知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜鉛の神秘

先週の木曜日、静岡市では抗加齢医学のセミナーが開催され、長野県の国保診療報酬審査委員会 医科部会長であり、佐久市立国保浅間総合病院 名誉院長でいらっしゃる 倉澤隆平先生が「亜鉛欠乏症について 亜鉛の神秘-食欲不振から皮膚炎まで-」という演題で講演されました。

倉澤先生は、食事が取れなくなって衰弱したり、ひどい辱創で苦しんでいる高齢者の方に、亜鉛製剤を投与することで、著しい改善を見ることができた症例を、写真付きで数多くご紹介下さり、今まで対処が難しい病気だと考えていたものの多くが「亜鉛不足」であり、きちんと亜鉛を補給することで治療が可能なのだということをお話しされていました。
ここまでは、サプリメント屋としては、ある意味「当然のこと」としてお聞きしていたのですが、続くお話にはびっくり!

現在お医者様が使える亜鉛のお薬には、「プロマック」というのがあるのですが、これは「胃潰瘍」の治療薬とされているため、胃潰瘍の患者さんにしか保険が適用されません。ところが、倉澤先生のご尽力により長野県においては、「亜鉛欠乏」の治療薬として保険が適用されるとのこと。
これにはびっくり!熱心なお医者様がおいでになれば、都道府県単位で「どの薬が健康保険で安く処方することができるかを決められる」なんて、恥ずかしながら初めて知りました。(因みに、長崎県でもプロマックが「亜鉛欠乏」に保険適用で使えるそうです)

もう一つびっくりしたのは、地方都市である静岡市の講演会だったのに、このお話を聞きに120名を超えるお医者様が集まっておられたこと。
倉澤先生のご高名もあるかと思うのですが、栄養の補充で病気に対処することに興味をお持ちの先生方が、増えておいでのことを感じる講演会でした。(田)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/412-69656bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。