知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり添加物は少ない方がいい!!

国立健康・栄養研究所のサイトに、次の様なショッキングな報告が載っていました。

「妊娠中に摂取したサプリメント製品によるスティーブンス・ジョンソン症候群(皮膚粘膜眼症候群)の症例報告」

詳細は、下記の通り。

■タイトル
妊娠中に摂取したサプリメント製品によるスティーブンス・ジョンソン症候群(皮膚粘膜眼症候群)の症例報告(100924)

■症例
32歳女性(日本)が、妊娠24週より、葉酸を含む市販のサプリメント製品および乳酸菌などを含む整腸作用のあるサプリメント製品を摂取したところ、妊娠25週に発熱、眼球結膜充血、顔面と口唇に痛みと腫脹を伴う紅色皮疹が出現し、葉酸を含むサプリメント製品が原因と思われるスティーブンス・ジョンソン症候群と診断された(2010117955)。

■原因
リンパ球幼若化試験で葉酸を含むサプリメント製品および処方された医薬品(解熱鎮痛薬、総合感冒薬)が陽性であったが、摂取および発症の時期より葉酸を含むサプリメント製品が原因と考えられた。また、葉酸そのものよりも、サプリメントに含まれた基材や添加物に対して反応したと推察された。

参考文献
(2010117955)臨床婦人科産科 2010;64(1):104-7

→ http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail1530.html


今回の原因は、葉酸そのものではなく、サプリメントを固めるために使用した添加物が原因だったようです。

設計を行っている立場からすると、
この報告を受けて、やっぱり、添加物は種類も量も、できるだけ少ない用が良いと、
改めて感じさせられる報告でした。

添加物は、少なければ少ないほど、加工は難しくなります。
また、製造工場には、無理を聞いてもらうことになりそうです…。

(井)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/680-778930b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。