知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療機関におけるサプリメントの勧め方マニュアル

医療機関におけるサプリメントの勧め方マニュアル


医療機関様へのご案内です。

今月号の 日本抗加齢医学会雑誌「アンチエイジング医学」でもご案内させていただいておりますが、先日、医療機関でサプリメントを紹介するためのマニュアルを作成しました。

すでに、何人かの先生からご評価いただいております。

より多くの先生にご覧いただきたいと思いますので、ここでイントロダクションと、目次をご紹介させていただきます。


●イントロダクション

少子高齢化の急速な進展を背景に、一般の方々の中にも予防医学に関心を持つ方が増えています。こうした人々の中には、サプリメントや健康食品に関心を持ち、実際に使用している方が多く存在します。
私どもが親しくさせて頂いているクリニックでも、調べてみると患者さんの中で7~8割の方が、何らかのサプリメントや健康食品を使っているという驚くべき実態が分かりました。しかも、こうした患者さん達のほとんどは、お医者様には相談せず、広告や知人からの勧めに従って、どのように役立つかをきちんと理解しないまま、サプリメントを購入していました。

この結果から、効果が不明な製品を使って、お金を無駄遣いしている人が多数存在することが推測されます。
さらに、栄養素の中には、医薬品との相互作用を持つものがあるため、「患者さんがどのようなサプリメントを使用しているのか」は医療に携わる方々にとって、極めて重要な情報と言えるでしょう。
  
こうした状況を踏まえると、お医者様をはじめとする医療に従事する方々が、患者様がお使いになるサプリメントに積極的に関わっていくことには、以下の様なメリットがあると考えられます。

■メリット1
患者さんが使っているサプリメントの情報を得ることにより、相互作用の情報に基づいて、的確な医薬品を処方できる。また、役に立つサプリメントの推奨や、害のあるサプリメントの摂取中止をアドバイスできるため、治療の精度が向上する。

■メリット2
患者さんが本当に必要なサプリメントを選ぶために有用なアドバイスを行うことにより、クリニックに対する信頼感、親近感が向上する。

■メリット3
不定愁訴などの、医薬品では対処しにくい患者さんの悩みに対処する方策が増える

また、昨今の医療費削減、診療報酬の改定等から予想される、クリニックの収入の逓減の一部を補てんできる可能性もあります。

ところが、実際にお目にかかり、お話をお聞きすると、サプリメントに興味をお持ちになりながら、「実際にはなかなか患者さんにサプリメントをお勧めしにくい」とおっしゃるお医者様が多くおいでになります。

このことは、平成20年の春に当社が行った、お医者様へのアンケート調査の結果からも明らかに読み取れます。

そこで当社では、サプリメントを日々の診療活動に上手に取り入れておいでのクリニックのノウハウを教えて頂き、まとめることにいたしました。
こうして出来上がった、このマニュアルには、患者さんに喜ばれ、信頼関係を強めながらサプリメントをお勧めするための具体的な知恵を盛り込ませて頂いたつもりです。

先生のクリニックのお役に立てて頂くことを願っております。



●医療機関におけるサプリメントの勧め方 目次

Introduction サプリメントはクリニックを救うか? ・・・・・・・・ 3
このマニュアルの使い方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4
ノウハウ編  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5
サプリメントを取り扱うにあたっての課題 ・・・・・・ 6
 ○制度面の対応 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
     ・薬事法、混合診療、医療法
 ○マーケティング面の対応・・・・・・・・・・・・・・・・ 9
     ・マインド・セット
     ・患者さんが期待していること
     ・自然に質問してもらえる工夫
     ・時間をかけずに分かってもらうには?
     ・クリニックならではの強み
     ・長期戦に持ち込む
     ・リピート購入して頂く
知っておくべき知識  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17
 ○サプリメントパッケージの読み方 ・・・・・・・ 18
 ○お医者様が選ぶべきサプリメント  ・・・・・・ 19
     ・摂取する栄養素の優先順位
     ・栄養成分の配合量は?
     ・原料は天然成分で出来ているか?
     ・安全性と品質は担保されているか?
 ○医薬品による栄養素の低減作用 ・・・・・・・ 25
 ○医薬品と栄養素の相互作用への配慮 ・・・ 27



上記の「医療機関におけるサプリメントの勧め方マニュアル」をご希望の先生は、
ぜひ、お問い合わせください。

問い合わせフォームはこちら

※本マニュアルのご送付は、医療機関に限らせていただきます。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

はじめまして!

健康に関するブログを書いています。
サプリメントの書籍などを読んで勉強していますが、なかなか難しいです。
これからも拝見させて頂きます。

お役に立てばうれしいです。

私たちの発信する情報が、お役に立つことができていれば本当にうれしいです。
ご質問、お問い合わせなどありましたら、お気軽にお寄せ下さい!
できる限り、ご回答させていただきます。

(井)

  • 2008/08/21(木) 19:12:15 |
  • URL |
  • ヘルシーパス #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/366-34980d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。