知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然と合成の原料の比較

弊社が天然の原料にこだわってサプリメントを作っているという話をすると、

合成と天然ではどのように違うのか?
どうして、天然だと値段が高くなるのか?
効果はどのくらい違うの?

と聞かれることがあります。

そのようなときには、よくビタミンCを例に出して、説明します。

ビタミンCの原料の場合。
あまり具体的に数字を出すと、原料メーカーにご迷惑がかかるので、業界誌を見れば分かる程度の数字で表現しますが、ビタミンCの場合、合成原料であれば、キロ当たり1000円~2000円です。

天然原料で有名なアセロラの場合、キロ当たり20,000~30,000円くらいかと思います。

しかも、天然原料なので、ビタミンCの含有率は、20~30%程度です。

この金額で、合成と天然原料で、ビタミンC 100mg当たりの価格を比較すると、合成よりも天然の方が、50~60倍位高いということになります。

原料の価格だけで見た場合、合成と天然ではこのくらい違う場合もあります。

ただ、原料によっては、天然でもそれほど高くないものもあるので、一概には言えません。


ちなみに、効果の面では、合成と天然でも、ビタミンCは同じでしょ。という方もおられます。

エビデンスとしては、今のところ、はっきりとした結論は出ていないようですが、弊社で行った臨床実験では、同じ配合の場合、合成よりも、天然の方が、有意に改善した項目もありましたし、「1997年に発表されたアメリカ癌研究協会と世界癌研究基金がまとめた「食品と栄養とがん予防━世界的展望」」で、各がんの予防因子として、「ほぼ間違いない」と結論付けているものが、単独の栄養素(ビタミンC、カロテノイド)ではなく、野菜、果物の摂取であることを考えると、弊社としては、やはり天然物になるべく近い方が効果が高いのではないかと考えています。

また、体感としても、合成のビタミンCよりも、アセロラチェリーの粉末の方が、効果が高いように感じています。

他にも、よく言われることですが、ビタミンEでは、天然の方が、合成よりも、体内に取り込まれやすく、また、体内で長く留まると知られています。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/163-38beef6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。