知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供とサプリメント

花粉症が、うちの4歳の息子に襲いかかってきました。
外で遊ぶのが大好きなのに、外にでると目が腫れて、細い眼がますます細くなっています・・・。

薬はあまり飲ませたくないので、亜麻仁油を飲ませるようにしています。



さて、朝日新聞のサプリメントの特集は、第6回目。

最終回は、「子どもの摂取、医師と相談を」というタイトルでした。

内容は、次のとおりです。

・「サプリメント摂取は子どもにも少しずつ広がっている」というのは、位田忍氏(大阪府立母子保健総合医療センター)

・インターネットで調査した結果、子どもがサプリメントを飲んでいるという回答が37%あった。大半は、医師に相談していない。

・調査では、肝機能障害や血尿などの健康被害があったとする回答もそれぞれ、0.9%、0.6%あった。

・医薬品であれば、粉薬しかない栄養素でも、サプリメントを利用すれば、飲みやすい錠剤タイプなどもあり、サプリメント自体は否定しない。

・子どもを対象にしたサプリメント摂取の安全性を確認した科学的データは少なく、むやみに使用すれば、健康被害が起こる可能性もある。

・足りないものを補給するのは、理にかなったことだが、基本はバランスの良い食事をすること。


最近の食生活を見ると、子供なら、必要な栄養素が足りているということはなく、むしろ、成長期の子供であれば、一般の大人よりもビタミンやミネラルの要求量は多くなっています。

※最近のキレやすい子供は、ビタミンミネラル不足が原因という考え方もあります。

また、子供の好きなお菓子やファーストフードは、カロリーは十分ですが、ビタミンやミネラルはほとんどなく、しかも、有害とも言われる油も多く摂取してしまっており、サプリメントによるビタミンやミネラルの摂取は、役に立つことが期待できます。

でも、上記で紹介している通り、子供を対象にしたサプリメント摂取の安全性試験は、倫理上の問題などから、ほとんど行われていないのは事実です。

そのため、子供が飲むサプリメントに対しては、大人が飲む場合よりも、より、安全性、使用している添加物、上限摂取量等の情報がしっかりしていて、なおかつ、普通の食べ物になるべく近い素材で作られたサプリメントが望まれると思います。

私も、親になってから、子供の口に入れるサプリメントを選ぶ際には、いつも以上に気を使っています。
※私の場合には、ほとんど自社商品ですが、一部、海外の商品を利用しています。


冒頭でも書きましたが、私自身も、子供(4歳)には、サプリメントを利用しています。
具体的には、アレルギー対策の亜麻仁油と、ビタミンCです。

他の栄養素は、具たくさんの味噌汁や、野菜を多めにすることで、カバーしたいと思っています。

サプリメント屋の目から見ても、やはり理想は、サプリメントではなく、食事での補給です。
特に子供の場合には、食事の大切さを教えつつ、しっかりとした栄養補給を心がけたいと思っています。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/465-fae9b2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。