知的けんこう生活 ~サプリメントメーカーの日記帳

医師、薬剤師、栄養士など、医療・栄養のプロに評価されるエビデンスサプリメントをお届けする「株式会社ヘルシーパス」のスタッフブログです。 日常の出来事から、サプリメントの話題、健康に役立つ情報まで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月10日(水)☆

今日は何の日か分りますか?
「目の愛護デー」です。
「10 10」を横に倒すと眉と目の形になることから、戦後、厚生省(現在の厚生労働省)が「目の愛護デー」と称しました。
目は、その人の気持ちや心のようすをうつしだす「心のまど」ともいわれます。いつも、瞳をきれいにしていたいですよね。

もちろん、目 の働きは、 物の大きさがわかり、色、明るさ、遠い近いがわかることです。
見える力が落ちると、なかなか元にもどらないので、ふだんから気をつけなくてはいけません。
  
「目に必要な栄養素、ビタミンA」
・ビタミンA・・・目の機能調節と細胞組織の正常な成長です。 目の光を感じる力を高めたり乾燥を防止する働きがあります。

※不足すると暗い所で見えにくくになったりします。また涙が出なくなります。

多く含む食品
(ニンジン、ほうれん草、かぼちゃ、にら、小松菜、春菊、三つ葉、大根の葉といった緑黄色野菜、鶏レバー、うなぎ) などです。

「ストレスからくる目の疲れや視力の低下にビタミンB2」
ビタミンB2・・・網膜と視神経を活発にします。

多く含む食品
(干ししいたけ、切干大根、とうもろこし、大豆、えんどう豆、牛レバー、豚肉、卵黄) などです。

「眼の老化防止に効果的なビタミンC・E」

ビタミンCを多く含む食品

(キウイ、いちご、グレープフルーツ、みかんといった柑橘類、さつまいも、かぼちゃ、キャベツ、ブロコッリー)などです。

ビタミンEを多く含む食品
(ゴマ油、豆類、玄米)などです。

「視力を増進させ、眼の疲労を軽減するビタミンB12」

多く含む食品
牛乳、レバー、チーズ、緑黄色野菜、卵黄、うなぎ、海藻、肉類などです。

「気をつけたいこと」
砂糖などの糖分を代謝するのには、ビタミンB1が消費されます。
ということは、糖分をとりすぎるとB1が不足します。胃腸の働きも弱まり、その結果、神経過敏、疲労、イライラしたり、目には視神経炎が生じやすくなると言われています。
摂り過ぎないように気をつけて、ビタミンB1の多い食品を摂りましょう。

ビタミンB1の多い食品
(豚肉、大豆、大豆製品、貝類、卵、レバー、ハム、小豆、インゲン豆、落花生、焼のり、ごま、玄米、セロリ)などです。

老化はまず目からくると言われます。
日頃から気をつけ、いつまでも大切にしてくださいね。

☆本日、10月10日は当社「株式会社ヘルシーパス」

「第三回サプリメントセミナー講座
          美人になる為の栄養講座」
 時間:午後1時30分~午後3時

の日でもあります。
まだ、お席は空いております。
お時間のある方、興味のある方、ぜひ足を運んでください!

通話無料 : 0120-797-464

ご連絡お待ちしております。
(ナ☆)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://healthypass.blog109.fc2.com/tb.php/92-2b3ba11c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。