知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「関節痛対策」のサプリメントってどうなの??

関節に悩みをもつ方は多く、弊社でも多くの問い合わせを頂きます。

関節痛対策で注目される栄養素には、コンドロイチン、グルコサミン、MSM、SAMe、ビタミンB群、ビタミンEなどがあります。

中でも、コンドロイチン、グルコサミンでは多くの研究がなされており、コンドロイチンは変形性関節症において有効性が認められ、医薬品としても使用されています。
また、グルコサミンも変形性関節症の鎮痛などに有効と言われています。

でも、この情報を鵜呑みにはできません。

コンドロイチンやグルコサミンは、確かに有効性の示されたエビデンス(科学的根拠)がありますが、そのエビデンスも注意して見なければならないのです。

具体的には、
「その臨床試験に使用した量が健康食品で摂取できる量なのか?」ということです。

例えば、コンドロイチン硫酸では、変形性関節症において有効との報告がありますが、その試験における摂取量は1日当たり1,000 ~1,200 mgです。また、グルコサミン塩酸塩は1日当たり1,500~2,000 mgといった摂取量で試験が行われています。
このくらいの摂取量をサプリメントとして飲もうとすると、カプセルで1日10粒以上になることも珍しくありません。

単に、「コンドロイチン」「グルコサミン」という名前で選ぶのではなく、配合量をしっかりとチェックする必要があるのです。

しかも、コンドロイチン、グルコサミンを含有しているといっても、製品レベルでは玉石混淆です。

例えば、コンドロイチンでは、コンドロイチン硫酸を20%含むものから85%含んでいるとされる原料まであり、起源物質、加工国、安全性、信頼性、価格もまちまちです。

実際に、2008年8月の国民生活センターの調査では、コンドロイチン硫酸を含むサメ軟骨などの「原材料の量」をあたかも「コンドロイチンの配合量」と思えるような表示し、コンドロイチンを多く配合しているようにイメージさせているメーカーや、パッケージの記載どおりに配合していなかったメーカーを実名で公表しました。 

また、胃の中で溶けなかった商品の存在や、薬事法に抵触する広告表現をしているメーカーが多数存在することも指摘しました。



一方、OTC医薬品には、関節痛対策として「コンドロイチン硫酸ナトリウム」を配合したものがあります。

医薬品は、サプリメントには使用できない物質を使える以外にも、パッケージに「関節痛」「腰痛」「痛みに!」などの表現ができるメリットがあり、これらの表現を薬事法で禁止されているサプリメントに比べ、大きな訴求力があります。

そのため、サプリメントメーカーは、この不利を打開するため薬事法に抵触する表現を使ったり、安価な原料や工賃の安い海外の工場を使ってコストを抑えたりすることもあります。

これらのメーカー側の巧みなカラクリを見抜くことは、一般の消費者には難解であり、心無いメーカーはそこに付け込んで不当に高い金額にしたり、逆に低価格でも、さも効果が期待できるかのような広告をすることもあります。

関節痛対策に、コンドロイチンやグルコサミンを利用したいと考える場合には、粗悪な商品を選んでしまうリスクを避けるために、サプリメントにこだわることはなく「OTC医薬品」を利用することも有効な方法です。

一方、予防の目的で、天然成分からコンドロイチンやグルコサミンを補給したいと考える場合にはサプリメントも良いと思います。
でも、その場合、配合量や原材料、表示や製造メーカーなどをきちんとチェックして、信頼できる商品を選ぶことが大切です。

「有名だから」「聞いたことがあるから」は、商品の良さと比例するものではありません。

(井)
スポンサーサイト

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/572-05faec6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。