知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動脈硬化の予防に役立つ栄養素②

先日の動脈硬化の予防に役立つ栄養素の続きです。

動脈硬化の予防には、抗酸化ビタミン、ポリフェノール、ビタミンB群の他にも、食物繊維、オメガ3系脂肪酸があります。


【食物繊維(特に水溶性)】
食物繊維というと、レタスやゴボウなどが有名ですが、食物繊維は、水に溶けない「不溶性食物繊維」と、水に溶ける「水溶性食物繊維」とに分けられます。

野菜、穀類、芋類、豆類に多く含まれる不溶性食物繊維は、便のカサを増やすことで、便秘解消や大腸がんの予防が期待され、

海藻、こんにゃく、リンゴ(ペクチン)に含まれる水溶性食物繊維には、コレステロールを吸着して排泄を促進したり、胆汁酸の再吸収を阻害するなどの働きによって、血中コレステロールを下げる効果が期待されています。

また、水溶性食物繊維には、血糖値の上昇抑制、インスリン節約作用などもあり、糖尿病の予防にもつながります。


【オメガ3系脂肪酸(EPA、DHA)】
オメガ3系脂肪酸には、植物由来のαリノレン酸と、魚油由来のEPA、DHAがあります。

EPA,DHAは、私たちの体内で、αリノレン酸から合成されますが、αリノレン酸は、私たちは作り出すことができないため、食べ物として摂取しなければならず、必須脂肪酸といわれています。

オメガ3系脂肪酸、特にEPA、DHAには、血中中性脂肪低下、血管内皮細胞の機能改善、血栓生成防止作用などの作用があり、いずれも動脈硬化の予防に有効と考えられています。

日本人が欧米人に比べて動脈硬化が少ないのは、オメガ3系脂肪酸、特に、魚由来のEPA、DHAの摂取量が多いことが貢献しているといわれていましたが、近年の私たちは、食生活の欧米化に伴い、オメガ6系脂肪酸(リノール酸)を摂りすぎる一方で、オメガ3系脂肪酸の摂取が不足しています。

摂取脂肪酸のバランスを整えることも、動脈硬化予防には、役立ちます。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/497-1fcff9bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。