知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロバイオティクス

近年、腸内環境が注目され、便秘・下痢対策やアレルギー、アトピー改善にも役立つと注目されています。
腸内環境の改善のためには、「プロバイオティクス」が重要な働きをしています。

そもそも、プロバイオティクス(Probiotics)とは、人体に良い影響を与える微生物、または、それらを含む製品、食品のことをいい、「宿主の腸内細菌のフローラ(叢)のバランスを改善することによって、宿主によい効果をもたらす生きた微生物を含んでいる食品添加物。粘膜表面の 微生物や酵素のバランスを改善したり、免疫機能を刺激することを目的としているもの」と定義されています。

身近なものでは、乳酸菌、 ビフィズス菌などが、ヨーグルトや乳酸菌飲料、整腸薬、サプリメントなどで利用されています。

私たちの腸内には約500~1000種類以上、100兆個もの細菌が棲みついており、この数は、人体を構成する総細胞数(約60兆個)を上回っていると言われています。

※この数字を聞くと、私たちの体は、腸内細菌の「乗り物」ではないか?という考え方も頷ける気がします。

さて、腸内細菌ですが、種類によって
○人体に良い作用をもたらすもの(善玉菌)
○悪い作用をもたらすもの(悪玉菌)
○どちらにもなるもの(日和見菌)
があります。

これらのバランスは、一人一人で異なり、同じ方でも、食生活やストレス、医薬品、生活スタイル、年齢などによっても変化します。

一般的に、私たちが健康な時は、善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌等)が優勢な状態でバランスが保たれています。
善玉菌は、乳酸や酪酸などの短鎖脂肪酸を生成し、腸内のphを酸性にすることで悪玉菌の増殖を抑えていますが、体の不調、食事や環境の変化、ストレス、加齢などの影響で、悪玉菌(ウェルシュ菌、ブドウ球菌、連鎖球菌等)が増えてくると、このバランスは乱れてきます。
 
ちなみに、善玉菌の代表と言えば、「乳酸菌」です。
乳酸菌とは、糖を分解して「乳酸」を生産することによってエネルギーをつくる細菌の総称で、多くの種類があり、ビフィズス菌も乳酸菌の一つです。


乳酸菌は、ヘルシーパスでも注目している素材で、最近では、いくつかの商品設計に顔を出しています!

(井)
スポンサーサイト

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/659-3920f956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。