知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食物繊維には2種類ある!

便秘には、「食物繊維」がいい!

ということは、多くの方が知っていることだと思います。

でも、食物繊維には、2種類あることをご存じですか?

食物繊維は、水に溶けない「不溶性食物繊維」と水に溶ける「水溶性食物繊維」に分けられます。


不溶性食物繊維は、保水性に優れて便をやわらかく、また量を増やす働きがあります。

不溶性食物繊維は、ごぼう、にんじん、セロリなどの野菜、麦、玄米などの穀類、さつまいもなどの芋類、大豆、小豆などの豆類に多く含まれ、割と摂取しやすい食物繊維です。

一方、水溶性食物繊維は、大腸の腸内細菌の働きによって分解され、「短鎖脂肪酸」を産生する原料になることが分かっています。
水溶性食物繊維は、海藻類、こんにゃく、りんご(ペクチン)などの果物に含まれていますが、意識しないとなかなか摂取しにくい食物繊維です。

水溶性食物繊維が大腸で分解されることによってできた「酢酸」「プロピオン酸」「酪酸」などの短鎖脂肪酸は、大腸の細胞の重要な栄養源となり、大腸粘膜を増殖修復し、大腸の働きを助ける働きを持っています。

さらに、短鎖脂肪酸には、大腸内のphをコントロールし、悪玉菌の増殖を抑え、腸内細菌叢を改善する働きも持っています。

大腸の働きが活発になり、腸内細菌叢が良好になれば、当然、便秘に対しても、また、下痢、過敏性大腸炎などに効果が期待できます。


簡単にいえば、

便の量を増やす働きをする食物繊維=「不溶性食物繊維」
大腸の働きを正常して、腸内環境を整える食物繊維=「水溶性食物繊維」

ということができます。

便秘解消には、これら働きの異なる2種類の食物繊維(不溶性、水溶性)をバランスよく摂取することが大切なのです。

ちなみに、「グアガム」は、水溶性食物繊維です。

普段、意識してもなかなか摂取しにくい水溶性食物繊維を、簡単に摂取できる優れものです!!

(井)





スポンサーサイト

テーマ:便秘解消・快腸計画! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/348-0c9ce7d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。