知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ並みの高配合はいいけれど・・・

過去2回にわたって、ビタミンミネラルを、アメリカ並み高配合したサプリメントが
良いという話をさせていただきました。

最近では、個人輸入で、アメリカ製のサプリメントを利用している方も多くおられます。


ただ、アメリカから個人輸入したサプリメントが日本人に最適とは限りませんし、
実は、不安要素もあります。

アメリカ製のサプリメントは、(あたりまえですが)アメリカ人向けの設計で作られています。

日本人とアメリカ人では、体格も違えば、食生活も違い、腸の長さも違うといわれています。

当然、必要な栄養素の種類や量も異なります。


例えば、海藻をよく食べる日本人では、通常の食事だけで上限値近くまで摂取しているヨウ素(ヨード)は、大陸国で、海藻をあまり食べないアメリカ人は、一般的に不足しがちです。

そのため、アメリカ人向けに設計されているマルチビタミンには、通常、ヨウ素が配合されています。

しかし、日本に住んでいる人にとって、ヨウ素の入ったサプリメントを日常的に摂取することは過剰摂取で健康被害(甲状腺機能低下症、甲状腺腫、甲状腺中毒症等)が引き起こされる可能性があります。

「健康食品」の安全性有効性情報「ヨウ素」
 国立健康・栄養研究所 参照
→ ヨウ素の供給源になる食品も紹介されています。(確かに日本人が良く口にするものばかり。)


また、アメリカ製のサプリメントは、栄養素以外の部分でも、粒のサイズが大きすぎて、日本人の口には抵抗がある場合も少なくないこと、
また、パッケージの表示ルールが日本とは異なっていることや、表記が英語であるために、一般の消費者は書いてある内容(使用原材料名、アレルギー、注意・禁忌事項等)を十分理解できないこと。

さらに、問題があった場合の問い合わせ先など、不安要素もあります。


個人輸入は、最近では、とても気軽にできますが、
リスクもあることを知っておいた方が良いかもしれません。


(井)
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/437-09b37ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。