知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖父母に子供を預けると太る??

私が、情報収集に使っている「国立健康・栄養研究所」のフォーラムでは、
時々、面白い研究報告が紹介されています。

→ 健康・栄養フォーラム

今日は、思わず笑ってしまった研究報告をひとつ紹介します。

子供の世話をする祖父母は肥満リスクを高めている?(英文)

 ロンドン大学チームの大規模調査で、定期的に祖父母に面倒を見てもらっている幼児は過体重になるリスクが高いことが示唆された。

 9ヶ月~3歳の健康児12,000人の分析で、祖父母がフルタイムで世話をする場合は、両親に世話をしてもらうのに比べて過体重のリスクが34%高くなった。また祖父母がパートタイムで世話をする場合は同リスクが15%高くなった。

 一方で、託児所やベビーシッターで世話をした小児は体重問題のリスクが高くなかった。

 BBC発表。出典は『国際肥満学雑誌』



一言でいえば、「じいちゃんばあちゃんに預けられている子供は肥満になる可能性が高い!」
というデータのようです。

よくデータを集めたなあと思いますが、
これって、じいちゃんばあちゃんに預けると、ついついお菓子をあげたり、甘やかしてしまうってことなのかも…。
愛情の現れなのでしょうか…。

託児所やベビーシッターでは、体重問題のリスクが高くならないというのも、面白いですよね。


サプリや栄養素とかあまり関係ないですが、たまには、こんな研究報告もご紹介します。

(井)

スポンサーサイト

はじめまして!ブログ初投稿です!

初めまして。
5人目の登場の (し) です。

実は昨夏から入社していたのですが、文章が下品でブログを書くことを禁止されてました!
というのは冗談でして、メディカル・サービス部を任され、先生方と患者さんの身近で便利なサポート役として、
多忙に日本中のクリニックを訪問させていただいております。

主に、具体的なサプリメンテーションのご提案、マーケティング、サプリメントを医療機関で取り扱う上での法制度面の解釈ご説明、スタッフの方々への栄養療法の説明会、他先生方のご興味あることやお悩みのご解決のお手伝いをしております。

日本中の多くの先生方にお目にかかっておりますので、
ご許可いただいた先生方との交流や、クリニック内のサプリメントディスプレイ、掲示物、販促物、
そして何よりも食べること飲むことが大好きな私ですのでご当地名物などをご紹介して参りたいと思います。

相当な話好き、冗談好き、人を笑わせるのが大好きですので、
他スタッフとは違う、多少不真面目なヘルシーパスの異端児として面白い内容にて更新していきますのでご期待ください!

あっ。仕事内容は、至って真面目!と自負しております。

今後ともよろしくお願いします!

(し)

自由診療実践のセミナー

4月11日(日)に、セミナーを主催することになりました。
お医者様、税理士の先生、私(田)の3人でコラボレーションし、医療機関が自由診療に取り組む際に役立つノウハウをお伝えしようというものです。

このセミナーを開くきっかけになったのは、昨年の12月13日に税理士の西岡秀樹先生をお招きして開催した「医療機関におけるサプリメントの取扱い方セミナー【法制度編】」でした。

西岡先生講義風景
西岡先生の講義風景

このセミナー、年末の慌ただしい中で開催したにも関わらず、100名に迫る医療機関の先生方が、北海道から沖縄まで文字通り全国から集まってくださり、「今日は、目から何枚もウロコが落ちた!」「知らなかったら危なかった!本当に参加して良かった」という、お褒めの言葉を頂戴しました。
セミナーの後には、5点満点でセミナーの評価をして頂いたのですが、お一人3点を付けた方がおられた他は、皆さん4点か5点を付けてくださり、平均点はなんと4.6点!
主催者として、本当に嬉しく感じました。

セミナー終了後、参加されなかった先生方から「年末の忙しい時期で参加できなかった。素晴らしい内容だったと聞いたので、なんとかもう一度開催してもらえないだろうか?」とのリクエストを多数頂戴しました。
が、当社はあくまでサプリメント・メーカーで、セミナー会社では無いため、セミナーを主催するのはどちらかといえば苦手で、なかなかもう一度開催する踏ん切りがつきませんでした。
だって、セミナー開催ってとてもストレスが高いのです。開催当日まで「本当に皆さん集まってくださるのだろうか??」とドキドキなのですから。

そんな中、12月のセミナーで講師を務めて下さった西岡先生、沖縄で自由診療を積極に実践されているお医者様の平良先生と、夕食をご一緒する機会がありました。その折のお話の面白いこと、面白いこと!
西岡先生、12月のセミナーではまだまだ全部を出し切っていなかった様で、5分ごとに「えっ~!そうなんですかぁ!」とびっくりするような情報が飛び出します。
平良先生の自由診療のお話も、「な~るほど、そうすれば患者さんは喜んで集まってくれますねぇ!」と感心するノウハウが盛りだくさんなのです。

そうこうするうち、平良先生から「この3人で一緒に講演やったら、きっと面白いものになりますよ!どうですか!」とのご提案。「それは、面白そうですね!」と西岡先生も乗ってくださり、その場でスケジュールの調整が行われ、4月11日の開催が決まってしまいました・・・。

ものごとが決まる時っていうのは、こんなもの。
というわけで、昨年よりもバージョンアップした形で、自由診療を成功に導くためのセミナーを開催することになりました。

セミナーの詳細は、下記をクリックしてご確認ください。
  セミナー情報詳細はこちら

セミナーの主催は大変ですが、今から講演を聞くのがとても楽しみです・・・って、今回は私もプレゼンするのでした。お二人の先生のお話に負けない様にするには、こちらの準備も大変だぁ!
(田)


DHAサプリメントで子供が集中できる??

NR(栄養情報担当者)の認定を行っている国立健康・栄養研究所では、
海外で発表された栄養に関する論文の情報を定期的に紹介しています。

最新健康・栄養ニュース:むく鳥通信(健康栄養篇)


2月8日に、とても興味深い発表があったので、ご紹介します。

DHAが、子供の集中維持に役立つかも?という記事です。
最近の切れやすい子供は、DHAが不足していることが原因かもしれません…。




DHAサプリメントは健全な少年が持続的な注意集中をする間、前前頭皮質活性化を増加させる
2010.2.8 , PubMed より:
シンシナティ医科大学チームによる、プラセボ対照用量範囲fMRI研究。

8~10歳の健康な少年33人を8週間、DHAサプリメント(400mg/日)(1200mg/日)摂取群、プラセボ群に無作為割付けし、持続的な注意集中試験の開始時と終了時の皮質活性パターンをfMRI で測定した。

食事のDHA摂取と、赤血球DHA成分の付随された上昇は、少年が持続的な注意集中をする間の、皮質注意集中ネットワーク内の機能的な活性変化に関連していた。 (論文要旨


この論文だけで、DHAを飲んだ方がよいとお勧めするのは、まだ早いと思います。
※NR(栄養情報担当者)の勉強では、論文は疑う!ということを教えられます(笑)

ただ、過去のDHAに関する論文を見ていると、「可能性はあるかも!」と思えます。


我が家でも魚の摂取量を増やさねば!!と思った研究発表でした。

(井)

テーマ:エビデンスサプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ミネラル不足が深刻化!

本日の業界紙の特集に「ミネラル」がありました。

昨年発表された平成20年国民健康・栄養調査結果によると、日本人は依然としてミネラルの摂取不足が続いており、特にカルシウムやマグネシウムは、各世代で摂取不足が見られるとのことです。

具体的には、20代男性では、1日当たりのカルシウム摂取量は449mgで、これは前回調査から26mgも減っています。
しかも、カルシウムの摂取推奨量(2010年版)は、同世代で1日800mgであることを考えるとその不足ぶりは大変なものです。

また、女性でも、408mgで、推奨量である650mgに達していません。


この結果をみると、
食事以外で、男性では、1日350㎎、女性では、200mgのカルシウムを補給することが望ましい。ということになります…。


ちなみに、食材100g中のカルシウムの量は、下記のサイトで比較できます。

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/calcium.html

骨粗鬆症の予防のためにも、カルシウムの多い食材を選ぶことはとても大事です。
サプリメントに頼ってばかりではいけません。

(井)

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

原料イロイロ

サプリメントに使用する原料は、本当に様々なものがあります。

白、黄色、クリーム色、灰色、黒、茶色、ピンク、赤、オレンジ、緑…。

配合される栄養素や原料によっても、色は様々です。

サプリメント原料


私も、色々な設計をしてきたので、配合した原料とその比率を見れば、
完成品がだいたい何色になるのか、は想像がつくようになってきました。

でも、それでも、毎回読めないのが「天然原料」です。


酵母原料や天然果汁から抽出した原料は、ロットによって色が違います。

そのため、製造工場からは、
「今回は、前回よりもやや茶色っぽくなりました。」とか
「今度は白っぽいです。」などの報告があることも珍しくありません。

弊社のお客様は、天然原料へのご理解があるので、ロットごとに多少色が変わっていても、説明がしっかりとできれば納得して頂けます。

でも、こう頻繁に色が変わることを見ていると、
大手メーカーさんが、大量生産したり、不特定多数の方に直販を行っている場合には、合成原料や合成着色料を使って色をそろえるように加工して、クレーム防止のために、色の変化を目立たなくしたくなる気持がわかるような気もします。


天然原料でサプリメントを作るのは、結構、大変なんです…。

(井)

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。