知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫外線対策の栄養素

お盆休みは終わりましたが、まだまだ残暑は続いています。

日差しの強い日もまだ続きますので、紫外線ケアにはこれからも注意が必要です。

皆さまの良くご存じのとおり、紫外線は過剰に浴びると次のように様々な害を引き起こします。
 
【 シ ミ 】
紫外線を浴びると、その防御反応としてメラニン色素がたくさん作られ肌は黒くなります。普通は、肌のターンオーバーによって28日程度で元に戻りますが、日焼けがひどい場合には、表皮が壊れてメラニン色素が真皮に落ち込み、色素沈着を起こしてシミになってしまいます。
 
【 シ ワ 】
紫外線は皮膚の真皮層に作用し、皮膚を形成するコラーゲンの繊維を断裂・変性し、コラーゲン産生量も低下させます。これがシワとなり、皮膚の加齢を加速します。
 
【 皮膚ガン・白内障 】
紫外線が直接、DNAを損傷することで皮膚ガンを引き起こします。また、紫外線は皮膚だけでなく目の水晶体にも害を及ぼし、特に、白内障の発生に大きくかかわっています。



有害な紫外線に対抗するために、効果の期待できる栄養素は次の通りです。
 
【ビタミンC】
紫外線によって皮膚に発生する活性酸素を抑え、コラーゲン合成を促進する作用があります。また、ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、できてしまった色素を無色に還元するのを助ける働きがあります。紫外線による肌の老化を防ぐために、最も重要なビタミンです。赤ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、キウイフルーツ、イチゴに多く含まれています。
 
【ビタミンE】
活性酸素の影響で細胞膜が酸化されるのを防ぐ効果があります。ビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。小麦胚芽、アーモンド、うなぎなどに多く含まれています。
 
【ベータカロテン(ビタミンA)】
体内で代謝され、必要な分だけビタミンAとなります。ビタミンAには発がんの抑制、皮膚の免疫機能やバリア機能を維持する働きがあります。ベータカロテン自体にも強力な活性酸素抑制効果があります。緑黄色野菜に多く含まれています。
 
【ビタミンB2】
細胞の再生や成長を促進する働きがあり、皮膚の新陳代謝を高めてくれます。レバー、海苔、アーモンドに多く含まれています。
 
【 亜 鉛 】
細胞の再生に必要なミネラルで、皮膚を正常に保ちます。不足すると紫外線に対する皮膚の抵抗力が低下するといわれています。牡蠣、ビーフジャーキー、煮干しに多く含まれています。


夏は、日焼け止めとともに、これらの栄養素の摂取も大切ですね。


私は、日焼け止めを塗る習慣が今までなかったので、毎年、夏になると真っ黒に日焼けしています。
サプリメントにかかわり始めてからは、日に焼けた分、これらの栄養素を意識して摂取するようにしています。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/543-a4d28859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。