知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー表示について

今日の業界誌に、「エビ・カニのアレルギー表示」が、この春から表示が義務づけられるという記事が載っていました。

ということで、アレルギー表示について、すこし、ご紹介します。


■アレルギー物質を含む場合の表示について

食物アレルギーは、人によっては、微量でも症状がでることがあるので、含まれる量が僅かであっても表示する必要があり、その基準が、食品衛生法で定められています。

特に、アレルギーを起こしやすい食品のうち、発症数、重篤度から考えて表示が義務化されているものが次の5品目です。

「卵、乳、小麦、そば、落花生」

 ※この春からは、この5品目に、「エビ・カニ」が加わるようです。

他にも、表示が推奨される品目には、「あわび、いか、いくら、えび、オレンジ、かに、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、バナナ、まつたけ、もも、やまいも、リンゴ、ゼラチン」があります。


これらの中で、サプリメントの原料として、摂取する可能性が高いのが、

・乳(粒を固めるための添加物:乳糖)
・大豆(ビタミンE、レシチンの原料)
・ゼラチン(カプセルの原料)
・えびかに(キトサンの原料)
・オレンジ・柑橘類(ヘスペリジンの原料)

です。


このうち、乳糖や大豆は、栄養成分でないので、意識していない場合も多いと思います。

これらの食品にアレルギーがある場合には、サプリメントを選ぶときに、注意してください。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/232-d4c5201e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。