のイライラって鉄分不足が原因してるのではないかと思わずにはいられません。

鉄といえば「レバー」といいますが「レバー」はそう、毎日食べていられませんから手軽で簡単にとれるこの「ヘム鉄」は本当にお勧めします。

皆さん、一緒にあの辛さから抜け出しましょう!
(ナ☆)

テーマ:女性の悩み解消しましょう! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

骨粗鬆症対策の栄養的アプローチ

女性が気になる症状に「骨粗鬆症」があります。

骨密度を保つのに必要なカルシウムは加齢とともに減少し、骨がスカスカになってもろくなってしまいます。

これが、骨粗鬆症です。


特に、女性の場合、閉経後は、骨からカルシウムが溶け出すのを防いでいた女性ホルモンの分泌量が減少するので、骨粗鬆症になりやすく、わずかな転倒や、日常の何気ない動作でも骨折してしまう危険性もあります。

また、過激なダイエットや運動不足、栄養素の偏りなどが見られる最近の若い女性でも骨がもろくなっているの場合があるので注意が必要です。
※妊娠や出産で骨量が減少する場合もあります。


骨粗鬆症対策には、カルシウムの補給が最もよく知られていますが、カルシウムはマグネシウムとのバランスが重要なので、カルシウムとマグネシウムを併せて摂取する必要があります。

また、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや、骨の形成を促進するビタミンKも一緒になければ意味がありません。

カルシウムは、煮干しやヒジキ、チーズから
マグネシウムは、ヒジキやナッツから
また、ビタミンDは、サケやカツオ、煮干しから
ビタミンKは、納豆、海苔、ヒジキから補給することができます。

また、大豆製品に多く含まれるイソフラボンも、体内で女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、骨粗鬆症予防に役立ちます。

これらの食品を意識して生活の中に取り入れてください。


●参考までに、骨粗鬆症対策メニューを紹介。
 
 ・主食は、じゃこ飯か、納豆巻き
 ・汁ものは、煮干しで出汁をとった豆腐いり味噌汁(海藻入り、煮干しも食べる)
 ・おかずは、メインは魚
   刺身ならカツオ、焼き魚ならシャケ
 ・ヒジキの煮物
 ・晩酌のつまみは、ナッツか、チーズ



最後に、骨粗鬆症対策には、上記の栄養の補給も大切ですが、補給するだけではいけません。

丈夫な骨を作るには、骨が適度な刺激を受けることが必要です。

毎日、少しでも運動をする習慣をつけるとよいでしょう。


また、ビタミンDは、紫外線に当たることで活性化され働きます。

美肌・美白のために紫外線が大敵なのは分かりますが、少しは紫外線に当たった方が健康にはよいのです。


骨折によって不自由な生活になると、精神的にも参ってしまいます。
たかが、「骨」と甘く見ることなく、ぜひ、骨の健康に意識して、健康な毎日をお過ごしください!!

(井)

追伸
「日本人の食事摂取基準」と「国民健康調査」(厚生労働省)によると、
女性は、目標とするカルシウムの摂取量と比べると、1日当たり200~300mgも足りていないことが分かっています。
男性でも100~200mg足りていません。



テーマ:女性の悩み解消しましょう! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

迷惑な進化

僕の趣味の一つは読書。
ささやかな幸せの一つは、布団の中で本を読みながら、そのまま気を失って寝入ってしまうこと・・・。
本屋で面白そうな本を見つけた場合「迷ったら買う」という行動スタイルです。

さて、そんな日々の中で最近「これは面白い!」と思ったのは、
「迷惑な進化:シャロン・モアレム著、NHK出版」という本。
「そもそも、世の中にはどうしてこんなに病気が存在するのか?」というのが、著者の研究の出発点。確かに、病気にならない個体の方が生き残る確率は高いわけなので、進化の過程で病気は無くなっていくはずなのに、現実はそうなっていないです。

この疑問をめぐる、最近の研究の成果は、生命が生き延びてきた何十億年かのドラマの舞台裏を見せてくれる手に汗握るお話です。
例えば・・・

○ 今、困った病気や体質の原因になっている遺伝子は、私たちのご先祖様が生き延びるために、過去極めて役に立っていた遺伝子の生き残りであることが多い。

○ 進化は、今まで思われていたようなゆっくりとした偶然の産物では無く、生命が生き残るために、遺伝子レベルで活発なチャレンジを繰り返してきた結果である。生き物は生存が厳しい環境に置かれると、進化のスピードが何億倍にも加速する。

○ 同じ遺伝子であっても、その遺伝子のどの部分を使うかは、生活環境によって変化する。つまり、自分の遺伝子をどう使うのかは、生まれた後、本人がかなりのレベルで関与できる可能性が高い。

などなど、生命の神秘を改めて感じることができました。

ちなみに、若い女性はダイエットに熱心なことが多いですが、ダイエットに熱心な母親から生まれた子供は、太りやすく、生活習慣病になり易い体質で生まれてくるそうです。それは、お腹の中で「これから生まれる世界は、栄養的に厳しい状況らしい」と判断した胎児の遺伝子が、自分のどの部分を使うかを決め、「エネルギーの消費を抑える個体」を作り上げて生まれてくるからとのこと。

カッコ良くて、病気になりにくい子供を産みたかったら、おかしなダイエットにはハマらないことが大切です・・・。(田)

サプリメントにはどのような種類があるのか?

いまや、1兆1800億円とも言われる日本の健康食品市場、世の中にあるサプリメントの品目も数多く、種類も様々です。
 ※2007年健康産業新聞調べ


しかし、世の中のサプリメントも、形や配合成分で次のように分類することができます。


■サプリメントの形状
サプリメントの形状には、錠剤(タブレット)、カプセル(ハード、ソフト)、粉末、液体などがあります。


■配合している成分

ビタミン・ミネラル
ビタミン、ミネラルは、微量栄養素ともいわれ、ヒトが生きていく上で外部から取りいれなければならない基本の栄養素です。直接エネルギーにはなりませんが、体の活動(代謝)に欠かすことのできない栄養素です。車に例えると、潤滑油のような働きをしています。現代の私たちの生活では不足しがちで、サプリメントを利用する際には、最も優先されるべき栄養素です。

アミノ酸(タンパク質)
アミノ酸はタンパク質を構成する単位です。タンパク質は3大栄養素の一つで食事から摂取できますが、不足分や単体のアミノ酸はサプリメントで補給します。摂取量の目安が多いので、粉体、クッキーなどの形で利用されます。

脂質
亜麻仁油、シソ油、DHA、EPAには、生活習慣病を予防する効果が期待されています。また、現代の食生活では、脂肪酸の摂取バランスが乱れており、不足しがちな脂肪酸はサプリメントで補給できます。

食物繊維
食物繊維は、ヒトが消化できないので、長らく不要なものを思われてきましたが、近年、腸内環境を整えたり、便秘を予防したり、大腸がんを予防するなどの効果が見直され、第6の栄養素と言われるようになりました。

ファイトケミカル
主に植物に含まれている栄養素で、ビタミンミネラル以外の成分のことを言います。ポリフェノール、カロテノイド、イソフラボン、カプサイシンなど、色素や匂い、苦味のもととなるものが多いことが特徴です。また、抗酸化力が期待できるものが多くあります。

乳酸菌
腸内の善玉菌である乳酸菌を補給して、腸内細菌のバランスを整えるためのサプリメントもあります。

ハーブ
古来より利用されてきた薬草などのことです。イチョウ葉、セントジョーンズウォート、エキナセアなど、効果が医薬品に近いものもあります。天然由来ではありますが、副作用のリスクもあるので、誰もが毎日摂取するというよりは、必要な方が必要なときに摂取すべき成分です。

その他の準栄養素
サプリメントの成分には、他にもコンドロイチン、グルコサミン、核酸、クエン酸、コラーゲン、キトサン、にんにく、青汁などがあります。これらは、話題になることもありますが、上記の栄養素と比べれば、摂取の優先順位は低いものです。


(井)

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ベトナム人もびっくり☆

今日は、お客様より嬉しい声を頂いのでご紹介したいと
思います。

弊社の商品「マルチビタミン&ミネラル」
飲んでいらっしゃる方のお話です。

先日、息子様が海外に仕事で行くからと
大量に購入されにいらっしゃいました。
(※ちなみに仕事の出張先はベトナムだそうです。)

「どういうことだろう???」
と思っていたら、
以前に息子様の体を心配して海外に仕事で行く時に
飲むように渡していたようです。
その息子様が、現地で「ベトナム人」の方にもすすめ
一緒に飲んでいたら高評価を頂いたようです。
本人たちもとてもビックリしていたようで、
「とてもいい!!元気になった!もっと飲みたい!」
との要望があり、帰国した際に購入をしにきたということです。

何だか、とても嬉しい気持ちになりました。
日本だけではなく、全ての方のお役たてて
本当に嬉しく思います。
日本だけではない、世界に通じる「サプリメント」だ!
なんて誇らしげにも思ってしまいました。
でも、そのくらい弊社のサプリメントには自信をもって
お勧めすることができます。

☆バランスボール報告☆
会社では毎日のっていますが、家ではのっていないので
今週は、祝日があり3日ぶりのイスです。
不思議なもので、これがなんの違和感もなく、
普通の椅子に座る方が、変な感じがします。
習慣というのは身についていくものですね。
頑張ります!

(ナ☆)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

サプリメントの原材料および原産国・加工国の情報の掲載を始めました

最近、「食」の安全・安心に対する不信感が高まってきています。

弊社でも、皆様により安心してサプリメントをご愛顧いただくため、サプリメントに使用している原材料、および原産国・加工国の情報を掲載いたしました。

食品アレルギーに関する表示も行っております。


弊社のサプリメントは、すべて日本国内のGMP認定の工場で製造していますが、原材料は、国内にこだわらず、世界中から良いものを選んで、採用しています。

今、ご利用頂いているサプリメントの原料が、どの国が原産で、どの国で加工されたものなのか?
などを、一覧表で公開しております。

すべて、弊社で厳選して、安全性も確認した原料で、ご安心頂けますが、
今後も、安心してご利用になるためにも、ぜひ、一度ご覧いただければと思います。

→ サプリメントの原材料および原産国・加工国情報


ご不明な点、ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。

(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

抗加齢歯科医学研究会に行ってきました!

昨日、体育の日、東京で開催されていた「抗加齢歯科医学研究会」にブースを出展していました。

熱心な歯科医の先生が多く集まり、
抗加齢医学の最前線、コーチング、栄養とアンチエイジング、歯科医療におけるアンチエイジング医学の可能性!などの、幅広い分野をテーマに講演が行われていました。

私も、ブース展示の合間を見て、いくつか話を聞くことができ、とても楽しかったです。

また、弊社のブースにも、多くの先生がおいでいただき、
今まで、お電話でしかお話できなかった先生ともお会いすることができ、とてもうれしく思いました。


学会や研究会にブース出展する、ひそかな楽しみは、
普段では聞くことのできない専門のお話を聞けることと、先生と直接お話しできることです。


(井)

追伸
昨日、10月13日は、弊社の創立記念日でした。
会社自体は休みでしたが、出張先の東京で社長と二人でおいしいごはんを食べ、
お祝いをしました!

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「ヘム鉄」への質問

最近このブログでは新商品である「ヘム鉄」の話題でもちきりですが、そんな中、あるサプリメントにと~っても詳しいお客様から、ナイスなご質問を頂きました。

Q:
鉄は過剰摂取すると、体内で活性酸素の発生源になるため、サプリメントで摂取するのは避けた方が良いと聞いていました。ヘルシーパスのサプリメントは、鉄が含まれていない点も良いなと思ってきたので、今回「ヘム鉄」を発売されたことにちょっとびっくりしました。なぜ、ヘム鉄を作ったのですか?(長野県 H.H 様)

これは、とても重要なご質問ですので、私からのお返事をちょっと長くなりますが、ご紹介させて頂きます。

************************************
A:
お答えは、以下のようになります。
・多くの方にとっては、鉄をサプリメントで摂取するのは避けた方が良い。
・但し、鉄欠乏に陥っている女性においては、ヘム鉄をサプリメントで補給してあげることが、不定愁訴の改善に有効
・という訳で、万人向けのマルチビタミン&ミネラルには鉄は含まずに置き、必要な方には、別途ヘム鉄のサプリメントを用意するのがベスト

当社は、抗加齢医学の研究成果に基づいて立ち上がった会社ですので、抗加齢医学の分野の先生方と同じように、「鉄の摂取にはマイナス面も多いので注意するべき」という考えだったのですが、栄養療法に力を入れているお医者様の中には、老化制御の面以外の、患者さんの不定愁訴の改善に向き合っておいでの方々もおられます。

そうしたお医者様からは、
「女性の不定愁訴の原因として、鉄の不足が多くあるが、医師が処方できる鉄剤は無機鉄なので、飲んだ方の多くが飲むと気持ち悪くなるなどのクレームを訴える。

(注)無機鉄を吸収するためには、3価のイオンから2価のイオンに還元する必要があるため、宿命的に消化管内でフリーラジカルが発生してしまうので、大量の無機鉄を摂取すると、ムカつきや腹痛などを起こしてしまうことが多いのです。


ところが、市販のヘム鉄のサプリメントを薦めてあげようとしても、
   ・無機鉄にちょっぴり、ヘム鉄を加えたもの
   ・表示が虚偽で、信頼できないもの
   ・無茶に高額で、患者さんが購入できないもの

など、使えないサプリが多く、自信を持って勧められるものがなかなか無い。 ぜひヘルシーパスで作って欲しい!」

という、熱いご要望を頂戴したのです。

「じゃあ、試してみますか!」と試作品を作って、女性陣に試したところ、体調がぐぐっと良くなる方が相次いだので、商品化に踏み切ったというわけです。

但し、鉄のサプリメントは、必要な人を選んで勧める必要があります。
対象は、「プチ不調、不定愁訴を訴える閉経前の女性」です
それをチェックするには、血液検査でヘモグロビンとフェリチンの値を読み取ること。

男性が貧血になっている場合は、ガンや潰瘍で消化管から出血している可能性が高いので、サプリメントでは無く、速攻で病院に行き、精密検査をして頂くべきです

あと、欧米人には「ヘモクロマトーシス」と言って、鉄分を必要以上に体内に蓄積して、活性酸素を発生させ、内臓に負担をかけて50歳くらいで早死にしてしまうという遺伝病が多いため、特に欧米の抗加齢の先生は、鉄の摂取に、否定的な方が多い傾向があるかもしれません。
また、肝臓に疾患のある方にとっては鉄のサプリメントの摂取は禁忌です。

以上、お答えになっておりますでしょうか?

*********************************

良いご質問を頂くと、頭の中にある情報をまとめてアウトプットする、いい機会になります。今後とも、何なりとお気軽にお尋ねください。(田)

アロマテラピー検定受けてきます!

11月2日に、アロマテラピー検定1級を受けに行ってきます。

あと1か月もないというのに、NR(栄養情報担当者)の時と同じように、やっぱり勉強は、子供が寝た後の深夜か早朝…。

子供を寝かしつけながら一緒に寝てしまったり、朝寝坊したりが続き、なかなかまとまった勉強ができず、正直、不安ではあります。

しかも、前からアロマは好きだったとはいえ、検定試験ともなると、
20種類の精油(アロマオイル)のプロフィールを暗記したり、(学名まであるのです。)
普通の生活では知ることのない、アロマテラピーの歴史や、登場人物まで覚えなければなりません。

さらに、「香りテスト」なるものまであって、鼻つまりの私には、なかなか難しいのです。


そもそも、何でアロアテラピーなの?男なのに? ということですが、

サプリメントのアドバイザーの資格は取ったから、次は何を取ろうかな?
と思っていた時に、アロマも代替医療の一つだから、健康で困っている方にアドバイスできるかも。と思ったことがきっかけでした。


また、ラベンダーの香りで、副交感神経主体に切り替わったり、
グレープフルーツの香りで交感神経主体に切り替わったりすることを、ある、お医者様向けの勉強会で知ったことも、アロマを勉強する気持ちに拍車がかかりました。

そんなことで、コソコソと勉強を始めていました。


試験自体は、NRに比べたら簡単なので、きっと大丈夫だと思うのですが、これからの3週間、頑張って勉強したいと思っています。

11月には、きっとよい報告ができると思います!


サプリメントのアドバイスとともに、アロマのアドバイスもできるようになりたいと思っています!

(井)

テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット

おそるべし!ヘム鉄!

朝夕と冷え込むようになり
体調管理には十分注意して頂きたいと思います。

さて私ごとですが、最近弊社で
新商品「ヘム鉄」
が出たので、その実感をぜひ皆さんにお知らせしようと思います!

今までなら、飲み続けていて
風邪をひかなくなったとか免疫力高まったなと
実感することが多い私でした。

ところが、これはすごい!!

1週間ほどで効果がものすごく感じられました。
というのは、今までの私は
女性の方ならたぶんよくわかって頂けると思いますが
「PMS」というのに悩まされ、生理前になると
頭痛がひどく、精神的にもイライラしたりと
わけもなく不安になったりと
とにかくひどかったのです。

それがなんでしょう・・・
頭痛、イライラ、不安感、不思議と感じられなくなったのです。
今までの私では考えられなくて
一緒に住んでいる家族もびっくりです。

女性でお悩みの方がいたらぜひお勧めしたいですし
この実感を味わって頂きたいと思います。
ちなみに一緒に働いている(マ)さん
も同じように実感しているようです!

☆最後にもう一つ報告があります。
「バランスボール」毎日のってます!
心なしかお腹のお肉が落ちたような気がします・・・

 (ナ☆)


テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

第9回 サプリメントセミナーのご案内

第9回 サプリメントセミナー開催のお知らせをいたします。

今回のテーマは
『いまさら聞けない!ネコでも分かる栄養講座~基礎編 』

このサプリメントセミナーも、お陰様で9回目になりました!

ご参加いただいております皆様いつもありがとうございます。

今まで、いろいろなお悩みの解決に、栄養素がどのように役立つか?とおう切り口でお話してきました。
お客様からはとてもご好評頂いていたのですが、一方で、「炭水化物ってそもそも何?」「アミノ酸って?」「代謝っていったいどういうこと?」「酵素って聞くけど、どんなもの?」など、もっと基本的なことを知りたいというご要望を頂戴するようになってきました。
そこで今回は「聞いたことはあるけど、そういえば本当の意味はなんだっけ?」と確認して頂く為のセミナーを開催しようと思います。
学生に戻ったつもりで、ぜひご参加ください。

【日時】 平成20年11月20日(木) 午後2時30分~午後4時
【会場】 静岡市葵区栄町2-10 1192ビル 8階セミナールーム
      * (株)ヘルシーパスの上階です
      * 当社専用の駐車場はございませんが、
              ビルの隣に有料駐車場がございます。
【講師】 株式会社ヘルシーパス  代表取締役 田村 忠司

  参加費は無料になります。
  ご参加には予約が必要となります。


ご予約は
フリーダイヤル 0120-797-464
             (FAX 054-255-1188)
受付時間 9時~18時(土日祝日は除く)

今回のテーマを決めた時に、心のなかでこの講義私も聞きたい!!って思ってしまいました。
よく耳にすることでも本当は知らない事がいっぱいありますよね!
正直、私も「炭水化物ってそもそもなに?」と聞かれると...と考えてしまうし、わかっているようでわかっていないのが現状です。
サプリメントを扱っている上でこれではいけないですよね。
確かにいまさら恥ずかしくて聞けないなって思ってしまっていたので、このセミナーが大チャンスです!
しっかりお勉強したいと思います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 
 (マ)

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

天然と合成の違いを動画で紹介

NPO法人日本サプリメント評議会が監修する「サプリナビ」という動画のコーナーがあります。

サプリナビ

サプリメントの専門家が、毎週、様々な疑問に答えていく、数分のコーナーです。

私も、たまにチェックして、数回分をまとめて見るようにしています。

いつも、とてもわかりやすい解説で、なかなか参考になります。

今日見たところでは、
天然の成分と化学合成の成分」の違いについて、その効果の違いや、ラベルでの見分け方、味や香りでの見分け方など、
とてもわかりやすく紹介していました。

その他にも、

サプリメントの相性
年齢別サプリメントの摂取方法
サプリメントを継続するコツ
サプリメントの保存方法
自分に合ったサプリメントの選び方

など、面白い質問&回答が紹介されています。

ぜひ、一度、ご覧ください!!

(井)

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ビオチンって???

最近、子供を産んだ健康に関心のある妹より
こんな、ご質問がありました!
もちろん!弊社のサプリメントを妊婦の時から飲んでいます。
※妊婦さんにはお勧めです!と妹よりコメントもらいました!

さて、質問ですが
弊社の商品マルチビタミン&ミネラルにはいっている
「ビオチン」ってなに?とのこと。

ビオチン

別名、ビタミンHとも呼ばれるビオチンは、肌や髪、粘膜、免疫バランスを調節する
ビタミンB群のひとつです。
欠乏すると筋肉が落ちたり、シミしわの、脱毛や白髪などの症状があらわれるといいます。

多く含む食品は レバー・大豆などです。

ビオチンは私たちの体内でも、腸内細菌によってつくられていますが、現代の食生活が
原因で不足してしまっているようです。
例えば、偏食、古い油を使った料理、アルコールやコーヒーをよく飲むなど。
また、抗生剤などの摂取によっても吸収されづらいようです。
意識して「ビオチン」をとるように心がけてほしいと思います。
(ナ☆)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。