知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンD【栄養素紹介】

■名 称
ビタミンD エルゴカルシフェロール(D2)/コレカルシフェロール(D3)

■体内での働き・解 説
小腸でのカルシウム、リンの吸収を高め、血液中の濃度を維持し、骨、歯への沈着を促進する。
腎臓が、ミネラルを回収するのを助ける。
筋肉の機能を向上させる。
ビタミンAの吸収を助ける。
免疫力の調整に関わっている。

植物由来のエルゴカルシフェロール(D2)と、動物由来のコレカルシフェロール(D3)があり、カルシウムとリンの代謝に重要な働きを持つ。ビタミンDは表皮において紫外線を浴びた上で、腎臓と肝臓で活性化されるので、単に摂取するだけでなくある程度日光を浴びることが必要(1日に30分ほど、顔と手に浴びれば十分)である。大量の摂取は、組織にカルシウムを沈着させることがあるので注意が必要。高カルシウム血症の患者には禁忌である。

■不足すると起きやすい症状、疾患
くる病、骨粗鬆症、動脈硬化症、骨軟化症

■相乗作用を示す栄養素
ビタミンA、ビタミンC、コリン、カルシウム、リン

■効果が期待される症状、疾患
骨粗鬆症、くる病

■過剰症
顔色が悪くなる、便秘、食欲不振、嘔吐、尿毒症

■医薬品との相互作用 ※1,2 医薬品(主な商品名)/相互作用) 
強心薬 
ジゴキシン(ジゴキシン)、ジキトキシン(ジキトキシン)、メチルジゴキシン(ラニラピッド) / ジゴキシンの作用を増強することがある。ジギタリス中毒の症状が現れることがある。
活性型ビタミンD3製剤 アルファカルシドール(ワンアルファ)、カルシトリオール(ロカルトロール)、沈降炭酸カルシウム(カルタン)
 / 相加作用により高カルシウム血症が現れる可能性がある。


※1東海四県薬剤師サイト「TOP/NET」
http://www.topnet.gr.jp/Hsiori/SUPLLE/heiyosuplle.htm
※2 医薬品と飲食物・サプリメントの相互作用とそのマネージメント フジメディカル出版


スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/213-aff8914c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。