知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防に役立つ栄養素①

動脈硬化は、脳卒中、狭心症、心筋梗塞など、多くの疾病を引き起こす原因ともなります。

動脈硬化は加齢とともに進行するため、一種の老化現象ともいえますが、
動脈硬化は、同じ年齢でも血管の状態には個人差があることから、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなど、生活習慣の改善でそのスピードを抑えることが可能と言われています。

そこで、知っておけば役に立つ
動脈硬化に効果が期待されている栄養素」をご紹介します。


「抗酸化ビタミンとポリフェノール」
動脈硬化の発症と進行には、活性酸素が大きくかかわっています。
ビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンなどの抗酸化ビタミンには、LDLコレステロールの酸化を防ぐ効果が知られており、ポリフェノールには、LDLの酸化抑制に加え、肝臓でのLDLの異化促進、中性脂肪の吸収阻害、血管内皮障害の改善の効果が期待されています。

特に、赤ワインのポリフェノールの動脈硬化予防は、「フランス人は他の欧米人と同じ様なものを食べ、同じようにタバコを吸っているのに虚血性心疾患の死亡率が低い。」という「フレンチパラドックス」としても有名です。


「ビタミンB群とホモシステイン」
ビタミンB群、特に、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12の摂取は、血中のホモシステイン濃度を低下させることで動脈硬化の抑制に有効であることが知られています。

ホモシステインは、血液中で自己酸化する過程で活性酸素が発生し、血管障害の原因となります。欧米の研究では、ホモシステイン濃度の上昇で冠動脈疾患の発症リスクが増加すること。
一方、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12の投与で、血中ホモシステイン濃度が有意に低下したとの報告もあります。

葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12は、ホモシステインの代謝経路で必要なことが知られています。


他にも、食物繊維や、オメガ3系脂肪酸「DHA、EPA」も注目されていますが、それはまた、後日…

(井)
スポンサーサイト

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/494-497d3386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。