知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「乳糖不耐症」をご存じですか?

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする方がいます。

アイスクリームなどの乳製品でもだめな人。また、ゴロゴロ以外にも、お腹が張る、ひきつる、気分が悪くなる、下痢になるなどの症状がでる場合もあります。

これらは、「乳糖不耐症」と呼ばれるもので、牛乳にアレルギーがあるわけではなく、小腸で乳糖分解酵素(ラクターゼ)が十分に作られないために、牛乳や乳製品に含まれる乳糖を消化できないことが原因で起こります。

乳糖不耐症の素因のある方は、伝統的に乳製品を摂っているヨーロッパの方では1割強と少ないのですが、アジア人や黒人、地中海地方の方では、実に7~9割が該当するとも言われてます。

世界全体でみれば、むしろ耐性を持っている方が珍しく、乳糖不耐症の素因を持たない方を「ラクターゼ活性持続症」と呼ぶこともあるそうです。  

ただ、素因があったとしても、 その症状には幅があり、実際に不調として症状が出る方は、約2割程度と言われています。

日本でも、「お腹がゴロゴロする方のための牛乳」として、ラクターゼ処理をして乳糖を分解した牛乳が商品化されています。


ほとんど知られていないことですが、サプリメントにも「乳糖」が含まれていることがあります。

「乳糖」は、サプリメント、とくにタブレットを製造する際に大変便利な素材で、多くのサプリメントに使用されています。

皆様も、店頭でサプリメントを見たら、ぜひ、裏面の原材料表示を見てください。

きっと「乳糖」の文字が見つけられると思います。

でも、この「乳糖」が原因で、サプリメントを飲むと、お腹がゴロゴロしたり、下痢気味になったりと、上記の「乳糖不耐症」の症状が出てしまう方もおられます。

もし、「牛乳や乳製品が体に合わないな?」
と思っておられる方であれば、サプリメントを選ぶ際にも、「乳糖」が入っていない商品(乳糖フリーのサプリメント)を選ぶとよいと思います。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/531-82f0bbee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。