知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年が終わるに当たって・・・

2008年がもうすぐ終ろうとしています。
サブプライム・ローン問題がきっかけになった、米国発の世界不況が始まった年として、未来の歴史の教科書に大きく取り上げられる年になるだろうなぁ・・・と感じます。

話は飛びますが、10年ほど前から「文明法則史学」という歴史の見方を勉強しています。これは、今から70年ほど前に、村山節先生が見つけられた歴史の見方で、現在、浜松の林英臣先生が「文明法則史学研究所」で研究と普及活動をされています。
  文明法則史学研究所のアドレス ↓ http://www.ktroad.ne.jp/~bunmei/index.html

文明法則史学は、世界史を観察すると800年周期で大激変期が巡ってくるというもので、ちょうど21世紀初頭の現在が「大激変期」に当たります。
「大激変期」には、それまで世界の主流であった文明が限界を迎えて崩壊していくと共に、新しい文明の芽が生まれ、成長を始める時期であり、経済危機、疫病、天災、戦争などが起こりやすくなります。

今から800年前の「大激変期」は、ちょうどルネッサンスの頃。
イタリア半島には、統一された国家が無く、いくつもの小国が勢力争いを行っていて、東からはイスラム勢力であるオスマントルコ帝国に圧迫され、西にはフランスやスペインが新興勢力として台頭して、イタリア半島を手中に収めようと圧力を加えていました。
その上、ペストの流行で人口は半減・・・。
ちょうど、資本主義の本山である米国と、新興国である中国とインドに挟まれ、しっかりした政府を持てず、新型インフルエンザのパンデミックに怯える、今の日本と状況が良く似ています。

でも、このイタリアで多くの芸術が花開き、近代科学や資本主義がスタートしたのです。
大変な状況の日本発で、次の文明の芽が育っていく2009年になることを祈ってがんばって参りたいと思います。
私自身は、「よりによって、なんて面白い時代に生まれてしまったんだろう!」と思っています。

皆様も良い新年をお迎えください。(田)


スポンサーサイト

大変お世話になりました!

今年も残りわずかとなりましたね。
外はもう、お正月ムードです。
来年に向けてわくわくとした嬉しい気持ちになります。

私にとってこの1年は本当にあっという間でした。
年齢のせいもあるかも知れませんが(笑)
時がすぎるのがとても速く感じます。
たくさんの方々と色々なお話ができとても
いい1年だったと思います。
また、勉強もよくした1年でもあります。
来年も、いっぱい勉強をし
皆様の健康のお手伝いが出来るように頑張ります。


皆様、今年は大変お世話になりました。
来年も、いえ、末長くよろしくお願い致します。
(ナ☆)


テーマ:毎日の暮らし - ジャンル:ライフ

今年も、あと僅かになりました。

今年も、あと僅かになりました。

弊社は、本日が今年の最後の営業日になります。

今年は皆様のおかげをもちまして、
下記のような新商品を生み出すことができました。

【 3月 】 亜麻仁油  ( オメガ3系脂肪酸:アレルギー対策 )
       DTXサポート ( 重金属排泄(デトックス)促進 )
       コラーゲンサポート ( コラーゲン生成アミノ酸補給 )
       メモリーサポート ( 脳のための栄養素補給 )

【 8月 】 グアガム  ( 水溶性食物繊維:便秘、下痢対策 )
【 9月 】 ヘム鉄   ( 高品質ヘム鉄:貧血対策 )

 他、クリニック・カスタムサプリメントの設計多数

オプションサプリメントのラインナップが充実したことにより、
いろいろなお客様のお悩みにお応えできるようになって参りました。
   
来年も、ご評価頂いている「安全・安心・高品質」という基本を忘れず、
高レベルのサプリメントをお届けするとともに、
お医者様がサプリメントをご紹介しやすいようなツールの作成に
取り組みたいと思っています。

今後とも、どうぞご期待ください。


さて、私個人としては、今年は、NR(栄養情報担当者)に続く資格
「アロマテラピー」の取得に挑戦し、無事、合格することができました。
来年2月には、資格取得のための講習を受け、
晴れて「アロマテラピー・アドバイザー」と認定されます。

今後も、サプリメント・栄養だけではなく、アロマテラピーの知識も活かし、
お客様のQOL向上に役立つ情報をご提案できる「マルチ・アドバイザー」
を目指したいと思います。

※新たな資格取得についても、現在、検討中です。

本年は、大変お世話になりました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


皆様、お体にお気をつけて、どうぞ良いお年をお迎えください。

(井)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

早いもので...

早いもので、今年も残すところあとわずかとなりました。

この1年を振り返ると、いつになくあっという間に過ぎて行った気がします。

そう感じられるという事は、私にとってこの1年は充実していたなって思えます。

入社した当初は、ちんぷんかんぷんで、目の前の仕事をこなす事がやっとで、スタッフのみんなには大変助けられてなんとか今日までやってこれました。
みんな暖かく指導してくれたお陰で、だいぶヘルシーパスの色に染まってきた感じがします。

昨年までは、私もユーザーの1人としてヘルシーパスの商品を愛用していましたが、実際、勧める側になって初めて製品に対してのこだわりを知る事ができました。

以前は、マルチビタミン&ミネラルやアンチオキシダントの臭いがダメで飲む事ができませんでした。

当社の商品のこだわりを知っている方も多いと思いますが、せっかくなのでマルチビタミン&ミネラルとアンチオキシダントの独特の香りについてご説明いたします。

ボトルを開けたときにぽわぁーんと香ってくるのは原料に使用している酵母の香りです。
この香を軽減させる為には糖分で固めたり、コーティングで添加物を使用すれば抑える事は出来るのです。
でも、なるべく添加物を使用したくないという思いから、素のままの香になっているので。

この理由を知ってからは、なるほどと納得でき、今ではアンチオキシダントが愛用品にプラスされ、益々サプリメントマニアに近づいています。

まだまだ勉強しなくてはならない事が山積みなので、来年は栄養についてもっと詳しくなるよう、お客様からの質問にも答えられるよう努力します!

今年はたくさんの嬉しいお客様からのお声が聞けて、とっても仕事の励みになりました。
そして私の健康の素になっています。

来年も引き続き、皆様と毎日元気で健康に過ごせるよう頑張っていきたいと思います。

2008年大変お世話になりました。

来年もどうか宜しくお願い致します。

 長島 麻千子

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

欠品騒ぎのその後

予想を上回るご注文を頂いたために、欠品騒ぎを起していた、マルチビタミン&ミネラルの新ロットが、本日ようやく納品されました!

お待ちくださっていたお客様には、大変ご迷惑をおかけしておりました。
ありがたいことに、ほとんどのお客様は、
「売れ行きが好調で私も嬉しいです。新しいロットが出来上がるのを待ちますから、出来次第送ってね。」とおっしゃってくださり、ありがたいと同時に、申し訳なさが更にアップ・・・。

でも、今日からは在庫があるので、ご注文のFAXを素直に嬉しく受信することが出来ます。
本当に良かった、良かった・・・。

えっ、何?
今度は、花粉症の時期を控えて、「亜麻仁油」が危ないって?
そりゃいかん、早く作らなくっちゃ!(田)

アメリカ並みの高配合はいいけれど・・・

過去2回にわたって、ビタミンミネラルを、アメリカ並み高配合したサプリメントが
良いという話をさせていただきました。

最近では、個人輸入で、アメリカ製のサプリメントを利用している方も多くおられます。


ただ、アメリカから個人輸入したサプリメントが日本人に最適とは限りませんし、
実は、不安要素もあります。

アメリカ製のサプリメントは、(あたりまえですが)アメリカ人向けの設計で作られています。

日本人とアメリカ人では、体格も違えば、食生活も違い、腸の長さも違うといわれています。

当然、必要な栄養素の種類や量も異なります。


例えば、海藻をよく食べる日本人では、通常の食事だけで上限値近くまで摂取しているヨウ素(ヨード)は、大陸国で、海藻をあまり食べないアメリカ人は、一般的に不足しがちです。

そのため、アメリカ人向けに設計されているマルチビタミンには、通常、ヨウ素が配合されています。

しかし、日本に住んでいる人にとって、ヨウ素の入ったサプリメントを日常的に摂取することは過剰摂取で健康被害(甲状腺機能低下症、甲状腺腫、甲状腺中毒症等)が引き起こされる可能性があります。

「健康食品」の安全性有効性情報「ヨウ素」
 国立健康・栄養研究所 参照
→ ヨウ素の供給源になる食品も紹介されています。(確かに日本人が良く口にするものばかり。)


また、アメリカ製のサプリメントは、栄養素以外の部分でも、粒のサイズが大きすぎて、日本人の口には抵抗がある場合も少なくないこと、
また、パッケージの表示ルールが日本とは異なっていることや、表記が英語であるために、一般の消費者は書いてある内容(使用原材料名、アレルギー、注意・禁忌事項等)を十分理解できないこと。

さらに、問題があった場合の問い合わせ先など、不安要素もあります。


個人輸入は、最近では、とても気軽にできますが、
リスクもあることを知っておいた方が良いかもしれません。


(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

クリスマス・シーズン

今日のお昼は、日本そば。
会社の近所に、お気に入りのそば屋さんがあるので、
そこに出かけたところ・・・。

狛犬


狛犬のサンタは、はじめて見ました。
ちょっと、怖いかも・・・ (田)

なぜ、高配合が良いのか?

先日は、なぜ、アメリカ並みの栄養素の高配合が注目されているのか?

ということをご紹介しました。


先日は、「そもそも大切な栄養素が足りていない現実」について
ご紹介しました。

本日は、ビタミンを多めに摂ることによって期待されることを紹介します。


【 高配合の理由 その2 】

ビタミンの薬理効果を期待!!

ビタミンには、大量に摂り続けることによって、生理作用にとどまらない効果が期待できます。
ビタミンのこのような作用を「薬理作用」と呼んでいます。

薬理作用は、生理作用とメカニズムの異なるものではなく、全身でビタミンの生理作用が著しく亢進した結果、体の機能に変化が現れるものということができます。

ビタミンの薬理効果には、ニキビに対するビタミンB2、B6。疲れ目に対するビタミンB1 、B12 。肩こりに対するビタミンB1,ビタミンE。冷え性に対するビタミンE。などがあります。※1


※1 最新ビタミンブック 吉川敏一 著 参照


他にも、ビタミンの働きには、
・ビタミンCやビタミンEの抗酸化作用
・ビタミンB6、B12、葉酸のホモシステイン値低下作用(動脈硬化予防)
・ビタミンEの血流改善作用
・ビタミンEとナイアシンの高脂血症や動脈硬化の改善効果
・葉酸の先天性奇形の予防効果

などがあり、これらは、サプリメントなどを利用して、日本の一般的な摂取基準よりも多くビタミンを摂取することで期待される働きです。


サプリメントを利用して、栄養素を多めに補給し、病気予防に役立てたいというアメリカの考え方が、アメリカ基準のサプリには反映されているのです。


(井)

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

テレビで、アンチエイジングの勉強を

今週末、私の尊敬する友人の一人である、久保田恵里さんがプロデュースしたテレビ番組が放送予定です。

今、抗加齢医学の分野で話題の、「カロリーリストリクション」を題材に分かりやすくまとめたそうですので、興味のある方は是非ご覧になってみてはいかがでしょう?

12月21日(日)テレビ朝日夜11時20分
素敵な宇宙船地球号
「100歳のヒミツ~長寿遺伝子でアンチエイジング~」
http://www.tv-asahi.co.jp/earth/

もちろん、私は観ます!(田)


どうしてアメリカ並みの配合量が良いの??

弊社のお客様には、医師、薬剤師、栄養士の方も多く、サプリメントや栄養素に詳しい方が多いことが特徴です。

そんな皆様が、弊社のマルチビタミンの配合を見ると、こんなに多いのはアメリカ並みだよね。とおっしゃいます。

日本製サプリメントで、こんな配合があったのか!と驚かれるとともに、「だから選んだんだけどね。」などと言っていただけます。

これは、私たちにとって、本当にうれしいことです。

では、そもそも「なぜ、アメリカ並みの配合をしている」のでしょうか?


マルチビタミンが、サプリメントで最優先に必要なことは、以前にも何度かお話ししました。

最近では、基本的な栄養素の大切さに気がついた方は、栄養やサプリメントでは先進国であるアメリカから個人輸入で、栄養素を高配合したサプリメントを取り寄せて利用する方が増えています。

でも、アメリカでは、なぜ、日本の一般的な摂取基準とは比較にならないほど多い、何倍~何十倍もの栄養素を配合したサプリメントが選ばれているのでしょうか?
※日本の摂取基準=欠乏症を防ぐための最低限必要な摂取量

それには、2つの理由があります。
今日は、そのうちの一つをご紹介します。

1.そもそも足りていない。
 
現代の私たちは、

  ・加工食品の利用や精白した穀類を主食にしていること
  ・野菜そのものの栄養価が下がっていること
  ・食生活のアンバランス  

などで、摂取するビタミンミネラルが欠乏している一方、

  ・ストレス
  ・環境悪化
  ・タバコ・飲酒

など、ビタミンミネラルを消費する要因が多く、栄養の要求量自体が上がっています。

こんな状態で、日本の一般的な摂取基準の栄養素を補給したとしても、生理作用(生命活動の維持に必要な作用)を果たすことが精いっぱいで、体本来の能力を発揮するには不十分です。


続きは、また後日・・・

(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ビジネス・バッグで感動したお話

先日、愛用のビジネス・バッグの「持ち手」の部分が壊れてしまったので、新しいものを購入しようと思ってお店に行きました。
パソコンやら、書類やら、サプリメントのサンプルやら、大量にぶち込んで使っていたので、「壊れても無理ないよな・・・。今までありがとう。」と思っていました。

出来ることなら、今まで使っていたのと同じ大きさのものが良いと思っていたので、お店には壊れたバッグも持参していたのです。
で、バッグをあれこれ物色している私が持っている壊れたバッグに気がついた店員さんは、「お客様、お使いになっていたバッグを拝見できますか?」とのこと。

バッグを渡すと、
「ああ、これは修理が出来そうですね」
「お見受けしたところ、大切にお使いくださっていたようですね。それなのに持ち手が壊れてしまって、ご不便をおかけしました。無償で修理させていただきますので、しばらくお預かりして宜しいでしょうか?」

えっ!タダで直してくれるの?と、予想外の展開にびっくり!
しかも、この完璧な対応! 大体、それじゃ目先の売上減るじゃん! 良いのか?
といらぬ心配までしてしまいました。

おそらく、このお店の経営者の方は、目先の売上獲得よりもお客様を感動させることに力点を置いて、スタッフを指導しているのだと思います。そうでないと、店員さんがその場でこんな対応は出来ないはず・・・。

このバッグのブランドと、お店に対する私の信頼感が急上昇したのは、申し上げるまでもありません。おそらく、次にカバンを買うときは、確実にここで買い物をすることになると思います。

この話を友人にしたところ、「自分の○○○(某有名ブランド)のバッグ、ちょっと触っただけなのに、ファスナーのつまみが取れてしまい、たったそれだけの修理で1万円も請求された・・・」とのこと。有名ブランドでも、品質やサービスレベルは大したこと無いところもあるのですね・・・。宣伝に費用をかけるもの良いですが、もっと大事なところに費用をかけるべきだと感じました。

私たちは、サプリメントの性能とサービスレベルでお客様に信頼される企業を目指したいと思います。(田)

テーマ:独り言 - ジャンル:その他

欠品騒ぎ

実は、今ヘルシーパスの社内はとても緊迫した状況にあります。

それは・・・・

メイン商品の「マルチビタミン&ミネラル」が欠品しそうになっているため!
今朝の段階で、なんと10セットを切っている状況です。
11月の末に、在庫を確認した時には十分にあったはずなのに・・・。
ご注文のFAXが届くたびに、「嬉しさ」と「ドキドキ」が入り混じった微妙な興奮がオフィスに漂います。

先月はサプリメントの売上があまり振るわず、「世界同時不況の影響は、サプリメントにもあるのかねぇ・・・」と社内で話し合っていたのですが、月があけると全く状況が変わってしまいました。

何故なのかはよく分からないのですが、「景気がどんどん悪化し、年金や健康保険制度の崩壊が真剣に懸念される中、真面目に健康管理に取り組む方が増えているのではないか?」と考えています。
この秋から、「不誠実なサプリメントを見破るための知識武装」のための資料を、お医者様にご提供しているのですが、先生方や患者さん達からのご評価がとても高いのです。

真剣に、健康管理に役立つサプリメントを検討した結果、当社が選ばれているだとすれば、とても嬉しいことです。
でも、品薄でご迷惑をおかけする、お客様には大変ご不便をお掛けすることになります。本当に申し訳ございません。(田)

「コラーゲンでお肌プリプリ」は、気のせい!?


寒くなると、鍋がおいしくなってきますね。
私の家でも、今年もすでに何回か鍋をやりました。

最近、スーパーの鍋コーナーに行くと、食材と一緒に並べてあるのが「コラーゲン鍋の素」なるもの!!

今年から流行してきたようです。

でも、このコラーゲン鍋。

お肌がプリプリになると期待していませんか??

そんな方には驚きのニュースがありました。
 「コラーゲン鍋は肌にいい」は真っ赤なウソ! (ゲンダイネット)
 
「コラーゲンは、美肌にいい、ツルツルになる――なんていわれるが、実はコラーゲン鍋を食べたところで、美肌にはならない。食べるコラーゲンが直接、人体のコラーゲンの補給になるわけではないのである。」とバッサリと切り捨てています。

確かに、コラーゲンは体に吸収される際には、アミノ酸になるので、そう都合よくコラーゲンになるはずはありません…。

また、以前にも
300億円「コラーゲン市場」のウラ

という記事でも、「コラーゲンを食べても、肌のコラーゲンにはならない!」ことを、詳しく紹介しています。


コラーゲンに関しては、まだ、わかっていない部分もあるのですが、少なくとも、摂取したコラーゲンが、そのままコラーゲンになって、お肌がプリプリになるわけではないことは、生化学の教科書にも載っている事実です…。


お肌がプリプリになりたければ、しっかりとタンパク質(アミノ酸)を食事から摂取して、コラーゲン生成を助けるビタミンCを補給する方が近道です。

お鍋を食べて、翌朝、お肌がプリプリになったという話はよく聞きますが、それは、お鍋の具や出汁に溶けだしたタンパク質が補給されたことが理由だと思います。

(井)

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

抗酸化物質って??

アンチエイジング(抗加齢)では、「抗酸化物質」を意識して摂取して、活性酸素に対抗しましょう!!
と言われます。

でも、そもそも、抗酸化物質ってなんだっけ??

という質問を受けることがありますので、ここで再確認しておきましょう。

一言で言ってしまえば、「活性酸素に対抗する物質」ですが、せっかくなので、「活性酸素」も含めて、もう少し詳しくご紹介します。


私たちの体内では、さまざまなストレスにさらされたり、 激しい運動を行った際に「活性酸素」が発生します。

また、呼吸をするだけでも、体内に取り入れた酸素のうち、2~3%が活性酸素になるとも言われています。

さらに、活性酸素は、紫外線や大気汚染、農薬、食品添 加物、タバコなどの様々な条件でも発生します。

これらの活性酸素を放置しておくと、体は細胞レベルで様々なダメージを受け、その結果、老化やシミやシワなどのほか、ガン・動脈硬化・糖尿病・老人性痴呆・白内障 といった病気の引き金にもなるといわれ、実に、生活習慣病の90%に活性酸素が関係しているとも言われています。

「老化の原因は活性酸素である」という学説もあります。



一方、私たちの体には、活性酸素の害を防ぐためのシステムも備わっています。

その働きの中心となるのは、「抗酸化物質」と呼ばれるものです。抗酸化物質には、脂溶性ビタミン、水溶性ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなど、様々なものがあります。

その中でも、ビタミンC、ビタミンE、CoQ10、セレン、カテキン、ベータカロテン、フラボノイド、亜鉛、マンガンなどは、優れた抗酸化物質として知られております。

これらの栄養素は、ともに助けあう性質を持ち、上手に組み合わせることで、相乗効果を期待できます。

抗酸化物質を補給する際には、単体で、大量に摂取すればよいというものではなく、それぞれの働きを踏まえ、バランスよく組み合わされていることが大切なのです。


食べ物をバランスよく食べましょうというのは、こんなところにも理由があるのです。

(井)

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ヘム鉄パワー☆

今年も残すところあとわずかとなりました
何だか寂しい思いと来年に向けてわくわくする思いが
あります。

本日は、好評いただいております弊社サプリメント
「ヘム鉄」の話をしたいと思います。

本当に女性に喜ばれるサプリメントのようで、
またまた、嬉しい声を聞きました☆

よくお聞きしますのが、「精神面」でのことです。

私もでしたが、本当に驚くほど憂鬱感やイライラなどを感じにくくなりました。

男性はクリスマスも近いですし、女性にこの「ヘム鉄」プレゼントしたら
 いいと思います。
男性もニコニコ、女性もニコニコ、仲良くなれること間違いなしです!と私は思います☆

さて、話は戻ります。

私の友達で
「とにかくイライラするし、病気ではないかと思うくらい落ち込むんだけど・・・」
と深刻に相談をうける位に酷かった子がいます。
その子が、驚くほど
すごく調子がよくなったというのです。
「今までが信じられない!」とまで・・

よく言われる精神的な不安定は
鉄欠乏なのではないかと真剣に考えてしまいます。

しかも・・・
「続けて飲む!絶対飲むよ!」とのことです。
もちろん、続けて飲むことが大事です。
※続けて飲むことは大事ですが女性の周期に合わせて調整して飲むといいと思います。

しかし、「ヘム鉄」の成分内容をよくわかっている私はこの
お値段でも安いと思うくらいですが、やはり値段が・・・という声も
お聞きするので心配です。

そうしたら・・・
「化粧品のランクを落としてもいいから「ヘム鉄」のむ!
精神面で救われるならね!」
とのことです。
そこまで言わせる、実感させる「ヘム鉄」のパワーってすごいなって
思いました。

ぜひ、皆さんにお試し頂き実感して頂けたらいいなと思います。

(ナ☆)

テーマ:心身の悩み解決厳選情報 - ジャンル:心と身体

なぜ天然のビタミンCを使っているの??

ビタミンCは、とても有名な栄養素で、弊社にも、天然ビタミンCに関する質問もよく頂きます。

今日も、「なぜ天然のビタミンCを使っているの??」
という質問を頂きました。

そのお客様にお答えした内容をまとめてみました。


ビタミンCは、抗酸化作用、コラーゲン生成などに働き、サプリメントでも、最も利用されている栄養素の一つです。

ビタミンCは、天然と合成では、化学式は同じであるため、効果は同じであるという考え方もあります。

しかし、合成ビタミンCは、ジャガイモやトウモロコシなどの糖分を原料に、工場で化学反応を経て作られます。

合成のビタミンCは、安価で、大量に生産できるため、現在では、ビタミンCの多くがこのように作られています。
※2008年現在、世界中の合成ビタミンCは中国の工場で作られています。ごく一部はスコットランドの工場です。国内産はありません。


一方、アセロラ、チェリー、カムカムなど、ビタミンCが豊富な果物から作られる天然原料由来のビタミンCは、原料を混合して、乾燥、粉末化させただけのものです。

どちらが、自然の食品に近いかといえば、一目瞭然です。

また、天然の原料の場合、合成原料ではありえない、天然由来原料の特徴ともいうべき、「有用な」機能性成分が入っています。

たとえば、ビタミンCの吸収を助けたり、抗酸化作用の高い「ケルセチン」や、ブルーベリーで知られる抗酸化物質の「アントシアニン」も含まれており、ビタミンCと相乗効果が期待されます。


世の中にビタミンCのサプリメントは数多くありますが、「天然由来のビタミンC」だけで作ったビタミンCサプリメントは大変貴重で、その分高価になります。


また、ビタミンCをサプリメントとして作る場合には、一緒に配合する栄養素も重要です。

ビタミンCのサプリメントではビタミンCの吸収を助け、体内で十分機能を果たす上で欠かせないヘスペリジン(ビタミンP)が適しています。

ヘスペリジンは、柑橘類に多く含まれるポリフェノールの一種で、ビタミンCの働きを助ける以外にも、毛細血管の強化、血中コレステロール値の改善効果、血流改善効果、抗アレルギー作用、発ガン抑制作用などがあるといわれています。



というようなお返事をさせていただきました。


そのお客様も、ビタミンCの大切さはよくご存じで、今まで薬局でビタミンCを買って飲んでいたそうです。

これからは、「薬局のビタミンCとアセロラチェリーを上手に組み合わせてみる」と、おっしゃっていました。

(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

お客様からの嬉しいお声です!

先日、お客様からのご注文の電話を受けたときに、

「1年前の今頃と比較すると疲れにくくなったよ」
「肌の調子が良くなって、オシャレをしようって気持ちになってきました」


と、とても嬉しいお声を聞くことができました。

肌の調子が良くなってオシャレをしてみようって前向きな気持ちになれた事はとても素敵な事で、同じ女性として大変嬉しく思います。

このお客様はマルチビタミン&ミネラルを愛用していただいています。

サプリメントはお薬とは違うので、「こんな症状が治る」という速攻性はなかなか感じられにくいのですが、こちらのお客様のように「疲れにくくなった」とか、「肌の調子が良くなった」、「風邪を引かなくなった」など感じるようになると皆様、サプリメントのお陰かしらと思っていただけるようです。

私も今年1年、風邪で休んだ日は1日もありません。

以前は年に数日、確実に風邪でお休みしていました。

今年も残すところあとわずかですが、体調を崩す事なく乗り切って、いい年明けを迎えたいと思います。

皆様も、本格的に寒くなってまいりましたのでお身体お大事にしてくださいね!

 (マ)

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

アロマテラピー検定1級、無事合格しました。

11月に受けていたアロマテラピー検定1級ですが、
昨日、合格通知が届きました!!

良かった―!!

本当に安心しました。

学校や教室にも通わず、指定のテキストすら買わずに、参考書と問題集だけのまったくの独学だったのと、試験直前にはバタバタとしていて、1週間はほとんど勉強ができなかったので、心配していましたが、結果オーライです。

合格した今だから言えるけど、たぶん満点だったのではないかと、ひそかに思っています。(笑)


次は、2月に講習があって、そこに参加すれば、
はれて「アロマテラピーアドバイザー」ということになります。


サプリメント&アロマテラピーアドバイザーへの道は近い!!

(井)

テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット

何を飲もう?(井)の場合。

スタッフの飲んでいるサプリメントの話題が続いているので、(井)のケースもご紹介します。

私も、(田)と同様に、自分の意志でサプリメントを選ぶ余裕はなく、通常のパッケージ商品を飲む機会は少ないのが現状です。

お客様用にお作りしたフルカスタムのサプリメントや、お医者様向けに「クリニック・カスタム」のサプリメントの「人間モルモット2号」となり、いろいろと飲んでいます。

他にも、製品開発担当としては、
いろいろな原料メーカーから届けられる新素材を試してみたり、
海外で新しく開発され、話題になっているけど、まだ、日本では発売が許可されていないような素材やハーブ。時には、本当に効果あるの??怪しくない??
というものまで、個人輸入で取り寄せては、せっせと試しています。


ただ、いろいろ合わせて飲み過ぎているので、どのサプリメントが効いているのか分かり難いのが、最近の悩みです(笑)
トータルでは、非常に体調は良いです!

ちなみに、私の家族が、日常愛用しているのは
サプリメント評議会でも評価を受けた「プレミアムビタミン&ミネラル」
ヘム鉄、グアガム、コラーゲンサポート、亜麻仁油をベースに、たまにデトックスサポート。
※グアガムは、毎日の味噌汁に混ぜています。

体調を崩した時には、アンチオキシダントや、海外製のB100(ビタミンB群100mg!)、ビタミンC1000mg(タイムリリース)。
疲れた時、目が冴えてしまう時には、メラトニン、5-HTPなどを利用してます。

(井)

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

何を飲もう?(田)の場合

何日か前に、「当社のスタッフがどんなサプリメントを飲んでいるのか?」についてのコメントがありました。
サプリメントを作る会社をやっていると、「で、あなた自身はどんなサプリメントを飲んでいるのですか?」という質問を受けることが多いです。

実は、私はあまり自分の意志でサプリメントを選ぶ余裕がないことが多いです。
というのは、お客様用にフルカスタムのサプリメントを作ったり、お医者様向けに「クリニック・カスタム」のサプリメントを作ると「人間モルモット1号」は私だからです。

出来あがったカスタムサプリメントを暫く試飲して、どんな感じかを自分で体感してみる必要があるので、あまり通常パッケージのサプリメントを飲む機会は多くないのです。
なので、どんなサプリメントを飲んでいるのですか?というご質問に対する答えは、「日によっていろいろです。」となります。

ただ、個人的に好きなのは「プレミアム・ビタミン&ミネラル」に「メモリー・サポート」の組み合わせ。特に疲れたり、体調が思わしくない時には、これに「スーパー・アンチオキシダント」を加えます。あと、花粉症の季節には「亜麻仁油」ですね・・・。

ところで今、社内ではある方からのリクエストで「すっごいサプリメント」の設計作業が進んでいます。これは、良いですよ!う~ん、試作品ができるのが楽しみです。(田)

テレビ放映

先日撮影してきた、テレビ番組の放送予定時間が決まりました。
CSの「ゴルフネットワーク」にて、12月5日午後9時から放送の「石渡俊彦のファンクショナルゴルフ」に、ほんのちょっとだと思いますが登場予定です。

どんな姿で映っているのやら、楽しみな様な、恥ずかしい様な、微妙な感覚です。(田)


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。