知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプリメントに使う添加物… 海外製品は不明?

サプリメントに使用する添加物について、その使用目的や由来原料などを調べて整理しています。

調べていて実感したのは、「添加物の使用状況で、その開発者の目的がわかる」ということです。

つまり、本当に消費者の健康のために、栄養素を配合しているのか?どんなこだわりを持っているのか?開発の現場にどれだけ介入しているのか?

一方で、使用している添加物の量や種類によっては、原価を抑えることに主眼が置かれているな。とか、何か都合の悪いことを隠そうとしているな。

など、推測することができます。

※このあたりは、いずれ、まとまってご報告できるようになるかと思います…


とはいえ、サプリメントに限らず、加工食品では添加物はつきものです。

添加物を一切使わずに、錠剤やカプセルのサプリメントを作ることはできません。

たとえば、サプリメントを作る上で、最低限必要な添加物は次のとおりです。

 ・粉の流動性を上げるもの (ハードカプセル、打錠の製造に必要)
 ・粉を固めるもの     (打錠の製造に必要)
 ・カプセルそのもの (ゼラチン、グリセリン、セルロース等)

これ以外の添加物(増量剤、着色料、甘味料、香料、保存料など)は、使わなくてもサプリメントは作ることができます。

しかしながら、多くのサプリメントには、製造者・開発者の目線から見ると、「こんなに添加物使わなくてもいいのに?」など、首をかしげたくなるような配合を多く見かけます。

また、冒頭でもいったように、粒のカサを増やすだけの目的(増量剤)として、添加物を使っているメーカーもあり、粒の半分以上、場合によっては9割近くが添加物である商品もあります。

これらの情報は、日本の法律に従った表記をしている場合には、読み方を知れば、誰でも見抜くことは可能です。

ただ、もっと怖いのは、添加物に何を使っているのかわからないことです。

日本でも、よほど悪質なメーカーでない限りは、使用した添加物は表示しています。

でも、海外で製造され、個人輸入で入手したサプリメントはいかがでしょう?

英語が読める方でも、英語で表記されている添加物名や目的を正しく認識することは難しいですし、そもそも、日本とは表示のルールが違うので、表示義務がない場合もあります。

日本で海外のサプリメントを販売しているホームページでも、原材料表記には、栄養素の表記ばかりされてあって、添加物の表記は外されていることも多いようです。

サプリメントの製造工場の担当者に、海外のサプリメントの添加物の話をしたところ、
「私が見ても添加物に何を使っているのか全く分からない。日本で使っているものとは違うのではないか?」とのこと。


添加物の表示は、安心・安全には必要なことだと思うのですが・・・

(井)
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/477-6b2e9e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。