知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「毎日の食事」~ビタミンB1編~

毎年、年末が近づくと大掃除という言葉が出てくるくらい習慣
になっていますね。
昨日の休みは、普段は手をつけない場所を念入りに掃除しました。

さて今日は、先日のブログで、「毎日の食事で栄養をとりましょう」
という内容でしたが、本で「調理時によるビタミン量の変化」で面白い結果が
出ていたので書こうと思います。

「ビタミンB1の各調理操作によるビタミンB1量の変化」

生を100%とした場合

・ゆでた時(沸騰水・1%食塩・5%食塩)・・・30%ほどしか残りません。

・煮る (煮含め・・・78%ほど)
     (長時間煮・・・10%ほど)
     (圧力なべ・・・30%ほど)

・蒸した時・・・58%ほど

・電子レンジ加熱・・・60%ほど

・炒める (薄切り肉・・・70%ほど)
      (厚切り肉・・・67%ほど)

・揚げる (フライ・・・70%ほど)
      (から揚げ・・・72%ほど)
      (素揚げ・・・65%ほど)

※参考「最新ビタミン学~基礎知識と栄養実践の手引き」糸川嘉則著 より

ビタミンB1は「水溶性のビタミン」で油脂には溶けず水に溶ける性質をもっています。
(ビタミンB群・Cもこれにあたります。)

上記の結果で分かるように水を使う調理法ですと、ほとんどの栄養がなくなって
しまうようです。
揚げたり、炒めたりなどして、調理法に気をつけ十分な栄養をとってほしいと思います。

「ビタミンB1を多く含む食品」

(豆類・穀類・豚肉。レバー・干しのりなど)

「ビタミンB1を分解する食品」
(しじみ・はまぐり・わらび・ゼンマイなど)

※ビタミンB1を分解する酵素、あるいは非酵素系の分解因子が含まれる。

「ビタミンB1」

この時期にぜひ採ってほしいビタミンですね。
年末とくれば、忘年会!
忘年会!とくればアルコールですよね。
アルコールの代謝には、ビタミンB1が必要です。

他、細胞が糖質をエネルギーとして使うために必要なビタミンで、
肉体労働や、スポーツをすると消耗が早いと聞きます。

中枢神経や末梢神経の働きを正常に保つ作用があります。
また、ストレス解消にも効果があるようです。

[不足すると・・・]

倦怠感・疲労感・眠気・憂鬱・運動機能の低下など


※ビタミンB群はある程度多量にとっても余剰分は尿中へ随時排泄され、
体の中に残らないので、こまめに補給するよう心がけてほしいと思います。

(ナ☆)

スポンサーサイト

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

はじめまして

はじめてコメントします。
私の大好きな情報満載でとってもうれしいです。
とっても参考になりました。
また遊びに来させてくださいね。
初応援です。ポチポチ☆

  • 2007/12/18(火) 16:36:44 |
  • URL |
  • 毛糸のパンダ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/170-02463368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。