知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアムビタミン&ミネラル 進化の特徴 その2

今回のプレミアムビタミン&ミネラルで新たに追加した栄養素に「ナイアシン」があります。

まず、ナイアシンの解説をします。

■名 称
ナイアシン Niacin (ニコチン酸、ナイアシンアミド)

■体内での働き・解 説
500種近い酵素の補酵素として働き、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に必須。特にエネルギー生産では、解糖系、TCA回路、電子伝達系の全てに関わっている。DNA修復、DNA合成、細胞の分化に関わっている。
副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、インシュリン、性ホルモンの合成に関わっている。脳神経系の働きを正常に保つ。
消化器の健康を維持し、胃液や胆汁の分泌を正常に保つ。
血管拡張作用を持ち、血液循環を円滑にする。
皮膚の機能を正常に保つ。

ナイアシンは、ニコチン酸とナイアシンアミドの総称で、活性型補酵素(NAD、NADP)として、生体内でエネルギー産生や、脂質の代謝、アミノ酸代謝などに関与するビタミンで、体内で必要なエネルギーの半分以上はナイアシンが関わって生産されている。また、遺伝子の合成、ホルモンの合成など、極めて多くの働きを担っている。体内で最も重要な抗酸化物質のひとつとして働く。体内でトリプトファンから合成されるため、欠乏症が現れにくいが、ナイアシンの重要性を考えると、摂取量には注意しておくべき。欠乏症として代表的なものは、ペラグラ皮膚炎(皮膚が赤くなったり、水泡ができたり、ひび割れてはがれるなど)。50mg以上のニコチン酸の摂取により、一過性の副作用(皮膚が紅潮したり、痒くなる)が起きることがあるので、ナイアシンアミドで摂取するとよい。

■不足すると起きやすい症状、疾患
ペラグラ、胃腸障害、精神障害、皮膚炎

■相乗作用を示す栄養素
ビタミンB群

■効果が期待される症状、疾患
糖尿病、疲労、冷え性

■過剰症
ニコチン酸50mg以上の摂取でフラッシュ(一時的な顔のほてり、チクチク感)が起こる。
痛風の気のある人に痛風の発作を起こさせることがある。


これだけ素晴らしい栄養素なのですが、今までは、ナイアシンは、欠乏しにくいことから、サプリメントとして補給する必要はないと考えていたことと、ナイアシンの摂取で、ホットフラッシュ(顔のほてり)が出る可能性を考え、弊社のサプリメントには配合していませんでした。

しかし、近年の研究で、ナイアシンの重要性が確認されたことと、ナイアシンアミドの形であれば、ホットフラッシュは起こらないということから、今回のプレミアムビタミン&ミネラルでは、ナイアシンアミドを、1日当たり15mg配合することにしました。

これで、弊社のベーシックビタミンの完成度が高まったと自負しております。

次回は、「ω-3系脂肪酸を多く含む亜麻仁油」の新配合についてです。

(井)

■お問い合わせは・・・ 
 株式会社ヘルシーパス
 通話無料:0120-797-464
スポンサーサイト

テーマ:エビデンスサプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/143-39ee2fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。