知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、アメリカはサプリメント先進国なのか?

アメリカは、サプリメント先進国と言われています。

公的な医療補助が少なく、しかも、医師の治療を受けるために莫大な費用が必要とされる米国は、「自分で病気にならないための努力をしよう」という意識が高い国です。

そうした背景から、生活習慣病を予防することを目的とした栄養療法が発達し、栄養素を積極的に摂取することで、健康のレベルを向上させることに成果を上げています。

これらの成果は、サプリメントに反映され、日本の栄養摂取基準の数倍から数十倍の栄養素を含むサプリメントが、広く普及しています。

また、制度の面でも1994年に栄養補助食品健康教育法(DSHEA)が成立し、どれだけ摂れば、何に効くという情報を、消費者が知った上でサプリメントが選べるようになっています。

栄養補助食品健康教育法(DSHEA)によって、 サプリメント は、「食品」 と 「薬」 の 中間的な存在として はっきり 定義され、効果の裏付けである科学的データの提出 検査方法 臨床結果 … など、詳細な情報提供が義務付けられています。

一方で、日本では、サプリメントは食品に分類されており、効果効能は言うことができません。

最近、日本でも、諸外国の制度に追いつくべく、超党派国会議員で「サプリメント法」ともいうべき新法の議論がされ始めていますので、近い将来、サプリメントにも、お勧めすべき方や、飲み方、期待させる効果などの表示ができるようになるかもしれません。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/359-c00dbf85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。