知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然だから、絶対安心、副作用もない!?

先週末くらいから、マスクをして歩いている方が増えてきましたね。
いよいよ、スギ花粉が飛び始めているようです!!


さて、今日は、朝日新聞の特集記事の4回目。

タイトルは、「過剰摂取で重症化や死亡例も」 でした。

内容は、次のとおりです。

・「サプリメントでも健康被害があり、天然だからといって安全とは言えない。」というのは、中毒学が専門の内藤裕史氏(筑波大学名誉教授)

・目にいいといわれるブルーベリーの錠剤を試してみたら、2週間後に体に発疹ができた。含まれていた15種類の成分を調べ、松の樹皮抽出物が原因と思い当たり、完治まで約半年かかった。

・サプリメントで配合されている栄養素にも、過剰摂取が問題になる場合もある。例えば、ビタミンC 500mgの錠剤を、10錠服用し、急性尿細管壊死と診断されたケース。必須アミノ酸の一つで、うつ病によいといわれるトリプトファンを1日1g程度、飲み続けて死亡したケース。など。

・「体に必須なものほど、偏って摂ると危険」であり、1製品なら過剰でなくても、何種類もの製品を併用した結果、過剰摂取になってしまうこともある。

・肝臓や腎臓の症状は、何か月も服用してから現れることが多く、サプリメントが原因と気づかない場合がある。



今回の内容は、とても大切なことだと思います。

たしかに、メーカーの中でも、「うちの製品は、天然100%だから、副作用は一切ありません。」
と宣伝していることがありますが、これは、間違いです。

ご存じのとおり、ハーブは、天然の原料ですが、副作用が報告されているものもありますし、規定量以上飲むことで、問題のある場合もあります。

また、ハーブの中では、うつ病にも効果が期待できると有名な「セントジョーンズワート」には、医薬品の効果を弱めてしまう作用も知られています。


サプリメントは、天然由来で、なるべく食べ物に近い方が体にも優しいのはいうまでもありませんが、100%副作用がないと言い切るのは、間違いです。

また、摂取量も、栄養素、特にミネラルや脂溶性のビタミンでは、上限が設定されているものもあり、メーカーの設定する摂取基準を超えないように飲むことが大切です。

ただ、ビタミンやミネラルは、昔から研究もされ、上限量等の試験も進んでおり、普段の食事からも摂取している栄養素なので、必要以上に気にする必要はありません。

それに、まともなメーカーであれば、各栄養素の上限値を十分把握しているはずですので、余程、無理な飲み方をしない限りは、過剰症になる心配はないと思います。
※気になる場合には、メーカーに問い合わせることを、お勧めします。

記事の中では、ビタミンC 毎日5gとか、トリプトファンを毎日1g摂取したと書いてありましたが、この摂取量は、自己判断で飲む範囲を超えていると思います。

サプリメントは、飲めば飲むほど効果が期待できるものではありません。
飲みすぎることで、害が出る可能性もあります

これだけは覚えていた方が良いと思います。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/463-f9825dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。