知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性の悩み・・・

「月経前症候群・月経困難症」

女性のほとんどは、一生ある時期に月経のトラブルを経験すると言われています。
症状が出るか出ないかは遺伝的な要因、ストレス、アルコール、カフェインの量、運動量、栄養不足と色々考えられます。

「予防法としては」

・アルコールを控える 
(ある研究によれば飲んでいる人のほうが症状が出やすいそうです。)

・カフェインを避ける 
(カフェインは悪化させることがあります)

・砂糖、塩を控えめにする 
(とりすぎると血糖値が大きく変化し疲れやめまいを引き起こします。また、体の水分がふえむくみます。)

・植物性たんぱく質を多くとる 
(とうふ、豆類などです。こちらはイソフラボンを多く含み、女性ホルモンに似た働きをして症状を緩和してくれます。)

「栄養面では」

・カルシウム
(筋肉の収縮をやわらげるため、頭痛や腹部の痛みなど改善されるようです。食前にりんご酢、レモン汁を少し薄めて飲むと胃の消化能力が高まり、吸収がよくなります。)

・マグネシウム
(他のミネラルや酵素を活性化させ活動エネルギーを作り出します。欠乏すると脳内にある感情を調節する物質が不足します。
そのため、不快感や緊張感や不安などの感情面が改善されます。)

・ビタミンB6
(子宮平滑筋をゆるめて生理痛を防いでくれます。また、いらいらした気分を和らげてくれます。B6だけをとると他の栄養素が不足することがあるので他のB群とバランスよくとることをおすすめします。)

・ビタミンE
(月経症候群を引き起こすと考えられている物質をつくりにくくしてくれるようです。そのため、気分の変動やお腹がパンパンになる症状、落ち込みなどが改善されるようです。)

・鉄
(貧血予防になります。ビタミンCは鉄の吸収を促すので同時にとると効果があがります)

調べてみると、総合的にバランスのとれた栄養が大事だということです。日頃から食事には気をつけ乗り切っていただきたいなと思います。
(ナ☆)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/74-bcb38105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。