知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もお世話になりました。

弊社は、本日が仕事納めとなります。
新春は、4日からの営業です。

今年一年を振り返ってみますと、先生からのご要望にお応えした結果、
下記のサプリメントを新しく発売することができました。

7月: 亜鉛補給用サプリメント「グルコン酸亜鉛」
8月:レスベラトロール配合の「アンチオキシダント+R」
10月: 歯科専用サプリメント第1弾「ペリオ・サポート」
12月: 歯科専用サプリメント第2弾「インプラント・サポート」
1月:ダイエット用サプリメント「FBプロフェッショナル」
    ※脂肪燃焼をサポートする成分を配合


ヘルシーパス


※これら以外にも、クリニックオリジナルサプリメントも数種類設計から納品しております。

来年も引き続き、栄養療法に熱心な先生方のご希望にお応えし、
新しいサプリメントの開発に注力して参りたいと思っております。

ぜひ、お力添えください。


年末に向けて、ご多忙な日々をお過ごしのことと存じます。
くれぐれもお体を大切に、良い新年をお迎えください。


追伸
今日、社長の(田)の営業の打ち合わせをしていてびっくりしたことがあります。
それは、ちょうど一年前の1月の売上。なんと、今月度の1/3の額でした…。
毎日の発送が忙しいわけです。

(井) 
スポンサーサイト

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

脂肪燃焼サポート素材2 「カテキン」

脂肪燃焼に役立つ栄養素の紹介、第2弾は、「カテキン」です。

静岡県人なら、毎日飲んでいるあのお茶には、脂肪の燃焼をサポートする効果が期待され、
研究も盛んにされています。


■茶カテキン
カテキンは、水溶性の多価ポリフェノールで、緑茶や紅茶の渋み成分です。

国内では、茶カテキンを有効成分として、厚生労働省により「体脂肪が気になる方に」という、機能性を示唆する表示が許可された特定保健用食品が販売されています。


[茶カテキンのダイエット効果]
「肥満とカテキン」に関しては、茶カテキン(約500mg)の8-12週間の摂取で、
体重、体脂肪、ウエスト周囲径、ヒップ周囲径が減少、CT撮影による内臓脂肪面積の減少、
遊離脂肪酸とトリグリセリド値の改善などが報告されています。
(参考:国立健康・栄養研究所 ホームページより)


(井)

テーマ:ダイエット&ビューティー - ジャンル:ヘルス・ダイエット

L-カルニチンの脂肪燃焼のメカニズム・・・

カルニチンの脂肪燃焼での役割
最近、L-カルニチンを配合したダイエットサプリを設計しました。

そこで、「L-カルニチン」について、ダイエットに期待される効果をまとめてみました。


□L-カルニチンの脂肪燃焼での役割
私たちの体は、脂肪や糖分を細胞内の「炉」ともいえる「ミトコンドリア」で燃焼させて
エネルギーを作り出している。

脂肪は、そのままではミトコンドリア内膜を通過することができず、ミトコンドリア内膜
まで、脂肪を運ぶ役割を果たす成分が「L-カルニチン」。(ハーパー生化学)

カルニチンが足りない状態では、脂肪はミトコンドリア内に入ることができず、
体内に蓄積される。

カルニチンは、体内でも合成されるが、その合成量は20代をピークに減少するといわれている。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

NR(栄養情報担当者)研修会に行ってきました。

12月12日(土)、東京で行われたNR(栄養情報担当者)の研修会に行ってきました。

NRは、資格の更新のため、一定の単位が必要で、
単位を取得するための研修会を受講しなければなりません。

今回の研修会では、10時から4時までの長丁場でしたが、なかなか有意義なものでした。

当日のセミナーの内容は以下のとおりです。

・生活習慣病の予防とコントロール
・がんの医療現場における健康食品の現状と課題
・ミネラルの生理機能と相互作用

2つ目の講義の健康食品の現状についてのお話もとても面白かったのですが、
3つ目のミネラルの話は、特に面白く、私も、(田)も、ウンウンとうなずきながら聞いていました。

さっそく、今日からの仕事にも役に立ちそうなネタを仕入れることができました!

(井)

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

歯科専用設計サプリメント 新登場!

ヘルシーパスから、新商品のご案内。

歯科に最適な栄養素の補給を行うための2種類のサプリメント」が新登場です。

インプラント・サポート
インプラント施術後の経過を良好にするために役立つビタミン・ミネラルを強化配合した、歯科専用スペシャル設計のマルチビタミン&ミネラル。
ビタミン・ミネラルは、化学合成品を主原料とした商品と比較して、吸収率が高く、また、体内で長く働く天然原料(酵母由来)を使用しました。

基本的なビタミン、ミネラルが一通り揃っているほか、インプラント施術後の回復をサポートする、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンK、ビタミンC、N-アセチルグルコサミン、COQ10などを追加配合しています。


ペリオ・サポート
体内で協力して働いて、ホモシスティンの濃度をコントロールし、コラーゲンの質の向上に役立つ「葉酸」「ビタミンB6」「ビタミンB12」の3つのビタミンB群を多く配合しています。
これらの栄養素の素材には、化学合成品ではなく、酵母や植物由来のものを使用し、より身体に優しい設計になっています。

お口の健康の維持や、ダメージからの回復をサポートすることが期待されます。



※詳細は、お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-797-464
info@healthy-pass.co.jp

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

医療機関におけるサプリメントの取扱い方セミナー

次の日曜(12月13日)は、当社が主催でセミナーを開催します。
題して
医療機関におけるサプリメントの取扱い方セミナー【法制度編】」。

当社は、医師、歯科医師の先生方にサプリメントをご提供しています。

そんな当社が、先生方から頂くご要望の中で、特に切実なものに、
「医療機関がサプリメントを取り入れようとすると、「薬事法」「医療法」「混合診療の問題」など、法制度の面についての知識を深めたい」
というものがあります。

患者さんのためにと思って教えてさし上げる際に、法律に触れない様に注意するのは当然なのですが、
役所の方が制度を良く理解していないため、実際には全く問題ないにも関わらず、不当な指導を受けてしまうことも多いようなのです。

そのため、不確かな情報が流れ、疑心暗鬼に拍車をかけてしまう状況もあるようです。

そこで、今回は医療を取り巻く法律に詳しい専門家の先生をお呼びし、サプリメントと医療を取り巻く法制度について、「本当の情報」を勉強して頂く場を用意することにしました。
※私(田)自身も、講義を聴くのが楽しみです。

セミナーの詳細は、

【日時】
 平成21年12月13日(日)
 午後 1時半 ~ 3時半(開場 1時)

【講師】 西岡秀樹先生
     西岡税理士・行政書士事務所所長
 一般病院、精神科病院、クリニック、歯科医院、医療法人、

MS法人(メディカルサービス法人)などに対する医業経営コンサルタントを専門に行っている。
   http://www013.upp.so-net.ne.jp/nishioka/

【会場】
 東京都千代田区大手町1-1-2 りそな・マルハビル18階
  TKP大手町カンファレンスセンターEAST ホール2
  電話:03-5218-0090

【参加費】
お一人様、1万円


定員は100名様で、あと20名様分ほどお席に余裕があります。

セミナーの詳細資料は、ヘルシーパスにお電話でお問い合わせください。
 フリーダイヤル:0120-797-464
 E-mail : info@healthy-pass.co.jp


まだ、次の日曜の予定が開いておいでの先生方、ご参加くださることを強くお勧めします。
(田)

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

年末年始の休みの案内

今年も残すところあと僅かとなりました。

皆様も年末に向けて、お忙しい日々をお過ごしと思います。
くれぐれもお身体を大切に、よいお年をお迎えください。

          <年末年始のお休みの案内>

    12月29日(火)から1月3日(日)まで   

   *年内の商品の最終発送日は12月25日(金)です。
    お急ぎの方は、お早めにご注文ください。

   *年末年始期間中は、電話を受けることはできませんが、
FAXではご注文を受付けております。

 

アスタキサンチンと鮭

今日から12月です。
いよいよ、今年も押し迫ってまいりました。

この季節になると、私(井)は、岩手県に住んでいる友人からイクラを送ってもらっています。
今年も、そろそろです(笑)

さて、イクラや鮭と言えば、あの鮮やかなオレンジ色が特徴ですが、
あの色は、抗酸化物質として有名な「アスタキサンチン」です。

■アスタキサンチン(国立健康・栄養研究所より)
アスタキサンチンはカロテノイドの一種で、主にエビ・カニなど甲殻類、サケ・マスの身、タイ・コイの表皮などに含まれる天然色素の一種である。
俗に「悪玉コレステロール(LDL)の酸化を抑制する」、「動脈硬化を改善する」、「糖尿病を予防する」などといわれている。


さて、鮭の赤い身ですが、川を遡上するにつれて、色が変わっていくことをご存知ですか??

元々、川にいるときは白身だった鮭も、海でアスタキサンチンが豊富な餌を食べ、その身にアスタキサンチンを蓄え、身の色もオレンジ色になっていきます。

故郷の川にたどり着き、川に上り始めると、鮭は一切、餌を取らないといいます。
それでも、上流まで泳ぎ着くには、身に蓄えたアスタキサンチンが大きな枠割を果たしているともいわれています。

そのアスタキサンチンですが、メスであれば、イクラのオレンジ色に。
そして、オスの場合には、婚姻色(ブナ)になるといわれています。


産卵の終わった鮭や、川に上っている最中の鮭は、身の色から鮮やかなオレンジ色は消え、薄いピンクや白っぽくなり、鮭には悪いですが、あまりおいしい魚ではなくなってしまいます。

漁師さんは、それでももったいないので、味噌などで濃いめの味を付け、いろいろな野菜を混ぜ、食べています。(チャンチャン焼き)


本当においしい鮭を選ぶ際には、川にのぼってしまう前、沖合で採ったものを選んでください。見た目では、婚姻色の出たものよりも、きれいな銀色の方が、身にアスタキサンチンが残っているため、栄養価も高いし、おいしいです。

※(井)は、学生時代、岩手県に住んでおり、サケの研究が盛んな研究室に在籍していました。


(井)

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。