知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液状サプリメントのメリットについて

前回の質問の続きで、同じ方から、次のような質問も頂きました。

「液体の方が舌下吸収(口の中の粘膜からの吸収)されやすいから、錠剤やカプセルよりもいいんじゃないの?」

これまた、マニアックな、サプリメント屋好みの質問です。


それに対する回答は次の通り。

舌下吸収(口の中の粘膜からの吸収)と、消化器での吸収の大きな差は、吸収された栄養素が「肝臓を通るのか」「直接血流に乗るのか」にあります。

多くの栄養素は、小腸で吸収された後、門脈を経由して肝臓を通った後、血流にのって全身に送られます。その際、肝臓の組織に蓄えられたり、化学反応を受けたりするとなかなか血中濃度が上がらないことになります。

一方で、舌下から吸収するとダイレクトに全身の血流に乗りますので、静脈注射と同じような状況になり、即効性が高くなります。 ※狭心症の方の「ニトログリセリン」などはこの良い例です。

ですから、サプリメントをしばらく口に含んでいる方が、舌下吸収される栄養素の血中濃度は上がりやすいと考えられます。
また、ビタミンCやCoQ10などは、歯茎の組織を健康に保つのに効果があると思いますので、そうした意味からも、サプリメントをしばらく口に含んでいるのは、良いかもしれません。(ただ、ビタミンCも酸なのであまり長時間はお勧めしません)

一方、ビタミンB12などの様に、消化液に含まれる因子と結合しないと吸収されない栄養素もありますので、やっぱり最後は飲み込む必要があります。

(田)
スポンサーサイト

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/151-90dac7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。