知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳酸菌の働きと問題点

前回は、プロバイオティクスの話をしました。

今日は、プロバイオティクスの代表格「乳酸菌」について、少し補足です。

乳酸菌やビフィズス菌は、腸内で乳酸、酪酸を生成します。

その「乳酸」や「酪酸」は、腸管を刺激するため、腸管の蠕動運動が活発になり、便通が促進されます。

乳酸菌のコレステロール低下作用は、乳酸菌が腸管内の胆汁酸やコレステロールを吸着することや、糞便中へのコレステロール排泄量を増加させる働きが関与していると考えられています。


現在、乳酸菌は、医薬品や医薬部外品としても、整腸、軟便、便秘、腹部膨満感の改善目的で使用されています。 
ただ、残念なことに、乳酸菌は、熱や酸に弱いことが多く、生きたまま腸まで届きにくいことや、製造や保管の過程で生菌数が減少していくなどの問題があり、性能の維持が難しい ものでもあります。

また、私たちの腸内環境は、一人一人異なっているため、自分の腸と相性のよい菌を探すのは、簡単ではありません。

そのため、乳酸菌やビフィズス菌は、複数の種類を摂った方がより効果的と言われています。

自分にあった乳酸菌を探すために、ヨーグルトやキムチなどの銘柄を変えて、いろいろ試しているものよいかもしれませんね!

(井)
スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/660-61a19ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。