知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンC【栄養素紹介】

■名 称
ビタミンC Ascorbic acid(アスコルビン酸)

■体内での働き・解 説
コラーゲンの生成を促進。副腎等で多くのホルモンの合成に関与。
活性酸素によって細菌やウイルスを撃退する免疫細胞の働きを助け、免疫力を高める。腸管での鉄、銅、カルシウムの吸収を高める。発ガン物質ニトロソアミンの生成を抑制。コレステロールの胆汁酸への代謝を促進。血中コレステロールを低下。細胞の老化を防ぐ抗酸化作用。
ビタミンEのリサイクル。インターフェロンの生産に関与。真皮でのメラニンの生産を抑制。

ビタミンCは、コラーゲン合成を介した正常な毛細血管の維持や抗酸化作用に必要な水溶性ビタミンの1つである。ストレスや喫煙によって消費されることから、該当する人ではその必要量が高まるとされている。多くの動物は、体内でビタミンCを合成するが、ヒトを含む霊長類は合成できないため、食物からの摂取が必須である。ビタミンCは、コラーゲンの生成を促進することにより、血管や筋肉、皮膚を健康に保つことに役立つと共に、傷の治癒を促進する。また、免疫力を高めることで、感染症の予防に役立つほか、強力な抗酸化作用で、活性酸素によって細胞がダメージを受けることを防ぐ。さらに、コレステロールや中性脂肪のコントロールにも貢献している。美容の面でも効果が知られており、シミやにきび等の、肌の悩みにも役立つ。

■不足すると起きやすい症状、疾患
壊血病、風邪、シミ、ソバカス、肉体疲労

■相乗作用を示す栄養素
ビタミンE、バイオフラボノイド類、ヘスペリジン、ルチン、カルシウム、マグネシウム、CoQ-10、リポ酸
■効果が期待される症状、疾患
風邪、ガン、シミ

■過剰症
腎臓疾患がある人は腎結石の心配がある。1日5g以上の摂取で軟便の可能性がある。

■医薬品との相互作用 ※1,2 医薬品(主な商品名)/相互作用) 
利尿薬(炭酸脱水素抑制薬)アセタゾラミド(ダイアモックス) /大量のビタミンCとの併用により腎・尿路結石が起こる可能性がある。
卵胞ホルモン薬 エストロゲン(プレマリン) /ビタミンCにより薬剤の代謝が阻害され、血中エストロゲン濃度上昇の可能性がある。
精神神経用剤 マレイン酸トリフロペラジン(トリフロペラジン)、マレイン酸プロクロルペラジン(ノバミン) /効果(抗精神作用)の減弱

※1東海四県薬剤師サイト「TOP/NET」
http://www.topnet.gr.jp/Hsiori/SUPLLE/heiyosuplle.htm
※2 医薬品と飲食物・サプリメントの相互作用とそのマネージメント フジメディカル出版
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/218-e6d7d787
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。