知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄養セミナーまだまだ予約受け付けております!

まだまだ寒い日が続きますね。
朝起きると、だいたい10℃くらいです。
本当に寒い!!
ずっとそう思っていました!
朝から、2~3℃なんていう日は・・・・・
辛い、辛~い寒さになります。
が、長野県のお客様と
お話してびっくりしました!
なんと、マイナス8℃!!!
静岡で寒いなんていっていたら
どこへも出かけられませんね。

さて、2月19日(木)のセミナーですが
続々と参加したいというお電話が入って
います!
まだ、予約は受けておりますので
どしどしご応募ください。
お待ちしております!

第10回 サプリメントセミナー開催
「ヘルシーパス史上初!自社製品の解説を行います」
 . . . 今まで、やってなくてスミマセン . . .

いつもお世話になります。今までの勉強会では、いろいろな栄養素が
私達の体の中でどのように働いているのかについてお伝えしてきました。
お客様には「面白くて勉強になる!」とご評価を頂いていたのですが、
先日ある方から「一度きちんと商品の解説を聞きたいですね。」と言われて、
今までヘルシーパスのサプリメントが、どのように設計されているのかについては、
ほとんどお話していないことに気がつきました!うっかりしてました!
今まで、やってなくてスミマセン!

というわけで、当社の勉強会としては初めて、
「それぞれのサプリメントにどのような想いを込めて設計したのか」
について、お伝えする場を持ちたいと考えています。
ご参加お待ちしております。 (田村)

【講師】  
株式会社ヘルシーパス
代表取締役 田村 忠司
【日時】
 平成21年2月19日(木)
 午後2時30分 ~ 午後4時
【会場】
 静岡市葵区栄町2-10 1192ビル   
 8Fセミナールーム
 ※㈱ヘルシーパスの上階です。                 
 当社専用の駐車場はございませんが、  
 ビルの隣に有料駐車場がございます。



■お問い合わせは・・・
株式会社ヘルシーパス
静岡県静岡市葵区栄町2-10 1192ビル3F
http://www.healthy-pass.co.jp
ご予約は・・・
 フリーダイヤル
 ☞ 0120-797-464   
    (FAX: 054-255-1188) 
 受付時間
 9時~18時(土日祝日は除く)

お気軽にお問わせください。
お待ちしております!

スポンサーサイト

テーマ:生活に役立つ情報 - ジャンル:ライフ

花粉症・アレルギー対策の栄養素 その1

環境省の発表では、今シーズンのスギ・ヒノキ科花粉総飛散量は、関東、東北地方では例年並みかやや多く、東海から九州地方では一部を除いて多いかやや多くなると予測されており、飛散開始時期は、例年並かやや早くなると予測されているそうです。

花粉症のシーズンは、いよいよです。

そんな花粉症に対抗するための情報をご紹介します。


花粉症やアレルギーをマイルドにするための栄養素として、一番のお勧めはオメガ3系の脂肪酸です。

オメガ??と言っても、あまり、なじみのない方も多いかもしれませんが、オメガ3系というのは、油の種類の一つです。

ざっくりと分類すると、私たちが普段摂取している、「食品から摂らなければならない油」には、オメガ3系とオメガ6系があります。

そのうち、オメガ6系の脂肪酸は、リノール酸、アラキドン酸があり、
リノール酸は、コーン油、紅花油、ひまわり油や、いわゆるサラダ油に多く含まれており、
アラキドン酸は、牛肉、豚肉、鶏肉などに含まれています。


一方、オメガ3系の脂肪酸は、
EPA、DHAなどの魚油や、α-リノレン酸があります。


私たちが普通に生活していると、摂取する脂肪酸は、オメガ6系の脂肪酸ばかりになっており、このオメガ6系の脂肪酸とオメガ3系の脂肪酸の摂取バランスが、アレルギー症状を悪化させているといわれています。

そもそも、免疫細胞が、体を外敵から守るために分泌する物質(外敵を攻撃するための化学兵器)は、私たちが食べる脂質を原料に作られます。

近年のアレルギーの症状の悪化には、アレルギーの原因となる花粉や化学物質などのアレルゲンが増えたことも大きな原因ですが、摂取する脂肪酸(オメガ6系とオメガ3系)のバランスが悪くなっていることも影響しています。


オメガ6系の脂肪酸と、オメガ3系の脂肪酸から作られる生理活性物質は作用が異なり、オメガ6系脂肪酸であるアラキドン酸から作られる生理活性物質は、免疫反応を激しくする他、動脈壁にプラークを作り、血栓を形成し、心血管系の病気を増やし、発がんのリスクを高めるとも言われています。

一方、オメガ3系脂肪酸であるEPAからは、炎症、アレルギーを抑制する生理活性物質が生成されます。


少し、難しくなったかもしれませんが、簡単に言ってしまえば、
オメガ6系脂肪酸をたくさん摂っている場合には、アレルギー反応は激しくなり、
オメガ3系脂肪酸であれば、アレルギー反応はマイルドになると言えます。


では、どうしたらこのアンバランスを解消でき、アレルギー反応をマイルドにできるのか?
というと、摂取するオメガ6系脂肪酸(動物性脂肪、リノール酸など)を減らすことが根本的な解決方法です。

でも、現代人にとって、オメガ6系の脂肪酸が多く含まれる肉や、加工食品、ファーストフードを全く利用しないというのは、食生活の大幅な変更を伴い、なかなか難しいと考えられます。

そこで、現実的な方策として、摂取量が不足しがちなオメガ3系脂肪酸を意識して摂取することで、脂肪酸のバランスを整える方法があります。

オメガ3系脂肪酸を含む油や食品(亜麻仁油、しそ油、えごま油、魚油)を意識して摂取するのです。

花粉症の時期には、晩御飯のおかずを、肉よりも魚を増やすと良いかもしれません。


次回は、アレルギー対策に役立つビタミンやミネラルについて、紹介します。

(井)

テーマ:花粉症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

狛犬 冬・・・

久しぶりに、日本そばを食べに会社の近くのお蕎麦屋さんに行った所、

冬の狛犬


昨年のクリスマスにサンタになっていた狛犬が、ニットの帽子とマフラーで、防寒対策をしていました。
やっぱり、ちょっと怖いかも・・・(田)

サプリメントをどんな時に使いたいのか?【お医者様の場合】

弊社では、お医者様が、サプリメント(栄養素)を、どんな疾病や症状に使いたいと考えておられるのかを知りたいと思い、アンケートを行っています。

その結果、次のようなものが挙がってきました。

老化防止
冷え性
美容(シミ・シワ・タルミ)
デトックス
口内炎
便秘・下痢
花粉症・アレルギー
味覚異常
不定愁訴    などなど

これらの疾病、症状は、実際に、お医者様が患者様から要望を受けていることのようです。

私は、もっと一般的な病名などが挙がるかとも思ってきたのですが、意外と「普通のお悩み」が多いようでした。
※重篤な疾病の場合、医薬品や治療法が確立しているということかと思います。

逆に、上記のような疾病、お悩みは、栄養素の補給で、解決できる可能性が十分にあるもので、サプリメントを、お悩み解決に役立てやすいものとも言えます。

しっかりと調べて、お医者様にご案内できればと思っております。

(井)

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

抗加齢医学合宿の講師

来る3月13日(金)から15日(金)に、北海道のキロロ・スキー場で、「札幌アンチエイジング・クラブ」という、抗加齢医学の合宿が開催されます。
40人限定の小ぢんまりした規模で先生方が集まり、抗加齢医学についてみっちり勉強と意見交換を行おうという、とても濃~い集まりです。
合宿のご案内は、下記のアドレスです。
http://www.mediproduce.jp/info/seminars/index.htm

なんと、光栄なことに私もこの合宿の講師役で参加させていただくことになりました。
他の講師の先生方が立派な方々なので、「本当に田村で良いのか?」と感じているのですが、
  ・不誠実なサプリメントを見破る知恵
  ・きちんと患者さんにサプリメントを理解していただくノウハウ
  ・フルカスタム・サプリメント設計の実際

などをお話して、他の先生方からのご意見をお聞きし、良い勉強の機会にしようと考えて、参加することにしました。

3日間も使って、わざわざ北海道のスキー場まで抗加齢医学の勉強の為に出かけるわけですから、熱心な先生方が集合されると予想されます。
どんな症状の患者さんには、どんな対応をしてあげるべきか?という「アンチエイジング臨床例検討」のコーナーが私の出番なのですが、事務局の方によると、少人数の合宿ということで、「講師と参加者が一緒になって議論しあう場面が頻繁に起こるでしょう」とのこと。

今から、どんな合宿になるのかとても楽しみです。(田)


テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

手軽な風邪・インフルエンザ対策はミカン!

今日、近所の小学校がインフルエンザで学級閉鎖になったということを耳にしました。

いよいよ、インフルエンザが身近に迫ってきたと感じています。
私は、せっせと、1日に何回もビタミンCを飲んでいます。



さて、風邪やインフルエンザに対する栄養摂取面での具体的な対策は、バランスのよい食事で栄養素をしっかり摂ることに加えて、ビタミンCの多い果物を摂ることです。

今の季節、手軽に食べられる果物といえば、ミカンなどの柑橘類ですが、
ミカンには、ビタミンCと、ビタミンCの効果を高めるヘスペリジンのほか、ベータカロテンも豊富に含まれています。

ビタミンCは、風邪予防で有名ですが、NK細胞の活性化、ウイルスの不活性化、インターフェロンの産生促進、抗体産生促進作用があります。


ベータカロテンは、体内でビタミンAに代わります。

ビタミンAには、粘膜の構造保持、粘膜分泌機能の保持という生理機能があり、ビタミンAの欠乏で、粘膜が弱くなり、風邪を引きやすくなるといわれています。


風邪予防でミカンを食べるときには、コツがあります。

ビタミンCの吸収を助ける「ヘスペリジン」は、みかんの実の部分よりも皮や袋、スジに多く含まれています。さすがに、皮は食べられませんが、袋やスジは、一緒に食べたほうが良いと思います。

(井)

テーマ:インフルエンザ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ちょ~快適な理容店

当社は、主としてお医者様にサプリメントを供給しているのですが、数少ない例外として、スタッフの健康管理やお客様へのサービス向上に熱心な、理容店(床屋さん)や美容室のオーナーさんに、食育のお手伝いをさせていただいています。スタッフ向けの勉強会の講師を務めたり、お客様に集まっていただくイベントに、ゲスト参加したりしています。

理容店や美容室のスタッフは、朝早くから夜遅くまでの立ち仕事で、食事も不規則になりがちなため、体調を崩しやすい職場環境に置かれています。
食事や栄養の摂取方法の知識を増やすと、スタッフの健康度が上がり、お客様へのサービスレベルも向上するということで、とても喜んでいただくことが多いです。

そんな関係にある、超こだわりの理容店に先日お邪魔し、時間の余裕があったので自分の髪を切っていただく事にしました。
まずは毛根と頭皮を拡大して観察しながら、どのようなヘアケアが私に合っているかをアドバイスしてくれ、更にその日に使用するシャンプーにどれを使用するかを相談するところからスタート。

いろいろな大会で賞を取っておられる方なので、カットの技術はもちろん素晴らしいものでした。ひげを剃ってもらうのも、今までに無いくらい快感!眉もハサミできちんと整えてくれます。

最も感動したのは、シャンプー。
単にごしごし洗うのではなく、毛根の中の汚れや余分な皮脂をきちんと取り除くために、得も言われぬ快適さでマッサージしながら、頭皮を洗ってくれます。今までで最も気持ち良いシャンプーだったかもしれません。
残念なのは、今回は出張の途中だったので、毎回このお店で髪を切ってもらうことが出来ないこと。近所にお住まいの方はうらやましい限りです。(田)

お邪魔した理髪店さんは、相模原市星ヶ丘の「トータルサロン スガ」さんです。
http://suga.bestsalon.jp/

風邪・インフルエンザ予防に役立つ栄養素

今朝、取引先の担当者に電話したら、いつもと声が違いました。
どうやら、風邪をひいてしまったとのこと・・・。

弊社のスタッフや家族では体調を崩している人がいないので、あまり感じませんでしたが、どうやら世の中、風邪やインフルエンザが流行っているようです。

国立感染症研究所の調査によると、最近全国からのインフルエンザ患者の報告数が急増しており、近く全国的な流行が始まりそうなことが分かったそうですので、気をつけなければいけませんね。

さて、そんな中、今日は、風邪やインフルエンザ予防に役立つ栄養素のお話をさせていただきます。

風邪やインフルエンザに罹らないために、日頃から免疫システムが正常に働くようにしておくことが大切なのはご存じのとおりです。

私たちの免疫システムの強化に役立つ栄養素には様々な種類があり、その対策方法で次の3つに分けることができます。

1.のどや鼻の粘膜の働きを高める細菌やウイルスの侵入口であるのどや鼻の粘膜の働きを高めておくことで、侵入を防ぐことができます。

ビタミンA」には、粘膜の構造保持、粘膜分泌機能の保持という生理機能があり、ビタミンAの欠乏で、粘膜が弱くなり、風邪を引きやすくなるといわれています。

ベータカロテン」は、体内で必要に応じてビタミンAに変化し、また、強力な抗酸化作用もあるので、栄養素としてはベータカロテンとしての摂取がお勧めです。

2.免疫機能を高める抗原抗体反応、菌を食べて破壊する貪食細胞、ウイルスに感染した細胞を破壊するキラー細胞など、体内の免疫システムは、チームとして体を守っています。

免疫機能を高める栄養素には、NK細胞の活性化、ウイルスの不活性化、インターフェロンの産生促進、抗体産生促進作用のある「ビタミンC」。
抗体の合成にかかわり、免疫機能を正常に保つ上でも欠かせない「ビタミンB6」。
抗ウイルス活性、食細胞、リンパ球の活性化に役立つ「亜鉛」。
白血球の増殖を促進し、細菌貪食能を向上させる「セレン」。
白血球の働きを高める「CoQ10
があります。

3.活性酸素の害を防ぐ
免疫機能の武器はおもに活性酸素ですが、調整がうまくいかずに過剰に活性酸素を放出してしまうと、自身を傷つけてしまうことになります。

そのため、活性酸素に対抗する抗酸化物質は免疫機能の維持にもとても重要です。  

例えば、免疫の中心となる白血球は、抗体の生産や食作用に使う活性酸素から自身を守るために十分な「ビタミンC」を必要とします。
ビタミンCの豊富な白血球は、より多くの細菌を貪食できるといわれています。

また、抗酸化酵素(SOD)の構成成分となる「亜鉛」「マンガン」。
免疫細胞を活性化するといわれるラクトフェリンや、抗酸化酵素の構成成分となる「」。

その他、「ビタミンE」「セレン」「CoQ10」「フラボノイド」も抗酸化作用を持っています。

風邪予防には、様々な栄養素が役立ちます。

ビタミンCやベータカロテンなどを、意識的に多めに摂るとともに、ベースの栄養素(マルチビタミン)もいつもより多めに摂っておくとよいと思います。

(井)

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

サプリメントセミナー案内☆

一昨年より続いておりますセミナーのご案内です!

第10回 サプリメントセミナー開催

「ヘルシーパス史上初!自社製品の解説を行います」
 . . . 今まで、やってなくてスミマセン . . .


いつもお世話になります。今までの勉強会では、いろいろな栄養素が
私達の体の中でどのように働いているのかについてお伝えしてきました。

お客様には「面白くて勉強になる!」とご評価を頂いていたのですが、
先日ある方から「一度きちんと商品の解説を聞きたいですね。」と言われて、
今までヘルシーパスのサプリメントが、どのように設計されているのかについては、
ほとんどお話していないことに気がつきました!うっかりしてました!

今まで、やってなくてスミマセン!
というわけで、当社の勉強会としては初めて、
「それぞれのサプリメントにどのような想いを込めて設計したのか」について、
お伝えする場を持ちたいと考えています。

ご参加お待ちしております。 (田村)

【講師】  
株式会社ヘルシーパス
代表取締役 田村 忠司

【日時】
 平成21年2月19日(木)
 午後2時30分 ~ 午後4時

【会場】
 静岡市葵区栄町2-10 1192ビル   
 8Fセミナールーム

 ※㈱ヘルシーパスの上階です。                 
  当社専用の駐車場はございませんが、  
  ビルの隣に有料駐車場がございます。


■お問い合わせは・・・
株式会社ヘルシーパス
静岡県静岡市葵区栄町2-10 1192ビル3F
http://www.healthy-pass.co.jp
ご予約は・・・
 フリーダイヤル
 ☞ 0120-797-464   
    (FAX: 054-255-1188) 
 受付時間
 9時~18時(土日祝日は除く)

お気軽にお問わせください。
お待ちしております!

(ナ☆)

テーマ:生活に役立つ情報 - ジャンル:ライフ

アロマテラピーについて

昨年12月に「アロマテラピー検定」を受けました。

せっかくなので、このブログでも「アロマテラピー」について、紹介していきたいと思います。


アロマテラピーは、精油(エッセンシャルオイル)を利用して、心や体のトラブルを穏やかに回復し、健康増進や美容に役立てていこうとする自然療法のことです。

私が、検定を受けた「社団法人日本アロマ環境協会」では、アロマテラピーを次のように定義しています。

・アロマテラピーは、精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法である。
・アロマテラピーの目的は、以下の通りである。
 1.リラクゼーションやリフレッシュに役立てる。
 2.美と健康を増進する。
 3.身体や精神の恒常性の維持と促進を図る。
 4.身体や精神の不調を改善し、正常な健康を取り戻す。


アロマテラピーは、病院や歯医者さんでも取り入れられ、リラックス効果、空気の浄化や感染症予防に役立てられています。

精油の香りは、香りの分子が鼻の奥に入り、信号として嗅覚神経を介して、脳に伝わります。脳に直接伝わるので、すぐに、リラックスできたり、集中できたりとするわけです。

また、精油の成分は、皮膚表面から真皮に吸収され、毛細血管から全身の循環に乗って運ばれたり、呼吸とともに、肺の肺胞から血管系に入って、血流にのって全身に作用します。そのため、アロマテラピーは、代替医療としても注目されており、炎症を抑えたり、筋肉痛の緩和など、様々な用途で利用されています。


私も、アロマテラピーを勉強し始めてからは、自宅で本を読んだり、勉強するとき、また、仕事中でも、ローズマリーの精油を使って、集中力、記憶力アップに役立てています!

ちなみに、家では、夜寝る時に、ラベンダーでリラックスしています。

(井)

テーマ:アロマ・リラクゼーション - ジャンル:ヘルス・ダイエット

あけましておめでとうございます☆

新春を寿ぎ、ご挨拶申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


皆さんはお正月をどう過ごされたでしょうか。
私はありきたりですが家族みんなが揃い
紅白をみて年越しそばを食べ、のんびりと過ごしました。
そういう、穏やかで、家族みんながそろい、
元気でいることが幸せなんだなぁとつくづく思います。

私の家族は弊社サプリメントを愛用しているので
その、サプリパワー☆とでもいうのでしょうか。
今のところ風邪をひいていません!
どうやら、サプリメントを飲みはじめる前に比べると
風邪をひきにくくなっているようです。

※サプリメントは薬ではないので即効性はあまり
ありませんが、予防として飲むには
続けて飲むことがとても大事なのです。

さて、私の今年の目標は・・・

今まで以上に栄養の勉強をし、
サプリメントアドバイザーの資格を取る!
そして、皆さんのよき相談役になれれば本当にうれしいです。


去年より続けている、
字の練習・バランスボール運動を継続すること!です


また、内面的なことを言えば、
去年知った言葉でとても心をうたれた言葉がありました。
ある野球監督の言葉です。

「消極的な成功よりも積極的な失敗を!」

今まで、どうしても守りに入ってしまう私は
今一歩踏み出せずにいました。
今年は何事にも積極的に挑戦していきます。
この言葉は仕事以外でも色々なことで、
それぞれに思うことがあると思います。
ぜひ、皆さんも失敗を恐れず挑戦していって
ほしいと思います。

皆さんにとって健やかで幸多き年でありますように
心よりお祈り申し上げます。

(ナ☆)

テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

新年のご挨拶

新年 あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

当社は本日から始動しています。 

スタッフ全員で静岡のローカルな電車に乗って「護国神社」に初詣に行ってきました。
お財布に5円玉がなかった為、50円をお賽銭にして願いを込めてお祈りしてきました。
願い事を話してしまうと叶わない気がするので秘密ですが、皆さんと同じ事を祈ってきたと思います。

この神社でおみくじを引きました。

な、な、な、なんと大吉!! 
ここ何年も大吉を引き当てていなかった為、とても嬉しく1年の仕事始めに縁起がいいし、私の気分もテンションも上がっていいスタートが切れました。

今年は私事ですが、30歳になります。

今まで生きてきた中でひとつの節目の年だと考えています。 
今年の抱負は「挑戦すること」です。
以前からやってみようと思っていたことを行動に移す!!

仕事面では栄養についての勉強として本をたくさん読む!
第2ステップとしてサプリメント関係の資格取得をめざす。

プライベートでは、書道とペン字を習いに行き段を取得する。
書道は高校の時に本格的にやっていたので、この機会に復活させたいと思います。

あと、スポーツとして今年はゴルフに力を入れたいと思います。
目指せコースデビュー!!

と今年の私は何事にもアクティブに挑戦していきたいと思います。

その為には、身体が健康でなければいけません。

当社のサプリメントを飲んで心も身体も元気に皆様と今年1年、楽しく幸せに過ごせたらと思っています。

まだまだ未熟な私ですが、これからもご指導のほど宜しくお願い致します。

 (マ)

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記

新型インフルエンザ対策にサプリメントの備蓄を

新年明けましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、正月早々ではありますが、ちょっと物騒な話題を・・・。

昨今話題の脅威といえば、「新型インフルエンザ」。
H5N1型のインフルエンザの中に、猛烈に毒性の強いウィルスが存在し、今は主として鳥の病気だが、時間の問題で人間にも感染する様になると予想されています。

既に、鳥から人間に感染した事例は起こり、過去の実績では感染後の死亡率は60%を越えているようです。

これが、人間から人間に感染するようになり、爆発的に病気が広がる状況が「パンデミック」と呼ばれ、医療関係者の方が恐れている事態です。
政府の予想では、「日本でも60万人位の死者が出る」そうですが、この予測は死亡率を大幅に低く(スペイン風邪並みに)見積もっているため、実際には死者の数が2ケタ増えるのでは・・・と見ている専門家もいるようです。
それって、日本人の10人に1人は死んじゃうかもしれないってこと!!

   ※90年前のスペイン風邪では、世界人口12億の50%が感染し、
    4,000万~1億人が死亡した。
    日本でも人口5,500万人中39万人が死亡した。
              『フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より』

先日、新型インフルエンザ対策のお医者様のミーティングに参加したところ、ミーティングの冒頭から「我々人類は、今、存亡の危機にあります!」という調子でスタート。背筋が寒くなるような、悲観的なシナリオも紹介され、危機感は一気にヒートアップ!
「新型インフルエンザのパンデミックは必ず起こる。いつ起こるかが分からないだけ」なのだそうです。

この新型インフルエンザ「決定的」な予防策は存在せず、「流行したら家から出ないで、やり過ごす」のが最も現実的な対応策とされています。
1ヶ月は家にこもるのが安全とのことですから、今から食料と水の備蓄をしておくのが大切です。

  ※地震の場合は、数日後には救援物資が届くため、
    食料の備蓄は3日分くらいでOKとされていますが、
    疫病の蔓延の場合は自宅待機がもっと長引くと考えられています

その間は、スーパーに行くのも危険なため、新鮮な野菜や果物を口にする機会が少なくなると予想されます。微量栄養素を初めとする栄養状態が悪化すると、免疫力も低下するので、ビタミンやミネラルを補給する手段を用意しておかなければなりません。

新型インフルエンザ対策の食糧備蓄には、是非、高性能のサプリメントを加えておくことをお勧めします添加物タップリの安物はお勧めしません。(田)

明けましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。

本年も、ヘルシーパス、および、このスタッフブログを、引き続きご愛顧ください。

(井)としては、今年のブログは、サプリメントの開発裏話や栄養成分の紹介だけではなく、アロマテラピーに関する記事も、徐々に紹介できたらと思っております。

また、昨年は徹底できていなかった、「早起きして、5分でもよいから読書を『毎日』する!」という目標を再度、掲げたいと思います。

小さいことではありますが、コツコツと続けることに価値があると信じています。

あとは、新たな資格についても、何かを選んで、勉強していきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

(井)

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。