知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンB12【栄養素紹介】

■名 称
ビタミンB12 Cobalamin(コバラミン)

■体内での働き・解 説
補酵素として、TCA回路においてエネルギー生産に関わる。
葉酸と協力して、赤血球の生産を行う。葉酸、B6と協力して、ホモシスティンの血中量を低下させ、心疾患のリスクを低減する。神経を保護するミリエン(脂質の鞘)を作る。鉄、パントテン酸の働きを助け、葉酸の再利用やコリンの生成を助ける。神経細胞内のたんぱく質や、脂質、核酸の合成や修復を助け、神経系を正常に働かせる。ベータカロテンの吸収とビタミンAへの転換を助ける。

ビタミンB12は、葉酸とともに造血において重要な役割を果たしている水溶性ビタミンの1つである。一日に必要な量は非常に微量で、通常の食事では欠乏することは少ないが、動物性の食物に多く含まれるため、菜食主義の場合には欠乏することが多い。また、高齢者では胃酸の分泌が悪いために、B12をうまく吸収できていない場合がある。
ビタミンB12は、構造の中にコバルトを含む、大きな分子で、特徴的な赤い色を持っている。赤血球の生産に深く関わり、悪性貧血を予防する。また、気分を落ち着け、記憶力や集中力を高める働きも有る。脳や心臓がダメージを受けることを予防する働きを持つ。

■不足すると起きやすい症状、疾患
貧血、出血性疾患、神経・精神障害

■相乗作用を示す栄養素
ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンA

■効果が期待される症状、疾患
貧血、出血性疾患、神経・精神障害

■過剰症
知られていない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/233-82e6f898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。