知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関節に良いとされるサプリメントを選ぶときは要注意??

本日、国民生活センターから、ある報告が公表されていました。

関節に良いとされるサプリメントを利用してる方には、大変、ショッキングな内容です。

関節に良いとされる成分を含む「健康食品」についての調査


内容を簡単にご紹介します。


1.表示の偽装??

コンドロイチン硫酸量が表示されていた銘柄は、表示量に比べて実際の含有量が大幅に少なかった。また、コンドロイチン硫酸を含む原材料等の表示量は、実際の含有量の目安にはならなかった。
サメ由来のコンドロイチン硫酸を含有する原材料を配合している旨の表示があった16銘柄のうち、陸生哺乳動物由来のコンドロイチン硫酸を含む原材料が配合された可能性が高い銘柄が6銘柄あった。そのうち3銘柄は陸生哺乳動物由来の原材料名の表示がなく、JAS法上問題がある可能性が高いと考えられた。

→ パッケージの表示通りの栄養成分が入っていないものが多かった?
  サメ由来と書いてありながら、実際は違う商品もあった??


2.胃の中で溶けないサプリメント??

カプセルや錠剤が胃の中で速やかに溶けて消化するか、医薬品の試験方法を参考に「健康食品」の溶けやすさ(崩壊性)を調べたところ、胃の中で溶けにくいと思われる銘柄が18銘柄中9銘柄あった。

→ 胃の中で溶けないサプリメントを飲んでも意味があるの??


3.水増し表示??

大部分の銘柄はコンドロイチン硫酸を含む原材料の量を表示しており、実際に含まれるコンドロイチン硫酸量は分かりにくかった。医薬品に匹敵若しくは上回る量のコンドロイチン硫酸を含むと消費者が誤認するおそれがあると思われた。

→コンドロイチン硫酸は含有率20%程度です。ということは、原材料の配合量を
   表示すると、実際の配合量より5倍も入っているように見せかけていた?



残念なことですが、これらは、サプリメント業界においては、氷山の一角だと思います。

国民生活センターでは、業界に向けて、改善を要望したそうですが、
業界への不信感を払しょくするために、サプリメントメーカー各社が襟を正さないといけないと思いました。



また、今後は、サプリメント評議会のような、第三者の評価機関が、ますます活躍することになるかもしれません。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:膝痛、腰痛、肩こりよ、さようなら! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/356-a8fd8982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。