知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプリメントを薬と一緒に飲む場合の注意

朝日新聞の特集記事の紹介も、あと2回になりました。

第5回目は、「薬との「のみ合わせ」注意」というタイトルでした。

内容は、次のとおりです。

・「サプリメントは食品であるが、薬とののみ合わせで注意がいる」というのは、野元正弘氏(愛媛大教授)

・うつ状態を改善するとも言われるハーブ「セントジョーンズワート」は、ある酵素を増やして、薬の分解を早め、効果を弱める場合がある。血圧を下げる薬など、病院で使う薬の半分に影響するという。

・サプリメントと薬を併用する人は多く、特にがん患者では、半数を超すとされている。しかし、医師にサプリメントの服用を相談する患者は一握りにとどまっている。それは、医師にサプリメント利用を否定されることを恐れているからとのこと。

・サプリメントと医薬品では、治療が最優先されるため、サプリを控えてもらう場合もあるが、服用時間をずらすなどの対策もある。ぜひ、医師に相談してほしいとのこと。

(一般の食品でも注意が必要)
 納豆は、血液を固まりにくくする薬(ワーファリン)の効果を抑える。
 グレープフルーツは、薬の効果を強める。


健康食品と医薬品に相互作用があることは、最近では、少しずつ、一般の方にも知られてきているようで、薬局で、対象となるお薬が出る場合には、
「グレープフルーツジュースで飲まないようにしてくださいね。」などの案内もされているようです。


また、がんの代替医療として、サプリメントを利用する方が多い一方、飲んでいることをお医者様に隠している方も多いとのこと。

否定されることが怖いことはよく分かりますが、ことの重大性を考えれば、やはり、しっかりと先生と相談した方が良いのではないかと思います。

栄養素やハーブの中には、医薬品の効果を弱めてしまったり、強めてしまう、いわゆるマイナスの相乗効果があるものもありますが、一方で、医薬品の副作用で、体内で欠乏しがちなビタミンやミネラルは、サプリメントを利用して補給することは、意味があり、回復にも役に立つのではないかと思われます。
また、ビタミンCの大量投与が、ガンに効果があるという研究も知られています。

医薬品が出ている=サプリメントは飲んではいけない!
と決めつけるのではなく、主治医の先生に、どんなサプリメント・栄養素をどんな理由で飲みたいのかをしっかりと話し、役に立つものは、上手に活用していくのが良いと思います。

最近、医師の中でも、サプリメントや栄養素に対する認識が変わってきているようなので、サプリメントを頭ごなしに否定する先生ばかりではないと思います。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/464-68b2b12b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。