知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨粗鬆症対策の栄養的アプローチ

女性が気になる症状に「骨粗鬆症」があります。

骨密度を保つのに必要なカルシウムは加齢とともに減少し、骨がスカスカになってもろくなってしまいます。

これが、骨粗鬆症です。


特に、女性の場合、閉経後は、骨からカルシウムが溶け出すのを防いでいた女性ホルモンの分泌量が減少するので、骨粗鬆症になりやすく、わずかな転倒や、日常の何気ない動作でも骨折してしまう危険性もあります。

また、過激なダイエットや運動不足、栄養素の偏りなどが見られる最近の若い女性でも骨がもろくなっているの場合があるので注意が必要です。
※妊娠や出産で骨量が減少する場合もあります。


骨粗鬆症対策には、カルシウムの補給が最もよく知られていますが、カルシウムはマグネシウムとのバランスが重要なので、カルシウムとマグネシウムを併せて摂取する必要があります。

また、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや、骨の形成を促進するビタミンKも一緒になければ意味がありません。

カルシウムは、煮干しやヒジキ、チーズから
マグネシウムは、ヒジキやナッツから
また、ビタミンDは、サケやカツオ、煮干しから
ビタミンKは、納豆、海苔、ヒジキから補給することができます。

また、大豆製品に多く含まれるイソフラボンも、体内で女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、骨粗鬆症予防に役立ちます。

これらの食品を意識して生活の中に取り入れてください。


●参考までに、骨粗鬆症対策メニューを紹介。
 
 ・主食は、じゃこ飯か、納豆巻き
 ・汁ものは、煮干しで出汁をとった豆腐いり味噌汁(海藻入り、煮干しも食べる)
 ・おかずは、メインは魚
   刺身ならカツオ、焼き魚ならシャケ
 ・ヒジキの煮物
 ・晩酌のつまみは、ナッツか、チーズ



最後に、骨粗鬆症対策には、上記の栄養の補給も大切ですが、補給するだけではいけません。

丈夫な骨を作るには、骨が適度な刺激を受けることが必要です。

毎日、少しでも運動をする習慣をつけるとよいでしょう。


また、ビタミンDは、紫外線に当たることで活性化され働きます。

美肌・美白のために紫外線が大敵なのは分かりますが、少しは紫外線に当たった方が健康にはよいのです。


骨折によって不自由な生活になると、精神的にも参ってしまいます。
たかが、「骨」と甘く見ることなく、ぜひ、骨の健康に意識して、健康な毎日をお過ごしください!!

(井)

追伸
「日本人の食事摂取基準」と「国民健康調査」(厚生労働省)によると、
女性は、目標とするカルシウムの摂取量と比べると、1日当たり200~300mgも足りていないことが分かっています。
男性でも100~200mg足りていません。



スポンサーサイト

テーマ:女性の悩み解消しましょう! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/405-14d664a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。